フリーランスが思うつらい瞬間とは?みんなが思うつらいこと4選とその対策を解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.11.29

    フリーランスが思うつらい瞬間とは?みんなが思うつらいこと4選とその対策を解説!

    フリーランスをやっていくうえで、つらい体験をされた方もおられます。しかし、そんなつらいことをは、工夫次第で回避できます。そのため、つらい体験をせずに、フリーランスのエンジニアとして活躍されている方もたくさんいます。

    最近、ITエンジニアの働き方として、フリーランスが注目されています。会社員として勤めていた時よりも給料がアップしたり、やりたい仕事を選べたり、さらには自宅で好きな時間に仕事ができるといったことがメリットです。

    しかし、安易にフリーランスの仕事を始めてしまうと、つらいこともあります。そうなる前に、フリーランスとしてやっていくうえで、特につらいことを回避する方法についてご紹介します。

    フリーランスは魅力的?

    ITエンジニアをやってると、いろいろと不満に感じる場面に遭遇します。そのような時には、転職を考える方が多いのではないでしょうか。

    例えば、自分はプロジェクトをまとめる仕事をやっているのに、そのスキルが給料に反映されていない、と感じることはないでしょうか。また、自分の分担は時間内に終わらせているのに、プロジェクトが遅れているからと、他の人の分もやらされてはいないでしょうか。

    そのような不満から、実際に転職を決意される方がいます。そして、その転職先にフリーランスを選択される方もおられます。それは、フリーランスになれば、会社員時代の給料と比べると、かなり高い報酬がもらえるうえに、自分のやりたい仕事が選べて、長い休暇を取ることも可能です。

    しかし、良いことばかりではありません。フリーランスをやっていると、つらいこともたくさんあります。まずは、フリーランスのつらい状況を、そして、その後にそんなつらい状況を避けるコツについてご紹介します。

    フリーランスのつらい瞬間

    先ほども簡単に触れましたが、フリーランスは良いことだけではありません。フリーランスをやっていると、つらいこともたくさんあります。

    次から、フリーランスがつらいと感じることについて解説していきます。

    仕事が見つからないとき

    フリーランスをやっていくうえで、最もつらいことは仕事が見つからないことです。会社員であれば、明日やる仕事の予定がなくても、会社に行って上司に相談すれば、何かしら仕事を割り振ってもらえます。さらに、仕事が無いからといって、その分の給料が出ないということはありません。

    しかし、フリーランスは自分の仕事を、自分で探さなければなりません。もし、仕事が見つからなければ、その間は報酬がもらえないばかりか、場合によっては生活が破綻してしまいます。そのため、仕事をやっている時から次の仕事を探さなければなりません。

    そして、フリーランスを目指す方が、最初に直面するのが、どうやって仕事を探すか、という問題です。これがうまくいかないと、かなりつらい状態に陥ります。

    請けた仕事が終わらず長時間労働になるとき

    フリーランスだからといって、いつも自由な時間に働ける訳ではありません。残業の多い常駐の仕事を受けた場合や、在宅で難しい仕事を受けてしまった場合など、つらい状況に陥ることもあります。

    特に常駐の仕事は、人手が足りなくてフリーランスの方を使うケースがほとんどです。状況によっては、毎日のように残業が必要なこともあります。しかし、フリーランスとしての評判を落としたくないため、途中で抜けることはできません。そのため、不本意ながら長時間働くこともあります。

    また、在宅の仕事でも、仕事を受けてから難しいと解るケースもあります。特にスキルが不足している場合、フリーランスは身近に質問できる人がいないことから、当初の見積もりよるも長くかかる場合があります。このようなつらい状況でも、一人で解説しなければなりません。

    結局休みを取らずに働いてしまう

    会社に勤めていると、会社毎に決められた規則に従って勤務しています。そういった規則には、お盆や正月の連休は会社が休みになる、といったことも記載されます。そして、そういった日に休んだことで、給料が減ることはありません。また、有給休暇の制度があれば、毎月の給料を減らさずに会社を休むことも可能です。

    それに対してフリーランスは、自分が働いた分に応じて報酬がもらえる訳ですから、仕事を休んでしまうと、その分の報酬がありません。そのため、特に単価の安い仕事ばかりを受けているフリーランスの方は、生活費を稼ぐために休みを取らずに働いてしまうこともあります。

    しかし、好きなこととはいえ、休みを取らずに働くのはつらいことです。そして、仕事が無くなることを恐れて無理して働き続けていると、身体を壊して働けなるなど、さらにつらい状況に陥ることもあります。

    フリーランスのメリットは、好きな仕事を選べる、とか、時間が自由になるというものです。これでは、何のためにフリーランスになったか解りません。

    つらい環境から抜け出すには

    これまでご紹介したように、フリーランスにはつらいことがあります。しかし、そのような状況から抜け出すことは可能です。次から、フリーランスの方がつらい環境から抜け出す方法について紹介します。

    仕事を探す方法

    ITエンジニアやデザイナーなどのフリーランスのクリエイターが仕事を探すのにおすすめなのは、エージェントの利用です。大手のエージェントであれば、一年間に8万件もの案件をフリーランスに紹介しているので、自分に合った仕事が容易に見つかります。

    さらに、今の仕事が終わる前に、次の仕事を手配してもらえれば、次の仕事に心配する必要はありません。他にも、営業や契約手続きも代行してくれるので、安心して仕事に集中できます。

    このようにエージェントを利用することで、フリーランスにとって最もつらい、次の仕事が決まらない、という状況から解放されます。

    なお、1つのエージェントだけでは、タイミング良く次の仕事が見つからない、といったこともありますが、そういった事態を防ぐため、複数のエージェントに登録することをおすすめします。また、エージェントの担当者と相性が悪い、といったこともあるので、複数のエージェントをうまく使いこなして、次の仕事に対する不安を払拭しましょう。

    長時間働かずに済むためには

    フリーランスとして仕事を受けたとしても、仕事の命令系統が曖昧な契約には注意が必要です。先ほど紹介したエージェントを利用した場合、仕事の発注先からあなたが受けるまでに、間に何社も入っているせいで、発注先は派遣社員と同じと考えているかもしれません。

    そのような長時間労働や不当な命令があるつらい仕事を避けるには、契約書を十分チェックしなければなりません。また、エージェントを利用する場合は、そのエージェントが直接受けてきた仕事を選んで受けてください。

    なお、フリーランスを名乗るからには、あなたはプロのクリエイターです。プロなら、契約内容をしっかり把握し、もし、契約書に書かれていない不当ことを要求されたら、契約書を盾に断る勇気も必要です。また、そういったことが言えるように、日頃から職場の信頼を得られるように努力しましょう。

    計画的に休暇を取るには

    フリーランスは、自分が働かないと報酬をもらえませんが、今の仕事が終わったら次の仕事を受けなければならない、という規則もありません。もし、余裕があれば、1ケ月など長期間の休暇を取ることも可能です。仕事ばかりやっていて、つらいと感じる前に、計画的に休みを取ることを考えましょう。

    しかし、長く休みと取ってしまうと次の仕事が心配、という方もおられるでしょう。そういった方は、先ほども紹介したフリーランスのクリエイター向けのエージェントを活用してください。大抵のエージェントは、この期間は休みにします、と連絡しておけば、仕事を再開する時期に合わせて仕事を紹介してもらえます。

    また、ITエンジニアのフリーランスの方で、常駐の仕事を受けている方は、自分の都合では休みが取れずにつらいと感じている方もおられるでしょう。そういった方は、職場の信頼を得る努力をしてください。そして、自分が不在になっても周囲が困らない状況を作り、タイミングの良い時期に休みを取る、といった気配りも大事です。

    フリーランス向けの相談窓口

    フリーランスの方がつらい状況に巻き込まれた場合、その分野のプロに相談することをおすすめします。そして、契約について相談する相手としては、司法書士や弁護士が理想的です。しかし、個人がこういったプロを利用するのは、敷居が高いのではないでしょうか。

    そこで利用したいのが、自治体で開催している無料法律相談です。また、ハローワークや労働基準監督署でも労働相談という形で相談できます。なお、こういった相談だけでは解決できないかもしれませんが、その上で司法書士や弁護士と相談することが、解決への近道です。

    また、司法書士や弁護士の中には、インターネットで無料相談を受け付けているケースもあります。そういった司法書士や弁護士を利用されてはいかがでしょうか。

    フリーランスのつらいことは克服できる

    これまでご紹介してきたように、フリーランスのITエンジニアは良いことばかりではありません。うまくやれるコツを知らないと、つらい事態に陥ってしまいます。

    しかし、フリーランスには、会社員のような制限が少なく、報酬が多いなどメリットもたくさんあり、今の環境に不満を抱えているITエンジニアの有力な転職先です。今回ご紹介した対策を参考に、つらいことを克服して、仕事に集中できる環境を構築しましょう。

    なお、フリーランスをやっていると、どうしても孤立してしまいがちです。トラブルに巻き込まれたら、外部の専門家に相談してください。また、いっしょに働く仲間を作って、情報を交換し、自分の働く環境を良くする努力も大切です。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE