IT技術者は単価UPを目指そう!技術者の相場と単価交渉の方法を解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.11.19

    IT技術者は単価UPを目指そう!技術者の相場と単価交渉の方法を解説!

    IT技術者は「技術を売る職業」がゆえにその単価は明確化しにくいのが現状です。本記事では、IT技術者のスキル別の単価の相場と単価をあげていくにはどうすれば良いのかをまとめました。

    IT技術者の単価相場

    IT技術者の人月単価を決める大きな要因として、スキルの違いがあります。スキルとはIT技術者においては扱える言語といっても相違ありません。

    主要言語別のIT技術者の人月単価は概ね次のとおりとされています。

    Java

    単価相場:50~65万

    Javaエンジニアのニーズは今後も安定して継続が見込まれる一方、供給が追いついていない状態です。よって今後も大幅に単価相場が値崩れする可能性は低いとされています。

    PHP

    単価相場:50~80万

    Webサービス構築に関する案件においては、今後も高い需要で推移する見込みです。一方、PHPの技術者の単価は、クライアントの規模により大きく左右される点で注意が必要です。例えば、大手のWebサービス企業の案件であれば高単価が見込めますが、中小のWeb関連企業の案件では、60万前後で据え置かれることが多いようです。

    C#.NET

    単価相場:60~70万

    Webサービス関連から、エンタープライズ系までC#.NETの技術者には幅広い需要があります。これから益々必要とされると予想される案件がRPAや仮想通貨関連の案件です。

    また、単価を左右するその他のスキルとして、JavaScriptやReact.js、Node.js等のスキルも併せて対応できるとさらなる単価アップが期待できます。

    VB.NET

    単価相場:50~60万

    C#.NETと比較すると、案件の数は減少傾向となっています。また、人月単価も頭打ちとなっています。

    現状でVB.NETの技術者の方は、今後C#.NETによるWeb開発へキャリアの転換を検討することで単価アップが期待できそうです。

    サーバー構築・ネットワーク構築

    単価相場:60~70万

    直接的に言語ではありませんが、クラウドの出現により、クラウドサービスを構築して管理するサーバー・ネットワーク構築を専門とするIT技術者の需要が急増しています。

    AWSやMS-Azure、OpenStackといったクラウド関連のシステム構築の経験を積むことで、さらなる単価アップが見込めます。

    Ruby

    単価相場:60~80万

    案件の数としては、増加傾向にあるようです。一方、経験者が少ないためRuby以外の言語によるWeb開発経験が3年程度あれば、Rubyでの開発経験が1年に満たなくても参加できる案件もかなりあります。他の言語からRubyへの転向も利点が多いでしょう。

    Python

    単価相場:60~100万

    AI、機械学習、ビッグデータ関連の案件を中心に需要が高まっています。需要の割に、経験者が著しく少なく、Python以外の言語での開発経験があれば、独学レベルのPythonでも参画できる案件が増えつつあります。

    ヘルプデスク・テスター

    単価相場:30~40万

    言語というよりは開発を助けるスキルとなりますが、開発にはなくてはならないヘルプデスクやテスターも今後も継続して案件に参画できるでしょう。

    テスト設計やテスト計画の策定といった、上流のテストエンジニアになるとより高単価も期待できます。

    Cobol

    単価相場:40~50万

    比較的低単価ながらCobol技術者の需要は継続的にあります。ただ、Javaへのマイグレーションのプロジェクトも多いため、今後はCobolエンジニアの需要が減少傾向にあると言われています。

    単価相場の決まり方

    技術者の人月単価は、契約する企業やプロジェクトによって異なります。すなわち、要員は同じでも、契約するクライアントや対応内容・リスクによって値段が変動することが頻繁にあるからです。

    会社の規模はもちろん地域によっても相場は異なります。

    会社規模による単価の違い

    大手企業や外資系の技術者は、中小企業と比べて3割~8割ほど高単価とされています。

    開発するサービスやシステムに関する知識の他、プロジェクトの管理手法を包括的にかつ業務を通じて学べる環境が揃っており、そのような教育コストの分、単価も高くなるということです。

    また、多数のプロジェクトの実績を有するため、情報資産も蓄積されていることから、高品質なサービスをスケジュールを維持して開発を完了させるノウハウがあります。

    技術者のスキルによる単価の違い

    たとえばSEの世界を例にあげると、“超”上級SEと初級SEとでは単価で倍以上開きがあります。超上級SEが担当するのは、プロジェクト管理や顧客折衝であり、システムに対する高度な技術力と知識とが要求されます。

    また、他のSEの要員管理やコスト管理などのマネジメントにも責任を負うため、超上級SE には120万円以上という高単価を設定している企業も多くあります。

    一方、初級SEには入社したばかりの新人SEも含まれ、超上級SEと比較すると技術力という面では大きく差があります。技術力の差がそのまま単価へと反映されています。

    ただし、初級SEの中に将来の超上級SEの素地を持つ高い技術を備えたSEもおり、生産性やプロジェクトへの貢献度という点では、初級SEといっても、単価では測れない品質の差が生まれることもあります。

    その他の要因

    クライアントも予算の中でやりくりしています。技術者自身の能力や貢献度とは無関係に、色々な外的要因が絡んで単価が決定されるため、あまり欲張り過ぎたり、気落ちしたりしないほうが良いでしょう。

    単価相場が高い人材の理由

    フリーランスのIT技術者においては、相場以上の単価で契約するためには、「最終顧客企業の直請けであること」、「自分のスキルが活きる案件を選択すること」などのポイントで、受注業務を決定することが大切です。

    フリーランスのIT技術者には、「エージェント」と呼ばれる案件を紹介するサイトや企業を利用して条件の良い仕事を紹介してもらう方法で相場以上の単価の案件に参画することが多いようです。

    また、常に新しい技術を学び続け、スキルアップを怠らないことも高い単価で働き続ける要因のようです。

    単価交渉時のポイント

    おおむね、人月単価を交渉するタイミングとしては、年に1回の昇給のタイミングとなることが多いようです。

    通常、4月昇給とする企業が多いため、1月から2月にかけてが単価交渉のチャンスとなります。交渉のポイントとしては、おもに2つあります。

    • 過去の実績をアピールする
    • 今後のプロジェクトへの意欲を示す

    交渉の内容はもちろん、その交渉を切り出すタイミングや人となりも非常に重要とされています。どのような案件でもチームワークで開発を行うので、現場で常に他のメンバーにフォローされてばかりだったりする場合、いくらアピールしても交渉は上手くいかないでしょう。

    逆に、きちんとプロジェクトに貢献し、人間関係の構築ができてさえいれば単価交渉も恐れるに足らずです。

    単価アップを目指そう!

    単価アップの秘策はまず案件に参画する時点で、クライアント先の規模や平均相場を見極め、自身のスキルとも合致しているかを確認することが大切です。その上で、昇給のタイミングを見計らって単価アップを交渉するという方法が最も合理的とされています。

    もちろん、交渉の段階では日頃からの貢献度が交渉の材料となるため、まずは日頃の業務に誠意を持って対応することで、おのずと単価アップの交渉にもつながるようです。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE