バナー画像

brタグ(改行)の意味

brタグとは、改行する際に使われるタグのことです。

break(改行)という意味になります。

brタグの使い方・書き方

brタグの使い方・書き方は次の通りです。

<br>

使い方も非常にシンプルで、改行したい箇所に<br>を挿入すればOK。

サンプルで改行のされ方を確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <div>
    brタグで改行されるか確認してみます。<br>エンジニアのためのお役立ちコンテンツを厳選してお送りしてます。<br>エンジニアキャリアのプロによるノウハウや状況分析も盛りだくさん!<br>働くエンジニアマガジン「ポテパンスタイル」
  </div>
</body>
</html>

■表示結果

brタグの使い方・書き方

brタグを使う際の注意点

改行する際に便利なbrタグですが、使う際には次の2つの注意点があります。

  1. デバイスによって表示がずれる
  2. レイアウトでの使用は控える

ひとつずつ説明しますね。

1.デバイスによって表示がずれる

brタグは任意の場所で改行できるので非常に便利です。

しかし、ページを見るデバイスによっては、改行される位置がおかしな場所になる可能性もあります。

デバイスによる表示のされ方を確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <div style="margin: 20px;">
    HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、<br>ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、<br>ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために<br>用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、<br>フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。<br>2019年6月以降[1]、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様は<br>まだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。
  </div>
</body>
</html>

■表示結果(PC)

1.デバイスによって表示がずれる

■表示結果(SP)

1.デバイスによって表示がずれる

スマホ表示で確認してみると、不自然な位置で改行されていますよね?

このように、デバイスによっては改行する位置がおかしくなるので注意が必要です。

2.レイアウトでの使用は控える

たまにbrタグで余白を作るなど、レイアウト目的でbrタグを使用している方もいます。

しかし、brタグはあくまで改行をするためのタグなのでレイアウト目的での使用は控えるべきです。

余白を作りたい場合は「margin」や「padding」を使いましょう。

場合によっては、marginやpaddingなどのタグ・プロパティが使えないこともあるので「絶対に使わない」とは言えませんが…。

よく見る<br>と<br />の違い

<br>と<br />を見ますが、何が違うのでしょうか?

スラッシュありなしの違いは、「HTML」か「XHTML」かの違いになります。

HTMLに対してXHTML(XMLのルールで書かれたHTML)の違いに、次の3つがあげられます。

つまり、XHTMLでは「<br />」と書く必要があるのです。

HTML5では、「<br>」「<br />」のどちらを使っても問題ありません。

どちらを使っても良いですが、基本的にはスラッシュなしの「<br>」が使われます。

brタグを無効化する方法

brタグを設定したものの改行を無効化したい場合は、CSSで設定可能です。

brタグを無効化したい場合は、以下のように記述します。

br {
  display: none;
}

サンプルで確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
  <style>
    br {
      display: none;
    }
  </style>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <div style="margin: 20px;">
    HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、<br>ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、<br>ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために<br>用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、<br>フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。<br>2019年6月以降[1]、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様は<br>まだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。
  </div>
</body>
</html>

■表示結果(PC)

brタグを無効化する方法

■表示結果(SP)

brタグを無効化する方法

改行が無効化されているのがわかります。

brタグとpタグの違いは?

brタグとpタグの違いがよくわかりません…。

brタグは「改行」、pタグは「段落分け」する際に使います。サンプルで確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <div style="margin: 20px;">
    HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、<br>ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、<br>ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために<br>用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、<br>フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。<br>2019年6月以降[1]、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様は<br>まだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。
  </div>
  <div style="margin: 20px;">
    <p>HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、</p><p>ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、</p><p>ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために</p><p>用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、</p><p>フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。</p><p>2019年6月以降[1]、WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている(ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様は</p><p>まだ存在しない)。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
  </div>
</body>
</html>

■表示結果

brタグとpタグの違いは?

pタグは一行分の行間が空いているのがわかります。

brタグで改行されない場合の対処法は?

brタグを使っているのに改行されません。どうすれば改行されるでしょうか?

brタグで改行されない理由はコードの書き方によります。共通の対処法はないので、自分が書いたコードをもう一度確認してみるのがよいでしょう。

例えば、brタグを使用している要素の「親要素」のタグやプロパティが、改行に影響している可能性もあります。

改行されない場合は、ぜひ一度外からの指定の影響を受けていないか確認してみてください。

brタグで回り込みをclearする方法は?

brタグで回り込みをclearするには、styleタグ・属性に「clear」を使います。

書き方は次の通りです。

<br style="clear: 値;">

br {
  clear: 値;
}

指定できる値は次の通りです。

サンプルコードで確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
  <style>
    .box {
      width: 100px;
      height: 100px;
      background-color: #0000cd;
      float: left;
    }
  </style>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <p>
  <div class="box"></div>
  brタグで改行します。
  <br>
  回り込んだまま改行されました。
  <br style="clear: left;">
  clear属性を指定すると、回り込みを解除して改行されます!
  </p>
</body>
</html>

■表示結果

brタグで回り込みをclearする方法は?

brタグを使わないで改行する方法は?

brタグを使わないで改行する方法はありますか?

ここでは、「preタグ」「white-spaceプロパティ」で改行する方法を紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.preタグを使って改行する

preタグは、半角スペースや改行をそのままブラウザ上に表示する時に使用するタグです

preタグの使い方や注意点は、次の記事の「方法2:preタグを使用する」で解説していますので参考にしてみてください。

【関連記事】

▶︎HTMLで「nbsp」やCSSでスペースを入れる3つの方法!

■表示サンプル

2.white-spaceプロパティを使って改行する

white-spaceプロパティは、要素内の「ホワイトスペース」をどのように扱うかを指定できるプロパティです。

指定できる値は次の5通りあり、それぞれ特徴が異なります。

改行 スペース
normal あり なし
nowrap なし なし
pre あり あり
pre-line あり なし
pre-wrap あり あり

サンプルで表示のされ方も確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <title>HTMLのbrタグを学ぼう</title>
  <style>
    p {
      margin-bottom: 50px;
    }
    .normal {
      white-space: normal;
    }
    .nowrap {
      white-space: nowrap;
    }
    .pre {
      white-space: pre;
    }
    .pre-line {
      white-space: pre-line;
    }
    .pre-wrap {
      white-space: pre-wrap;
    }
  </style>
</head>
<body style="background-color: #fffacd;">
  <p class="normal">HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、    ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。
    World Wide Web (WWW)において、    ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。    「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
    ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、    フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
    2019年6月以降[1]、    WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている    (ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。    W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
  <p class="nowrap">HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、    ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。
    World Wide Web (WWW)において、    ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。    「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
    ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、    フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
    2019年6月以降[1]、    WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている    (ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。    W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
  <p class="pre">HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、    ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。
    World Wide Web (WWW)において、    ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。    「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
    ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、    フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
    2019年6月以降[1]、    WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている    (ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。    W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
  <p class="pre-line">HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、    ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。
    World Wide Web (WWW)において、    ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。    「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
    ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、    フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
    2019年6月以降[1]、    WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている    (ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。    W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
  <p class="pre-wrap">HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、    ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。
    World Wide Web (WWW)において、    ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。    「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。
    ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、    フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。
    2019年6月以降[1]、    WHATWG により仕様が作られ、それがW3C勧告となる流れになっている    (ただし、この体制になってからW3C勧告に至った仕様はまだ存在しない)。    W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。</p>
</body>
</html>

表示結果は、ブラウザの幅を変えたりするとわかりやすいです。

ぜひそれぞれの違いを確認してみてください。

まとめ

HTMLのbrタグについて解説しました。

brタグは、任意の位置で改行できる便利なタグですが、ブラウザによっては表示がずれる可能性もあります。

使う際にはPCやスマホでの表示がおかしくならないか、確認しながら使いましょう。

brタグ以外にも改行できる方法はあります。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。