受講料が最大70%OFF 受講料が最大70%OFF

Webディレクターの働き方には正社員以外にもフリーランスも多く、これからのキャリアプランとして考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスのWebディレクターとして成功するために知っておくべきポイントについてご紹介していきます。

この記事の結論
  • Webディレクターの仕事はWebサイト制作の指揮
  • フリーランスのWebディレクターは会社員以上に求められるスキルが多岐に渡る
  • フリーランスWebディレクターで成功するには実績をアピール出来るよう準備しておこう
  • フリーランスなら収入アップやスキル向上などメリットもたくさん
  • フリーランスには収入が安定しないことや事務・雑務が増えることには注意

フリーランスWebディレクターの仕事内容

WebサイトはWebデザイナーやプログラマー、ライターなど多くの技術者の手によって作られています。職種も様々なら契約形態も正社員であったり外注であったりとメンバー構成も複雑です。こういった様々な職種、様々な契約形態のメンバーをまとめ上げ、Webサイト作りを指揮していくのがWebディレクターの仕事です。一人ひとりが専門分野も異なれば契約形態も異なるメンバーが個々の采配で業務を行い統一感のあるWebサイトを完成させるのは困難です。Webディレクターはそれぞれのメンバーの作業を指揮し、クライアントの要求通りに、調和のとれた成果物を、約束された期限内に、コストを超過することなく完成できるよう導くのが役割です。

具体的には仕様やフレーム、構成の作成、進捗や品質、コストの管理、クライアントとメンバーとのコミュニケーションの仲介などWebディレクターの仕事は多岐にわたります。基本的には管理業務が主な役割ですが、ざっくり言ってしまうとデザイナーやプログラマーのように専門的に担当する職種のないこまごまとした作業はすべてWebディレクターの仕事になると言ってもいいでしょう。そのため、いわゆる上流工程から下流工程まで、あらゆる工程においてWebディレクターのタスクは広く分散されており、なかなか大変な役割だということができるでしょう。

フリーランスのWebディレクターを目指すならこちら

フリーランスWebディレクターに必要な能力・スキル

上でも述べたように、Webディレクターの仕事は非常に幅広く、それだけに様々な能力やスキルが要求されます。特にフリーのWebディレクターには会社員以上に求められるスキルが多くなります。そこでここでは特にフリーランスのWebディレクターに必要な能力・スキルをご説明します。

コミュニケーション能力

まず第一にWebディレクターに求められるのは高いコミュニケーション能力です。クライアントとメンバーの間に入り、要求仕様をメンバーに伝えたりメンバーからの質問をクライアントに伝えたりといった役割のほか、職種や契約形態の異なるメンバー同士の間に入りチーム間の仲を取り持つ役目も務める必要があります。特に職種が異なると互いが互いの意見を主張し合って衝突が起こることも間々あります。そのようなときに潤滑油的な役割を果たし、チーム全体が気持ちよく作業を進められる環境を作るには高いコミュニケーション能力が必要になります。

Web製作に関する広い知識

Webディレクターは自分自身でプログラミングをしたりデザインを考えたりすることはありません。そのため、Web製作のスキルは不要だと考えている人もいるでしょう。しかしWebディレクターはプログラマーやデザイナーなど様々な専門分野のスタッフに対し、品質やスケジュールの管理をしたり作業指示を出したりします。Web製作に関わる知識がなければ意味のある管理や正確な指示を出すことはできません。また、製作スタッフを集めるのもWebディレクターの仕事の一つですが、どのような作業にどのような能力を持った人材が必要なのかは自分自身にWeb製作のスキルがなくては判断ができないでしょう。フリーのWebディレクターはただでさえディレクターとしての能力の高さがシビアに評価されます。そのため自身もWeb製作ができる程度のスキルは不可欠といっていいでしょう。

リサーチ能力

Web業界の流行りや技術は目まぐるしく変化しています。1か月前に大流行していた技術が、今ではもうひと昔の流行なんてことは珍しくありません。こういった新技術やトレンドをいち早くキャッチし、誰よりも先に自分のものにできるぐらいのリサーチ能力がWebディレクターには求められます。特にフリーのWebディレクターは製作を担当したWebサイト以上に自分自身の売り込みも必要です。トレンドに疎いディレクターなんて求める会社はないでしょう。フリーランスとして活躍することを目指すのであればだれよりもトレンドに詳しくなることを目指す必要があります。

「フリーランスWebディレクターになれるスキルがあるか不安だ」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

フリーランスWebディレクターとして成功するためのポイント

フリーランスのWebディレクターとして成功するためになにより大切なのが、どれだけ良い仕事に出会うことができるかです。ここではそのためのポイントをご紹介しましょう。

マネージャーやリーダーとしての実績をアピールする

フリーランスのWebディレクターとして仕事を得るために何よりも大切なのが実績です。いくら高いスキルや能力をアピールされても、それらを活用した実績のない人に仕事を依頼しようと思う人は少ないのではないでしょうか?クライアントの信頼を得て仕事を依頼されるようになるには、調整や管理といったマネジメント業務に関わった実績をアピールすることが効果的です。メンバー数や製作費、開発期間といった案件の規模、その中での自分の役割、役割遂行において工夫した点やその効果などより具体的に実績を伝えるとより効果的でしょう。

人脈を大切にする

全くのゼロの状態からクライアントを獲得するのは困難です。会社員として勤めていた経験があるのであればその時の顧客や知り合い、同業者からの紹介やネット上のコミュニティでの知り合いなど、職種や年齢関係なくそれまでに出会った人々がクライアントになってくれることもありますし、思わぬクライアントを紹介してもらえることもあるでしょう。フリーランスのWebディレクターにとって人脈は宝と言ってもいいでしょう。些細な出会いでも大切にすることがフリーランスとしての成功の秘訣ともいえます。

フリーランスのWebディレクターを目指すならこちら

フリーランスWebディレクターのメリット

フリーランスとして働くメリットとはなんでしょうか?

収入が増える

フリーランスになれば自分の給与は自分で決めることができます。もちろん、提示した金額で契約してくれるクライアントがいることが前提ですが、順調に仕事を続けていけば会社員のWebディレクターに比べて収入は高くなります。

スキルを高めることができる

様々な現場で様々なメンバーと様々なWebサイト制作に関わることは、一つの会社で同じようなメンバーと開発をすることの多い会社員と比べて大幅なスキルアップを望むことができます。

仕事の自由度が高い

仕事の契約中は納期やほかのメンバーの管理、調整といった業務のために会社員のWebディレクターと同じような勤務形態で働くことを求められることもあります。ただし検収してしまえば次の仕事までの時間は自由に使うことができます。すぐに次の仕事を探してもいいし、ちょっと長期の休暇を取るのもいいし、自分の体調や収入状況、気分に合わせて働き方を決めることができます。

「フリーランスWebディレクターになるメリットをもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

フリーランスWebディレクターのデメリット・注意点

フリーランスは自由度が高い反面、それが大きなリスクともなりかねない働き方です。

収入が安定しない

固定のクライアントを獲得してコンスタントに仕事が受注できる状況になればいいですが、そうでない間は思うように仕事が入らないこともあるでしょう。クライアントを一つに絞ると、そのクラインとからの仕事がなくなってしまうと収入がゼロになってしまいます。だからといってたくさんのクライアントを抱えすぎると一度に複数の案件をかけ持つ激務状態になりかねません。

事務・雑務が増える

確定申告や備品の購入、請求書管理など会社員であれば経理や総務の方がやってくれていたような業務もフリーランスになればすべて自分でこなさなくてはなりません。想像以上の負担となることもあるでしょう。

フリーランスのWebディレクターを目指すならこちら

フリーランスWebディレクターの求人の探し方

フリーランス専門のエージェントサービスを利用する

通常の求人サイトや転職エージェントでもフリーランスのWebディレクターの求人を探すことができますが、求人の種類や件数はそれほど多くはありません。フリーランスのエージェントサービスなら案件数も豊富で情報の更新頻度も高く、また専門のエージェントのサポートも得ることができるため条件に合致した案件を見つけることができる上に契約や債券管理の代行サービスも受けることができます。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングはエージェントサービスに比べると小規模で短期の案件が多いのが特徴ですが、新しい長期の契約を得るまでのつなぎの案件を探すのには便利です。

かつてのクライアントや紹介の人脈を活用する

それまで会社員として働いていたのであれば、その時のクライアントから仕事を紹介してもらうのが一番の近道でしょう。かつての仕事ぶりや能力、人格などを知っているクライアントであれば比較的仕事も依頼しやすいでしょうし、またそのクライアントから別のクライアントを紹介してもらえる可能性もあります。

「フリーランスWebディレクターの求人情報をもっと知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

まとめ: フリーランスで自由に働こう!

フリーランスのWebディレクターとして成功するのはそう簡単ではありませんが、一度軌道に乗せることができれば勤務時間や収入、スキルアップなどの面で会社員にはない多くのメリットを得ることのできる働き方でもあります。

特にフリーランスの自由な働き方は魅力ですよね。あなたもフリーランスのWebディレクターを目指してみませんか?

フリーランスのWebディレクターを目指すならこちら

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。