バナー画像

ITパスポートが持っていると、求人に応募した際に、持っていない人より優遇されるのをご存知でしょうか。もちろん仕事にもよりますし、年齢などの条件によっても変わりますが、持っていることでライバルに差を付ける資格の一つです。

ITパスポートは、ITを活用した仕事をされる全ての社会人に知っておきたいITの知識を認定する資格です。そして、ITは多くの仕事で活用されています。例えば、最近は人手不足と言われていますが、事務はITによる自動化が進んだせいで、求人はそれほど多くはありません。そのような状況では、多くの求職者が持ってるITパスポートを、自分が持っていなければデメリットです。

また、最近の営業は、ITの知識が無ければお得意先で恥をかくこともあります。営業の求人に応募するなら、ITパスポートの資格を取得して、積極的にITを仕事に活用していきましょう。

このように、情報化社会で仕事を始める全ての人に持っていてほしい、ITパスポートを活かした求人の探し方についてご紹介します。

ITパスポートとは

ITパスポートは、独立行政法人情報処理推進機構、IT人材育成センター国家資格・試験部が行っている情報処理技術者試験の一つです。多くの高校や大学で取得を推奨しており、通信教育でも人気の資格なので、一度は聞いたことがある資格ではないでしょうか。

そして、ITパスポートの公式サイトでは、この試験を「ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。」と表現しています。社会人へのパスポートとも言えるでしょう。

ただし、情報処理技術者試験の中では最もレベルの低い資格であり、ITの専門家が受ける試験ではなく、これからITを学ぶ学生や、ITを利用して仕事をする社会人を対象とした資格試験です。

とはいえ、ITパスポートは、パソコンなどのIT機器を使って仕事ができることを証明してくれます。そのため、求人によっては、この資格を持っている方を優遇してくれます。ぜひ、ITパスポートを取得して、他の人より有利な条件で求人に応募しましょう。

なぜ「パスポート」なのか

資格の名称が「ITパスポート」となっている理由は、新たに社会人になる方や、今社会で働いている方に、IT化が進んだ現代社会で必要とされるスキルを持つことを証明する「パスポート」として活用して欲しい、という思いが込められています。

今の時代、あらゆるビジネスでコンピューターが活用されておりは、ITなしでは仕事が成り立ちません。ITを活用する知識を持つことは、現代人の基本知識とも言えます。そのような基本知識は、どの仕事の求人に応募したとしても、役に立ちます。

ぜひ、ITパスポートの資格を取得して、新しい仕事の求人に応募した際のパスポートとして活用しましょう。

高校生が多数受験する資格

ITパスポートは、現代社会で必要とされるITスキルを認定する資格ということで、多くの高校生も受験しています。中には生徒全員に受験を推奨している高校もあり、進学や就職してからも資格を取るために学んだITの知識が役に立っていると好評です。

また、多くの大学ではITパスポートの資格を持っている生徒の入学を優遇しており、中には受験対策の講座を開いていたり、資格取得を単位として認めてくれる大学もあります。これは、ITパスポートとは、社会人になった際に必要なスキルを認定する資格だと、大学側が認めている証です。

ハローワークの講習でも学べる資格

高校や大学でITパスポートについて学ぶ機会が無かったとしても、あきらめる必要はありません。ITパスポートは、働くうえで最低限必要なスキルの一つです。希望すれば、ハローワークのパソコン講座などで試験に出る内容を学べます。

さらに、ITパスポートは通信教育でも人気の講座の一つです。IT系の資格でありながら難易度が低く、誰でも受講できるうえ、試験は毎月実施されているので、自分の都合に合わせて受験できます。

ITパスポートに合格して、新たな気持ちで自分のスキルを活かせる求人を探してみてはいかがでしょうか。

ITパスポートが活きる職種とは

先ほどご紹介したように、ITパスポートは新たに社会に出る学生ばかりでなく、あらゆる社会人にとって役に立つ資格です。そして、この資格を持っていると特に有利とされる職種が幾つかあります。

そういった職種の求人に応募する際、ITパスポートを持っていると、持っていないライバルと差別化できます。逆に言えば、持っていないと求人に応募するなら、ITパスポートが必須とも言える職種です。次から、そのようなITパスポートを持っていると有利とされる職種を紹介します。

事務職

ITパスポートを持っていると優遇される求人として、よく知られているは事務職です。最近は、多くの職種で人手不足が問題になっていますが、事務職は逆に少ない求人に多くの方が応募している職種です。そのため、事務職の求人によっては、ITパスポートなどのIT系の資格を持っている方が優遇されます。中には、求人票に資格保有者優遇と書かれているケースもあるので、そういった求人が狙い目です。

サポートスタッフ

残念ながらITパスポートは、ITエンジニアの資格としてはレベルが低すぎて評価されません。もし、エンジニアを目指すのなら、もっとレベルの高い資格を目指すか、IT専門の教育機関を卒業する必要があります。

しかし、テクニカルサポートのオペレータなど、ITエンジニアほどのITスキルは必要としないものの、基本的なITの知識がないと勤まらない職業がたくさんあります。

そして、そういった職種の求人に応募する場合、ITパスポート資格を持っている方が有利です。もし、自分はエンジニアには向いていないものの、ITに関わっていきたいと考えている方は、資格を取得してこういった職種を狙ってみてはいかがでしょうか。

IT企業の営業職

IT企業の求人がエンジニアだけ、ということはありません。営業職や総務や経理といった事務職の求人も出ています。そして、営業職の求人を受けるなら、最低限のITの知識くらいは持っておきたいものです。

そんな営業希望者におすすめなのが、ITパスポートです。もちろん、入社すればITに関する知識を学びますが、その背景となる知識を知っているのと知らないとでは、営業の現場で大きな差となることでしょう。

また、ITパスポートは、文系でもしっかり準備すれば十分合格できるレベルなので、ぜひ、挑戦してみてください。

ITエンジニアはアピール次第

ITパスポートは、情報処理技術者試験の中で最もレベルが低いことから、残念ながらITエンジニアの資格とはみなされません。そのため、履歴書に書いたとしても、注目されることはないでしょう。しかし、未経験からプログラマーやWebエンジニアを目指す方は、アピールの仕方によっては、この資格が役に立ちます。

具体的には、ITエンジニアといえど、新人の時に身に付けたスキルがずっと使える訳ではありません。キャリアに応じて新しいスキルを身に付けたり、時代に合わせて新しいスキルを習得していくのが普通です。そのため、ITエンジニアには常に新しいことを学習していけるかが求められます。そして、求人票には書かれていませんが、企業はそういった学び続けられるエンジニアを求めています。

そのため、ITパスポートの資格を取るために工夫したことや、どう自分に役にたったかなどを、面接でアピールすれば、きっと採用担当者も関心も持ってくれます。このように、ITパスポートをうまく使えば、未経験からITエンジニアに挑戦する際に、自分のアピールにも使えます。

ITパスポートが活かせる求人の探し方

事務職や営業職など、広く希望者を募集する職種の求人に応募するなら、まずは、大手の求人サイトを検索するのではないでしょうか。このような大手の求人サイトでは、いろいろなキーワードで検索できます。

そして、ぜひ「ITパスポート」で検索してみてください。この資格を持っている人を優遇する求人が幾つもヒットするので、その中から選ぶことの可能です。

また、IT業界の採用担当者なら、ITパスポートがどのような資格かよく知っています。もし、IT業界の事務職や営業職、さらにエンジニアでも未経験でもOK、という求人を見つけたら、ITパスポートが活かせるかもしれません。

なお、ITパスポートは、社会人が常識として知ってほしいITに関する知識を持っていることを認定する資格です。この資格を持っていることは、持っていない人に対して優位に立てるものの、この資格が採用の決め手になることはありません。面接では、採用担当者が興味を持ってくれるような自己PRを工夫してみましょう。

まずは資格を取得してみよう!

ITパスポートに限らず、情報処理技術者の資格は、これを持っていないと仕事ができない、といった国家資格ではありません。そのため、資格を取得しても、評価してもらえないこともあります。特にレベルの最も低いITパスポートは、評価されない場合もあります。

しかし、ITエンジニアでなくとも、基本的なITの知識が必要とされる職種はたくさんあります。そして、そういった職種の求人に応募するなら、ITパスポートを持っていることで、ライバルに対して有利な立場に立てます。

求人に応募する前に、まずは資格を取得してみましょう。資格を取得するために勉強した知識が、就職してからきっと役に立ちます。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。