(例文あり)エンジニアの志望動機の書き方を教えます!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.01.18

    (例文あり)エンジニアの志望動機の書き方を教えます!

    新卒や未経験でエンジニアになりたい方なろうかどうしようか迷っている方、本記事は必見です!

    エンジニアとは何をする人なのでしょうか?どんな人が向いているのでしょうか?理系学部出身でないとなれないのでしょうか?

    そういった疑問、本記事が解消します。

    本記事を読み終える頃にはエンジニア、特にITエンジニアとは何か、なるためには何を準備するのか、さらに応募用文章例までご紹介します!

    エンジニアの仕事内容

    エンジニア、特にITエンジニアとは何かを一言で表すのはムリがあります。エンジニアの仕事のアウトプットは「システム」なのですが、それを作る人がエンジニアですと聞いても納得できませんよね。よって、こう考えましょう。

    家が建つまで、何をしますか?施工主の希望を聞いて、それをどう叶えるかを家の設計図に落とし込み、施工業者が家を建て、完成後に受け入れをして終わりです。

    システムを作るのも同じようなステップがあります。現場ではよくフェーズ工程といわれます。企画、設計、開発、テスト、導入、それらを終えてシステムが納品されるのです。納品して稼働し始めることをカットオーバーということもあります。

    ここでは、設計からテストまでにクローズアップしましょう。

    設計

    ユーザーの要望をまとめて設計をします。この仕事をするのがシステムエンジニア(略称:SE)です。

    • どういう機能や帳票を作るのか
    • データベースにどんな情報を格納するのか
    • 他システムとの連携はするのか

    だいたいSEの仕事とはこんなところでしょうか。このあたり、まだまだお客様との接点が多いフェーズです。SEにはコミュニケーション力が必要といわれるのはこのためです。アウトプットとして基本設計書が出来上がります。

    次に、SEの中でもより開発寄りの人たちが詳細設計に入ります。

    1つの機能や帳票を作るのにどんなプログラム構成にするか(モジュール分割)、モジュールごとの仕様の詳細などを決めます。そのアウトプットとして詳細設計書が出来上がります。

    上記が終われば、やっと開発です。

    開発

    詳細設計書に基づき、プログラミングをしていきます。プログラマーたちの活躍の場です。

    単純に仕様どおりにプログラムを作れば良いというわけではなく、拡張しやすい(拡張性)読みやすい(可読性)、より少ないコードで仕様を実現できているといったことが求められます。

    テスト

    詳細設計書を満たすプログラムであればこう入力すればこういった動きをするはず!というテスト仕様書に基づきテストをします。誤った動きをするプログラムがあればそれを修正する、といったことまでします。多くはプログラマーがここまで担当します。

    現場によって異なる

    以上は、比較的規模の大きいシステムや現場のやり方です。

    スタートアップ企業や個人経営の会社では、1人がすべてをこなすことも多いのです。また開発スタイルもまちまちで、上記で述べたのはウォーターフォール開発と呼ばれるものです。目に見えるサンプルを先に作ってユーザーの合意を得るプロトタイプ開発や、短いサイクルで設計・開発・テストを繰り返すアジャイル開発など、さまざまです。

    設計書の呼称も、基本設計/詳細設計といったり外部設計/内部設計といったり、さまざまです。

    だいたい下流から上流へステップアップ!

    業界に入ったばかりではテスト工程、つまり下流工程から入ることが多いのです。慣れてくると簡単なプログラミングから始めて徐々に複雑なものへ、それも慣れてくると上流へ。

    ただしそこで会社はどちらの道に進むのか、本人の意向をヒアリングします。上級エンジニアまたはITアーキテクトといった「技術」で尖るのか、よりユーザーや業界に深く入り込み「SE」を極めるのか、です。

    エンジニアに求めらる人材像

    前章を受けて、どのような人材が求められるのかを考えましょう。

    ロジカルな思考

    ユーザーの意向を汲んでそれをいかにシンプルな機能に仕上げて、さらにシンプルなプログラム構成に仕上げるためには、ものごとをロジカル(論理的)に考える力が重要です。理系以外の方でも、それができればどんどんと力量をつけることができるでしょう。

    話が聞き上手

    お客様から短時間でできるだけ、たくさんの情報を引き出す能力が必要です。同じくらい、お客様を不快にさせることなく気分良く話していただけるようコミュニケーション能力も必要です。

    プログラミング力は必須ではない

    プログラミングは見た目は英数字ばかりでとっつきにくいのですが、よほど高度な分野のものでない限り数ヶ月あればなんとかなります。スタート時にプログラミング力があったところで、その数ヶ月が1ヶ月に縮まるといった程度で、数年単位で見ると大したメリットではありません。

    エンジニアの志望動機を書くときのポイント

    求人に応募するとき、志望動機をどう書けばよいでしょうか?前章までを受けてどうあるべきか考えてみましょう。

    目標を明確にする

    なぜエンジニアになりたいのか、エンジニアになったあとは何を目標にするのか、明確に相手に伝えなければいけません。

    なりたい!と思った以上、心の奥底では何らかの動機があるはずです。それは何ですか?ボヤッとしていて自分でも気づかないかもしれません。あるいは他人から「こうではありませんか?」と指摘されて「それ!」となるかもしれません。

    あとのほうで例文を載せています。あなたの思いに近いならば、自分の思いを足して「あなただけの志望動機」として完成させてみてください。

    エピソードを具体的にする

    エンジニアになろう!そう思ったエピソードはありますか?ぜひそれを具体的にしてください。難しくなくてもよいのです。かつて学校でプログラミングをしていて楽しかった、または何かの大会に出た、などです。もちろん賞を獲得したかどうかは問題ではありません。

    実績があるときは伝わりやすく書く

    いままで具体的に何かを作ったことはありますか?例えば友人知人に頼まれて簡単なWebサイトを立ち上げた、ExcelのVBAで作業の手間を減らすことができた、などです。すでに何かの実績がある場合、それを伝わりやすく書くと強力な武器になりますよ。

    応募時の例文

    最後に応募時の例文を紹介します。これらをベースに自分の思いを載せて、この世にたった1つのあなただけの例文を作ってみてください。ただし以下の例文すべて、一般的なことのみ書いています。つまり応募する企業については一切触れていません。実際に使うときは「なぜその会社でないといけないのか」を追記してください。

    ご自身の状況しだいで書き換えが必要な箇所は、<>で囲っています。

    新卒(理系)の場合

    (情報系の学部に所属)

    私は大学では情報工学を専攻しており、プログラミングの基本的なことを学習しました。偶然バイト先の事務の方がExcelで作業されていて、同じ作業ばかりで疲れると言っておられました。そこで私は大学で学んだことを活かして作業をVBAでマクロ化したところ、作業の手間が激減して大変喜ばれました。このとき私は、プログラミングを通じて誰かを幸せにできるのなら、それを一生の仕事にしようと決意し、ITエンジニアの道を選びました。

    (情報系以外の学部に所属)

    私は<所属している学部>に所属しており、ITやプログラミングとは直接関係ありませんが、偶然授業で簡単なプログラムを作る機会がありました。見よう見真似でコピーして作ったのですが、思い通りに動きませんでした。そこでマニュアルを深く読み直し、ロジカルに考えて、誤りを修正したところ正しく動作しました。この経験を通じて、プログラムの持つ論理性や緻密に作りこむ作業に魅力を感じ、ITエンジニアの道を選びました。

    新卒(文系)の場合

    私は大学では<所属している学部>に所属しており、プログラミングやITとは直接関係ありません。しかし昔からモノづくりに携わりたいという思いはありました。ある日、書店で偶然プログラミングの本が目に止まり、そこにはスマホアプリのサンプルプログラムがありました。その本を購入し自宅に帰って早速環境を作り、試行錯誤しながら動かすことができました。その過程で成功と失敗を繰り返しましたが、最終的に動いたときの感動は大きいものでした。私はこの経験を通じ、今後モノづくりの道を進もうと決意し、ITエンジニアの道を選びました。

    転職の場合

    (担当している開発フェーズに不満がある場合の転職)

    現在私は主に仕様書や上位の社員からの指示に従いプログラムを開発しています。仕様にもとづき正確に、かつ可読性や拡張性に配慮しながらのプログラミングはとてもやりがいがある仕事です。しかし今後さらに<お客様に寄り添いたい or 技術を極めたい>気持ちが強くなり、上流フェーズへと進みたいと思いました。ところが現勤務先ではその道に進める可能性は低く、転職を決意しました。

    (もっと幅広い経験を積みたい場合の転職)

    現在私は<担当している分野、システム>にてプログラマとして勤務しています。先輩や過去の担当者達が残していったドキュメントや共通部品、決められた開発プロセスに従い、仕様に忠実にプログラムを量産することを求められています。すでにあるもの、決められたやり方に従って効率的かつ生産性の高い仕事ができるのですばらしい職場だと思います。しかしエンジニアとして仕事を続けていくことを考えてみると、今の状況では若干不安です。より広く、複数のお客様や開発環境、言語を経験したいと思い、転職を決意しました。

    未経験での転職の場合

    現在私は<現職>に従事しております。この仕事は<現職の魅力>が魅力であり、やりがいのある仕事です。しかし昔からモノづくりに関心があり、最近特にその中でもITへの関心が強くなりました。お客様の要望を聞き、それをプログラムで実現してお客様へ納めて喜ばれる、そういった仕事をしてみたいと思いました。現職も魅力のある仕事ですが、ITエンジニアへの転職を決意しました。

    まとめ

    本記事では、ITエンジニアとはどんな仕事か、さらに応募時の例文まで載せました。ITエンジニアへのイメージは付きましたか?

    ITの世界で、あなたをお待ちしています!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE