プログラミングに適したフォントは?おすすめフォント5選!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.05.02

    プログラミングに適したフォントは?おすすめフォント5選!

    テキストエディタなどのツールにこだわりはあっても、意外と気を使わないのがコードのフォントです。今現在デフォルトで設定されているフォントを使用している人も多いと思いますが、見やすくて記述しやすい、自分にとって最適なフォントを探してみるのがおすすめです。

    こちらの記事ではプログラミングで使用するのにおすすめのフォントについて詳しく紹介します。

    どんなフォントがプログラミングにおすすめなのか

    はじめにプログラミングで使用するフォントはどんな特徴を持ったものがおすすめなのか紹介します。

    ①:可読性の高さ

    プログラミングで使用するフォントで最も大切なのは、可読性の高さ、つまり「読みやすさ」です。

    どのフォントが自分には読みやすいのか、それは人によって好みがあるので、まずはいくつかのフォントを試してみることをおすすめします。またフォントを取り入れたら、見やすいのは一部の文字だけではないか確認するために、万遍なくアルファベットや数字を打ってみて見やすさを確認してください。

    必ず確認してほしいのがアルファベットの「o(オー)」と数字の「0(ゼロ)」がしっかりと見分けられるかどうかです。数字の0にはちゃんと斜線が引かれるフォントが分かりやすくおすすめです。

    またアルファベット小文字の「l(エル)」と数字の「1(イチ)」も見分けられるか、新しいフォントを取り入れた時にはチェックしておくことをおすすめします。

    ②:フォントの書体

    自分の目で見て読みやすいかどうか見分けるのが最適なフォントを選ぶ上で一番大切ですが、「書体」に注目することも最適なフォントを探し出す近道です。

    日本語のフォントの場合、大きく分けて「明朝体」と「ゴシック体」というがあります。また欧文フォントの場合、大きく「セリフ体」と「サンセリフ体」に分けられます。

    そして特徴として、日本語フォントである「明朝体」には「ウロコ」と言われる三角形の飾りが文字についています。一方同じ日本語フォントである「ゴシック体」には付いていません。

    また欧文フォントも日本語フォントと同じように「セリフ体」にはウロコのような飾りがあり、「サンセリフ体」には飾りが付いていません。

    自分が飾りのあるフォントの方が見やすいのか、それともない方が見やすいか、意識して確認してみてはいかがでしょうか。

    おすすめプログラミング用フォント5選

    つづいてプログラミングで使用するのにおすすめしたいフォント5つを詳しく紹介します。

    ①:Myrica(ミリカ)

    「Myrica(ミリカ)」は無料で使用することができる、プログラミング用のTrueTypeフォントです。TrueTypeフォントとはフォントフォーマットの種類の一つで、Apple社とMicrosoft社が共同開発したフォントになります。

    Myricaの特徴として挙げられるのが視認性、判読性の質を上げるために他のいくつかのフォントから合成されてつくられている、改良されたフォントである点です。

    MyricaはRictyというフォントからいくつか特徴を引き継いでいますが、引き継いでいない特徴としてASCII(アスキー)/ひらがな/カタカナにヒンティング情報が付加されていることが挙げられます。そしてヒンティング情報が付加されたことによって、低解像度の文字、また小さな文字サイズのものであっても読みやすくなっています。

    Myricaは個々の文字が見やすく、アルファベットだけではなく日本語表示も見やすいです。なのでコードに使用するアルファベットだけではなく、コメントにあたる日本語も見やすいフォントを探している人にMyricはおすすめです。

    ②:Ricty Diminished

    プログラミング用フォントとして見やすさで人気なのが「Ricty(リクティ)」です。そしてそのRicty(リクティ)の日本語ライセンスが優しくなったフォントが「Ricty Diminished」です。

    まずプログラミング用フォントとして人気なRictyの場合、OSの一つであるLinux環境での研究・開発に特化したプログラミング用TrueTypeフォントのため、コードを記述した時に見やすいフォントなのです。

    そしてRicty Diminishedは「Inconsolata」と「Circle M+ 1m」をRicty生成スクリプトで合成したフォントです。

    またRictyは「Inconsolata」と「Migu 1M」の合成フォントですが、ライセンスの都合上再配布ができませんでした。そのためhomebrewを使用して自分でインストールを行う必要があったのです。

    しかしRicty Diminishedの場合日本語文字を「Migu 1M」ではなく「Circle M+ 1m」を使用しているためライセンスの問題をクリアしており、すぐにインストールして使用することが可能です。

    文字に丸みがあって読みやすいのがRicty Diminishedの特徴です。ぜひインストールして実際に見てみてくださいね。

    ③:Fira code

    「Fira code」はオープンソフトウェアプロジェクトである「Mozilla」が開発したフォント「Fila」にリガチャ(複数の文字を合成して一文字にしたもの)を足したプログラミング用フォントです。

    Fira codeの特徴であるリガチャでどのように表記が変わっているのでしょうか。例えば比較演算子の表現である「」の表記が「→」のような表記になっているのも特徴的です。

    また使用しているエディタやターミナルによっては、「Fira code」に対応していないものもあるので、導入する際は事前に対応しているか確認することをおすすめします。

    ④:Code M

    「Code M」はAdobeの「Source Code Pro」と「Migu 1M」を合成したフォントです。

    Source Code Proはプログラミングに適したフォントとしてつくられているため、数字の0とアルファベットのo(オー)などが見分けやすくなっており、可読性はとても高いです。またアルファベット大文字の「I(アイ)」、アルファベット小文字の「l(エル)」、数字の「1(イチ)」もとても判別しやすいです。

    またSource Code Proは無料でWebフォントを利用できる「Google Web Fonts」などからWebフォントとしても利用可能です。なのでSource Code Proの可読性が気になる人は、はじめは気軽にWebフォントから試してみてはいかがでしょうか。

    ⑤:Osaka

    「Osaka」はMacOSには標準で搭載されている中での唯一の等幅フォントです。またパソコンがMacではなくWindowsの人もダウンロードすればOsakaを使用することができます。

    Osakaの特徴として挙げられるのが文字の開きが大きいことで実現している可読性の高さです。現在Macのパソコンを使っている人は一度Osakaを試してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    コードを記述する時にフォントを全く気にしていない人は多いと思います。しかし一度試しにMyricaやRicty Diminishedを導入してみることをおすすめします。導入してみて作業能率が上がるようであれば、そこから自分にあった最適なフォントを探してみてはいかがでしょうか。

    プログラマー、またエンジニアの人は仕事で毎日コードを記述します。ぜひ毎日使用するフォントもこちらの記事を参考にして色々試してみてくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE