Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

プログラミング未経験では、エンジニアになりたいと希望しても新卒でもないかぎり採用してはもらえません。とはいえIT業界でエンジニアとして働いている方が、最初からプログラミングができた訳ではなく、未経験で就職し、仕事をしながら学んだ方もたくさんいます。

ではどうすればプログラミング未経験でも採用されるのでしょうか。今回は、プログラミング未経験でもIT企業が採用したくなる人物像について解説します。

この記事の結論
  • IT業界にはプログラミング以外にもエンジニアがやるべき仕事がたくさんあり、そのような仕事をしながらプログラミングを学ぶのも可能。
  • プログラマーとして就職するには、社会人としてのマナー、論理的な思考とコミュニケーション能力、学び続ける意志も必要
  • IT企業が採用したい人物像とは、エンジニアとしていっしょに働いてほしい、と思える人物
  • 未経験OKの求人にはブラック企業もあるので注意が必要

プログラミング未経験でもエンジニアとして採用されるのか

IT企業で働くエンジニアといえば、全員がプログラミングの達人のようなイメージがありますが、実際はそうではありません。もちろん、中には高いスキルを持つ方もいますが、プログラミングはまだまだ初心者といった方もエンジニアとして働いています。

そのため、プログラミングが未経験だからと言って、エンジニアとして採用されない、ということはありません。近年、ITエンジニア不足が叫ばれており、多くのIT企業でもエンジニアの採用に苦労しています。そのため、プログラミングに興味を持ち、エンジニアとしてやる気がある未経験者を積極的に採用し、社内で教育している会社はたくさんあります。

したがって、プログラミング未経験だからと言ってあきらめてはいけません。希望していれば、きっと採用してくれる会社があるはずです。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

プログラミング未経験でも採用される理由

例えば、業務システムを開発する仕事におけるエンジニアの役割は、プログラムを書くだけではありません。できたプログラムが仕様どおりに動作するか検査することもエンジニアの役割の1つです。そして、これは、プログラミング未経験でも勤まる仕事です。

また、システム開発では、ドキュメント作成が重要なエンジニアの仕事の一つですが、この仕事もプログラミング未経験でもできることがたくさんあります。

このように、プログラミング未経験のエンジニアでも勤まる仕事はたくさんあります。そして、そういった仕事を通じて、システムを開発する仕事とはどういうものかが理解できます。そのため、こういった仕事から始めて、プログラミングのスキルを身につけてエンジニアになった方もたくさんいます。

プログラマー就職を考える際の注意点・ポイント

ただし、プログラミング未経験だとしても、希望すれば誰でも採用される訳ではありません。プログラミング以外の能力も評価されます。特に若い人の場合は、社会人としての基本マナーなどもチェックされるので気を
付けてください。

また、既にプログラミングを学んだ方と同じ仕事ができる訳ではありません。そのため、もし、プログラミング未経験からプログラマーとして就職を考えるのなら、いっしょに入社した人と同じ仕事ができる訳ではあり
ません。

次から、プログラミング未経験からIT企業への就職をチャレンジする際の注意点やポイントについて紹介します。

社会人としてのマナーは基本

先ほども紹介したように、プログラミングのスキルがあればどこにでも採用される訳ではありません。特に若い方は、社会人としての基本的なマナーが必要とされます。

そして、これはプログラミング未経験がITエンジニアとして就職する場合にもあてはまります。プログラミングができないうえに、社会人としてのマナーを知らないようでは、エンジニアとして採用されることはありません。

もしあなたが学生なら、就活セミナーやインターンを活用して、社会人としてのマナーを学んでください。また、転職を考えているのなら、転職エージェントに相談し、セミナーを受講するなどして、社会人としての基本的なマナーを身に付けましょう。

プログラミング以外の必要な能力

プログラミング未経験でプログラムができないとして、エンジニアに求められる能力があれば、採用される可能性があります。そして、その能力とは、論理的な思考とコミュニケーション能力です。

まず、論理的な思考とは、因果関係を整理し順序立てて考える力のことで、これは、人が普段やっていることをプログラムに落とし込むのに必要な能力です。また、複雑な事象をわかりやすく説明する際にもこの能力が
必要なことから、次に紹介するコミュニケーション能力とも密接な関係があります。

そして、エンジニアに限らず現代の社会人に必要とされるのがコミュニケーション能力です。特にエンジニアの場合、自分をイメージしていることを相手に正しく伝えなければなりません。そのため、相手にわかりやすく説明できる能力が求められます。

採用されても経験がある人とのスタートラインは違う

同じ時期にエンジニアとして採用されたとしても、プログラミングの経験のある方は、先にプログラム開発の仕事が割り当てられます。しかし、プログラミング未経験者の方が、経験者と同じ時期に仕事に割り当てられることはありません。

まずは、仕事をしながらプログラミングのスキルを身に付けなければなりません。そのため、経験者とはスタートラインが違うと考えてください。

プログラミング未経験者は特に学ぶ意志が大事

よく言われることですが、プログラミングを学ぶことは、簡単なことではありません。最初は簡単そうに見えても、途中から急に難しくなり、多くの方が挫折しています。そして、途中であきらめずに学習できた方が、自力でプログラムを組めるようになるのです。そのため、プログラミング未経験者の方とプログラミングのスキルを身に付けた方の差は、この先も学習できるかどうか差とも言えます。

ITエンジニアとしてやっていくためには、この先、ずっと新しい技術を学び、それを仕事に活かしていかなければなりません。プログラミングのスキルを身に付けた方は、自分からそうした学習ができる人です。既に身に付けたスキルを活かして仕事に就くと同時に、新しいことを次々に学習してステップアップしていくことでしょう。

その点、プログラミング未経験者は、採用されてから自分が学習できることを証明していかなければなりません。しかし、プログラミング未経験者だといっても、学習する意欲さえ失わなければ、同じ時期に入ったプログラム経験者を追い越すことは十分可能です。そのため、プログラミング未経験者は、自分から意欲的に学習できることをアピールしましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

プログラミング未経験者が採用率を高める方法

実はITエンジニアの採用を考えている企業の採用担当者は、新卒で採用する際、プログラミングのスキルを重視していません。そのため、若い方ならプログラミング未経験者でもエンジニアとして十分採用される可能性があります。

さきほど紹介したように、ITエンジニアに求められる能力は、論理的な思考とコミュニケーション能力です。また、自分から学習する意欲のある人でなければ、進歩の早いITエンジニアは勤まりません。そして他にも採用担当者に好印象を与えられるポイントが幾つもあります。

そこで次からプログラミング未経験者が採用率を高めるための具体的な方法について紹介します。

社会人としてのマナーとコミュニケーションは必須

エンジニアを採用したいと考えている会社にとって、採用面接に来た人がいっしょに働いていける人かどうかは重要なポイントです。なぜなら、ITエンジニアは、チームで作業するのが一般的です。そのため、採用担当者は自社のチームの一員として働けるかどうかを必ず見ています。

先ほども紹介したとおり、プログラミング未経験者に限らず、若い人が採用面接に臨む場合、まずは、社会人としての基本的なマナーを身に付けていることが基本です。そして、チームで仕事をするのに必要なコミュニケーション能力を身に付けている必要があります。

たとえプログラミング能力が高い方でも、チームで仕事ができないと判断されれば、採用されません。採用面接では、マナーに気を付けながら、積極的に自分から発言するなどして、コミュニケーション能力があることをアピールしてください。

独学で実績を作る

プログラミング未経験者がIT企業に採用されやすくなる一番の方法は、独学でプログラミングを学び、何かプログラムを作って、それを採用担当者が見せることです。なお、この場合、プロが作るような本格的なものでなくても構いません。例えば、どこかで見たようなものでいいのですが、自分なりに工夫したものを作ってください。

これには、自分から進んでプログラミングを学ぶ意志があること、そしてプログラミングに対して興味も持っていることをアピールする意味があります。また、自分なりの工夫が独創的であれば、より注目を集めることでしょう。

ただし、先ほども紹介したとおり、プログラミングの学習はかなり難しいことです。本気で学びたいと考えているなら、費用はかかりますがプログラミング未経験者でも通えるプログラミングスクールがあるので、そういったサービスの利用も検討してみてください。

未経験でもプログラマーになりたい理由を明確にする

さらにプログラミング未経験者は、採用された後、その会社でITエンジニアとやっていけることを説明するために未経験でもITエンジニアになりたい理由を明確にしなければなりません。

先ほども紹介したように、プログラミングの学習は難しいことです。それでも学習していけるだけの理由があるはずです。それを、しっかりと採用担当者に伝えましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

IT企業が採用したい人物像とは

T企業が採用したい人物像とは、社内のエンジニアといっしょに長く働いてくれる方です。とはいえ、このためには次の条件をクリアしなければなりません。

このような方は、プログラミング未経験でも社員として採用される可能性が高い方です。エンジニアを目指すなら、常に新しい技術を学習する習慣は必須です。さらにコミュニケーションスキルを磨いて、就職面接時に、プログラミングは未経験だとしても、この人とならいっしょに働いてみたい、と思ってもらえるように自分をアピールしてください。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

未経験OKの求人の探し方

人手不足の続くIT業界では、プログラミング未経験でも採用に前向きな会社がたくさんあります。ぜひ、大手の転職サイトを検索してみてください。未経験OKの求職情報がたくさんヒットすることでしょう。

とはいえ、そういった未経験OKの求人の中にはブラック企業も含まれています。間違ってもそういった求人に申し込んではいけません。そして、そのような求人を避ける方法は、ネットでその企業の評判を調べることです。また、勤務地が都内など、明確に記載されていない企業は、エンジニアを使い捨てにする会社が多いので避けるべきです。大手の転職サイトを使ってプログラミング未経験でも採用してくれる会社を探す方は、こういった点に注意してください。

また、もし、未経験からプログラミングスクールで経験を積んで就職を目指すのなら、スクールのカウンセラーに依頼して転職先を紹介してもらうことをおすすめします。また、スクールに通いながら転職エージェントを利用することも可能なので、積極的に利用しましょう。
未経験からWebエンジニアになりたい方におすすめ
のスクールはこちら

まとめ

プログラミング未経験だとしても、プログラミングを学んでいけて、チームとして働ける人はエンジニアとして必ずやっていけます。最初に申し込んだ会社から断られたとしても、あきらめずに次を探して採用してくれる会社を探してみてください。

なおこのサイトを運営しているポテパンは、未経験からWebエンジニアになりたい方向けに、プログラミングスキルなど仕事に必要なスキルが学べるプログラミングスクール、ポテパンキャンプを運営しています。就職にも有利なプログラミングスクールなので、ぜひこちらもチェックしてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。