Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

フリーランスのビジネスとしてIT系の仕事は非常に多く、また単価も比較的高いものが多いですが、その分競争も激しいので自分の実力に見合った案件を探す必要があります。

本記事では、フリーランスとしてIT系の仕事を獲得するための方法について紹介していきます。

この記事の結論
  • 求人探しはエージェント・クラウドソーシング・知人からの紹介が定番
  • フリーランスは中間マージンを省けるので報酬が上がる傾向
  • ITフリーランスはクライアント探しが最初の仕事
  • ITフリーランスの平均年収は600~720万円
  • 未経験から始めるならエージェントを活用する方法が効率的

ITフリーランスの求人・案件の探し方

エージェントを使う

IT系の仕事を専門に紹介してくれるエージェントサイトを利用すると、経験が浅くても実力に見合った仕事を提示してくれるので、ある程度の知識と実績があれば積極的に利用していきたいところです。また、派遣等と違い中間マージンも大幅に低いので、同じ仕事内容でも高単価の仕事につくことができます。

クラウドソーシングサイトを使う

クラウドソーシングサービスでもIT系の仕事は数多く公開されています。簡単な短期の開発から長期継続案件まで様々な仕事があり、自分に出来そうな仕事を選んで応募することが出来るのが魅力です。
ただし、実力や実績が乏しいと応募の段階で負けてしまうので、それなりの経験を積んでからでなければ難しいケースが多いです。

知人からの紹介

IT系の仕事は個人的に依頼したい人も多くいるので、知り合いなどの伝手をつかって仕事をもらう事もできます。この場合、自分がIT系の仕事を探しているなど周囲に対してアピールをしていくことも必要になるでしょう。うまく話が伝われば、ふとしたことで仕事の依頼が舞い込んでくることもあります。

ITフリーランスの求人・案件の探し方
  • エージェントを利用する
  • クラウドソーシングサイトを使う
  • 知人からの紹介

フリーランスとは独立して仕事を請け負う人のこと

フリーランスという言葉を聞きはしますが、そもそもどういう働き方のことですか?

フリーランスとは、特定の会社に所属せずに独立して仕事を請け負う人のことを言います。さらに詳しく以下で見ていきましょう。

屋号を取得している人もいますが、必ずしも法人として活動する必要はないので、誰でも実力があれば活躍することが可能です。
中間マージンが存在しないので、クライアントからの報酬を丸ごと受けとれるのが一番の魅力でしょう。特にIT業界では単価に対するマージンが高額なので、それを排除するだけでもかなりの収入アップにつながります。

ITフリーランスになるなら安定して仕事を供給してくれるクライアントを探そう

まずは安定して仕事を供給してくれるクライアントを探す必要があります。エージェントなどを介することが出来れば比較的楽に見つけられるでしょう。加えてフリーランスとして活動していくには、ある程度の実績と経験がある事が前提になります。仕事をしながら技術を高めていくにしても、ITに関する基礎的な知識と技能は必須です。

単価の高いITフリーランスを目指すならこちら

未経験からでもなれるが、エージェントを利用したほうが良い

未経験でもITフリーランスになることはできますか?

実務経験に関してはあった方がいいのですが、なくてもITフリーランスになるには問題ありません。しかし注意するべき点がありますので、それを紹介していきます。

自分で営業して仕事をする上では実績を作るまでに時間がかかるので、経験がない場合はフリーランスエージェントを利用することをお勧めします。エージェントを利用しない場合は、自分の実績を作れる分の仕事を提供してくれる伝手を探さなければならないでしょう。

また、初期費用として必要なのが仕事用のパソコンとインターネット回線、コミュニケーション用のマイクやイヤホンが必要になります。これらのものは、一般的な家庭でも揃っている場合が多くなっているので、最も高価なパソコンを持ってるかどうかで初期費用はかなり変わってくるでしょう。

案件が多い・需要が高い言語は?

動的プログラミング言語

・Javascript
クライアントサイドでの開発に良く用いられる言語で、様々なブラウザとの相性が良いことで知られています。またサーバーサイドでも使用されることもあり、幅広く利用価値が高い言語です。ただし、型がないためにメンテナンスが難しく、扱いづらい側面も持っています。

・Ruby
Ruby単体よりも、フレームワークのRuby On Railsのフレームワークとともに利用されるケースが目立ちます。開発現場でも良く利用される言語ですが、多少慣れるまで時間がかかるかもしれません。使いこなせれば現場でも十分に活躍できる機会があるでしょう。

・PHP
Webサイトを構築する際に利用される言語で、データベースとの連携も容易なためサーバーサイドの言語としては最もポピュラーなものです。PHPをマスターできれば、WEBサイト構築関連の仕事のほとんどを請け負うことが出来るでしょう。

静的プログラミング言語

・Java
汎用性に優れた言語で、バックエンド開発からゲームアプリまでと幅広く利用されています。フレームワークを利用しての開発にも多く用いられている言語です。

・C言語
プログラミング入門言語として最もポピュラーなものですが、初心者が習得するためにはいくつか複雑な概念があります。
プログラミング全般を理解するための共通概念が含まれているので、できることなら習得しておきたいところです。

・Swift
C言語をベースに作られているので、オブジェクトCとも呼ばれています。プログラミング初心者にも比較的扱いやすい言語になっており、エラーも起こしにくい仕様です。

・SQL
データベースコミュニケーション用に開発された言語で、単体ではあまり多くの案件はありませんが、Webアプリケーション開発において他の言語と組み合わせて使う場面が頻繁にあるので、セットで身に付けておきたい言語です。

ITフリーランスの年収は平均で600万円~720万円

ITフリーランスの年収は実に様々です。安定した仕事の供給を受けていればかなり高額になりますが、一方で仕事が取れなかった場合はその分減収になってしまいます。平均的には600~720万円といわれていますが、ITの会社員の場合はその3分の2が平均給与の相場のようです。これだけ見るとフリーランスの方がいいように思えますが、安定した仕事を取れるようになれるかがカギになります。

「自分がITフリーランスになった際の年収目安を知りたい」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

年収を上げるためのポイント

継続案件を受注して営業コストをカット

ITフリーランスとして年収を上げるには、より良い単価の仕事を継続的に受注していくのがポイントです。そのためにはITの知識や技術力を高めていくことに加えて、マネージメント能力を高めていくことも必要になります。そうすることで、継続的に案件を受注していくことはもちろんの事、仕事のスケジューリングやタスク管理等もうまく回せるようになるでしょう。

ストックビジネスを持っておく

現在進行中の仕事に加えて、次の仕事に備えた営業活動もしていくことが重要です。タスク管理などの能力が高ければ、どのくらいで仕事が終わるか、次の仕事を受けて納期までに間に合うようにこなせるかを計画的に行うことが出来ます。
スケジュールの都合で受けられない仕事の判断を的確にしていくなど、最適なストックビジネスを常に持っていくと、仕事が途切れずに済むでしょう。

年収を上げるためのポイント
  • 継続案件を受注する
  • ストックビジネスを持っておく

単価の高いITフリーランスを目指すならこちら

40代・50代でもITフリーランスになるのは厳しい

一般的にはIT業界の定年は35歳前後とまでと言われています。これは、プログラマとして働ける限界年齢とも言われ、これ以上の年齢の人材はシステムエンジニアなどの上位管理職に進むことが多いです。さらにフリーランスでも40・50代の人もいますが、経験を重ねてきた人たちが殆どで、この年齢からでは経験豊富な人が転身する分にはフリーランスになれるでしょう。
ただし、多くの場合では30代よりも収入が減収傾向にあるといいます。

「自分の年齢からITフリーランスとして活動出来るのか不安だ」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

プログラマーの年齢の壁

プログラマーは他の職業に比べて、年齢の壁が大きい職業です。

ITフリーランスのメリット

働く時間・場所が自由

フリーランスの一番のメリットは、時間の融通が利くということにあります。また、働く場所も在宅でできることが多いので、通勤時間が無くなるのも魅力です。客先に常駐したり、打ち合わせて数回訪問が必要な案件もありますが、基本的に働く場所を選ばずに仕事ができる案件が殆どになります。

年収が上がる可能性も

ITフリーランスの年収は、IT企業の会社員よりも年収が上がる傾向があります。これは中間マージンが殆どなくなるためで、同じ仕事、同じ単価でも入ってくるお金が多くなるのが要因です。

人脈が広がる

フリーランスでの活動で重要なのが、仕事を獲得するために適切な営業をしていくことです。エージェントを利用する場合はあまり必要ないかもしれませんが、自ら営業していかなければ当然仕事を受注することが出来ません。しかし、この営業を続ける上で自然と人脈が広がっていきます。すべての出会いがいいものとは限りませんが、仕事を続けていく上で有益な関係を築ける繋がりを作ることが出来るでしょう。

ITフリーランスのメリット
  • 働く時間・場所が自由
  • 年収が上がる可能性がある
  • 人脈が広がる

単価の高いITフリーランスを目指すならこちら

ITフリーランスのデメリット

収入が不安定

当然ですが、仕事を継続的に受注していかなくては収入につながっていきません。いくらマージンが殆どないとはいえ、仕事そのものがなければ稼ぎにならないです。継続して仕事をすることと、タスク・スケジュール管理能力が高くないと、なかなか仕事を効率良くこなしていけないでしょう。

結局休みなく働いてしまう

フリーランスの魅力は、会社員と違ってやった分だけ収入が上がる点にあります。これが大きなモチベーションアップにつながることもあって、休みなく働いてしまうというケースも少なくありません。休みや休憩などの時間が自由にとれるといっても、収入を上げたい一心で働きすぎてしまう傾向に注意したいところです。

営業や税務などの仕事もしなければいけない

会社員であれば会社に所属する事務員が諸雑務や手続きをしてくれますが、フリーランスになるとこれらの手続き関連も一人でやらなくてはなりません。また、納税手続きなどの申告もしなければならず、書類の作成も必要になります。

ITフリーランスのデメリット
  • 収入が不安定
  • 結局休みなく働いてしまう
  • 営業や税務などの仕事もしなければいけない

ITフリーランスの今後の需要・将来性は?

ITフリーランスは、今後の需要が多くなっていくと言われています。そのため将来の展望としてはしばらく売り手市場であることに間違いないでしょう。年齢的に若ければ、未経験から参入してもやっていける可能性もあります。結局は実力次第になりますが、営業能力や仕事を手配するマネージメント能力を磨いて、効率よくこなしていくことが出来れば十分な収入を得ることが出来るでしょう。

「ITフリーランスの将来性が心配だ」といった方は、「ポテパンキャンプ」の無料カウンセリングも試してみてください。

まとめ

ITフリーランスになると会社員の時よりも報酬が高くなることは少なくありません。

報酬を上げるポイントをしっかりと抑え、メリット・デメリットを把握した上でITフリーランスになることを検討してみてください。

単価の高いITフリーランスを目指すならこちら

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。