電通に転職したいエンジニア必見!求人内容や採用条件を徹底解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.10.22

    電通に転職したいエンジニア必見!求人内容や採用条件を徹底解説!

    「中途採用で、電通に転職しようかな」と考えていませんか?

    電通と言えば、日本の広告業界で最も長い歴史を持つ企業の1つです。電通は英イージス社(本社:ロンドン市)を新たに迎え入れ、全世界で約40,000名の従業員を擁し、124カ国・地域で事業を展開するグローバル・コミュニケーション・グループになりました。

    これにより、電通グループはデジタルを活かした成長力で世界でも有数の広告会社の地位を獲得し、アジアでは収益面でNo.1、北米でも急成長を遂げているのです。

    電通はご存知の通り、テレビや雑誌、新聞等あらゆるメディアの広告を扱っており、日本国内では最大規模の広告会社で、その影響力は非常に大きく、新卒のみならず中途採用においても人気を集めている企業です。

    そんな電通に転職したいと情報を探してみても、企業ホームページには基本的な情報はあれど、難易度の高い面接をくぐり抜けるだけの情報量はありません。また、多数溢れる口コミサイトを閲覧しても、情報量が多すぎて整理が困難です。情報収集だけで時間を費やしてしまい自分が本当に転職すべきなのだろうかと思ってしまうこともあるでしょう。

    このページでは、転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、電通への転職についてご紹介します。すべて読んでいただければ、あなたが電通へ転職すべきか判断できるとともに、電通への転職成功確率も劇的に上げることができるでしょう。

    電通の企業情報

    会社概要

    社名 株式会社電通
    本社所在地 東京都港区東新橋1-8-1
    代表者 山本 敏博(やまもと としひろ)
        髙田 佳夫(たかだ よしお)
        遠谷 信幸(とおや のぶゆき)
    設立  1901年(明治34年)7月1日
    資本金  746億981万円(発行株数:2億8,841万株)
    売上   7,286億2,600万円(2015年3月期連結、IFRS)
    従業員 単体従業員数 6,927人
    事業内容 「Integrated Communication Design」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、経営・事業コンサルティングなど

    電通は、コミュニケーション領域を中心として、広告主やコンテンツ会社といったクライアントの経営の問題から事業レベルの問題に対して解決するためのソリューションを提供しています。マーケティングやコミュニケーションといった領域全般を、国内に留まらず海外にも最適な解決策を提案しています。

    電通と言えばアイデアの宝庫といったイメージがあるかと思いますが、それも企業の理念である「Good Innovation.」(グッド・イノベーション)を実現するための1つに過ぎません。「デジタル」「グローバル」「ソリューション」を中心とした多様な施策に取り組むことで変革を実現させます。

    実際には、単なるアイデアに留まらず、最先端の技術や顧客により沿って成功まで導く推進力こそが電通のコアです。顧客に起こし、社会に新たな変化をもたらすことが電通の社会的使命であり、電通の価値を高めていくことになるのだと考えています。

    事業内容

    まず電通の事業内容について詳しくみていきましょう。

    電通の収益は世界でも5位の位置まできており、もちろん世界でも3番目の市場と言われている日本市場では以前よりシェアNo1.の企業です。さらに北米市場を攻めるために2013年3月、英国イージス・グループの買収しました。これによりロンドンに電通イージス・ネットワーク社を立ち上げ、着々と北米展開を進めています。

    電通グループはクライアントの課題の本質を見極め、真のソリューションに到達するコミュニケーションを統合的にデザインし、提案・実施していくために、電通グループの事業領域と強みを規定しています。経営・事業・マーケティングなどクライアントが抱えるさまざまな課題に応えるソリューション・パートナーのポジションにふさわしい、多様なサービスを提供しています。その領域は、社会、環境、生活者の変化に伴ない、ソーシャル課題へのソリューションにも広がっています。
     

    マーケティング

    電通では顧客が抱える問題に対して総合的なマーケティング手法を用いて解決へと導いています。そして、顧客の商品が売れる仕組みを構築していくのです。複雑化する市場環境の中、各事業者はマーケティング活動の各プロセス、個々の施策を有機的にコネクトしていなかければ成果を得ることは困難になってきています。
    電通では、この大きな変化を「マーケティング・コンバージェンス」と命名し、顧客が抱える課題に対して日々向き合っています。
     

    デジタルマーケティング

    デジタルマーケティングはデジタル化の進展と各種テクノロジーの進化が、消費者の行動様式を変えている昨今、非常に重要なテーマです。今までは個別に機能することが多かったマーケティング活動の各プロセスや個々の施策を有機的にコネクトしていかなければ、顧客を成功に導くことは出来なくなりました。電通にもデジタル部隊があり、「コンサルティング」「開発・実装」「運用支援」の3つの機能をメインちしたデジタルマーケティングに対する統合された支援サービスを展開しています。
     

    クリエーティブ

    電通と言えばクリエーティブの強さが代名詞とも言える存在です。実際に社内には約900人のクリエイターが在籍しており、各個人が個性を持った変革者なのです。それぞれの個性を生かした900通りの解決策で、コミュニケーションのあらゆる課題に対応し、既成概念やデジタル/トラディショナルの枠にとらわれない、最適なソリューションを提案します。これまでの概念やデジタル/トラディショナルの枠にとらわれず、アイデアを、メディアを、人材を、自由自在に組み合わせて、最適な解決策を出していきます。
     

    プロモーション

    時代が大きく変化する中、電通では最も投資対効果が高い施策を高速でPDCAを回して実行することで顧客体験価値と購買行動の最大化を実現させていきます。
    従来はマスメディアや店頭に限ったプロモーション施策も、今ではSNSやWEB動画、スマホなどのデバイスの知見、O2O関連ツールなどデジタルが当たり前。クリエイティブとデジタルを掛け合わせた最適な広告施策により顧客の課題を解決していきます。

     

    メディア

    メディア事業では長年電通がメディア業界にて培ってきた経験やメソッドを活かして下記のような事業を展開しています。
    ・テレビ番組のプロデュース
    ・映画の製作委員会への出資
    ・大型スポーツコンテンツの放映権獲得

    これらも一朝一夕で出来たのもではなく、あらゆる施策錯誤を繰り返した中で作られてきた電通の強みです。

     

    コンテンツ

    顧客の広告に対する需要、そして人々のタッチイントは、もはや従来のマスメディアの枠の中だけではおさまりません。「スポーツ」「エンタテインメント」といったコンテンツに参画し、自ら作り上げ、大きなコミュニケーションを生み出していきます。つまり、時代の変遷とともに、どこが広告バイタイになるのかも多種多様な変化をしているのです。
     

    PR

    電通のPR部門ではグループ各社とも連携しながら、デジタルとクリエイティブを組み合わせながら設計をし、市場の視点の文脈に整合させ、顧客のブランド価値の向上に寄与していきます。
     

    グローバル・ビジネス

    より広い市場を求め、日本企業の世界進出が進むなかで、電通の役割も国内に留まりません。電通イージス・ネットワークのリソースも交えて、国内外のクライアント企業に多彩な解決策を提供しています。 逆に2020年に向け、海外企業にとって日本は注目すべき市場となりつつあります。このようなビジネスの交差を加速させ、間接的に経済や社会の発展にも寄与すべく、電通は内外のクライアント企業にマーケティング・コミュニケーション・サービスを提供しています。

    電通のエンジニア職の求人内容

    採用職種

    電通の求人内容について見ていきましょう。電通では下記の業務内容にてデジタル人材中間採用を行っています。

    1.デジタル領域におけるマーケティングコンサルティングおよび分析
    2.Eコマースサイト制作・運用
    3.広告関連システム開発
    4.デジタル領域におけるアプリケーション開発
    5.デジタル領域におけるメディアプランニングおよびコンサルティング

    電通に新卒採用として入社するのは非常に狭き門で、毎年1万人を越えるエントリーがあるほどです。実際に内定している人達の学歴をみて、ほとんどが早慶上智以上の高学歴を持ち、MARCHですら少数派。さらにその中から圧倒的な人間力や経験を持つ学生のみが選べる場所です。しかし、中途採用においては電通が募集する募集ポジションにあなたの経験値がマッチすれば、必ずしも高学歴ではなくても十分に入社が可能です。

    各ポジションについて、採用ホームページに求める経験やスキルなど詳細に記載されていますので、志望する方は確認してみてください。採用に力を入れていることが伺えます。ただポジションの定義がわかりづらい場合もあり、自分がどのポジションに応募すべきか悩んでしまう人もいるかもしれません。そんな時は求人を扱っているエージェントに相談をするのも手です。

    電通くらいの有名企業になると採用難易度も上がり、ある程度の対策は必要です。実際にどのような仕事をして、どのような人物を求めているのか、そして過去にどのような人が採用されたのかもアドバイスがもらえます。ゆえに、電通の転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。履歴書の書き方から、アピールすべきポイント、準備すべき点まで網羅的にサポートをしてくれます。

    平均年収

    Amazon S3の気になる使用料は?従量課金制に対して解説!

    そんな人気企業と言える電通の平均年収はどれくらいなのでしょうか。電通の平均年収は1228万円となっており、広告業界の中に置いてはNo.1、上場企業の中でもTop20には入る金額です。

    特徴としては平均年齢が39歳と若いのにも関わらず平均年収が高いことです。通常1200万円前後ですと44歳ほどにはなるものです。ゆえに、電通では若くして1000万円を超える金額を得ることも可能で、生涯年収で計算するとさらに差が生まれてきます。広告業界の変化はあれど、電通がすぐに潰れたりすることは考えづらいことから、比較的安定して働ける環境とも言えます。

    平均年収は、企業の業績や人員構成の大幅な変化、給与制度の改定など多くの要因で変動するので、過去5年間ぐらいの推移や平均を確認するほうが良いでしょう電通は、激務ではありますが、それだけの年収はいただけるということです。平均年収が1,200万円を超える企業はそうそうありません。

    労働環境

    それでは電通の労働環境について見ていきましょう。

    労働環境は社会問題にもなった過労死問題の影響も有り少しずつ改善がなされているようで、具体的な数次目標としては2019年度の総労働時間を2014年度と比較して20%削減していくそうです。午後10時には会社の電気も消え、有給も消化することが義務化したり等、少しずつ良い環境が作られてきています。

    社内の雰囲気は組織を重んじる文化があり、ゆえに体育会系的な部分もあるようですが、組織人としてどのように振る舞うべきか等を体感できる場所とも言えます。ときにもハードな仕事を任せられることも有り、その中で体力的に追いつかない社員もいるようで、強いメンタルと体力は不可欠と言えそうです。

    社内制度や評価制度

    次の電通の社内制度や評価制度について詳しくみていきます。
     

    能力開発の推進

    電通の人材育成・研修プログラムは、大きく3つのステージに分けて実施しています。

    1.入社当初は、電通で働く上で必要な基本知識を獲得しつつ、ソリューション力(課題解決力)を身につけるためのベースを養成
    2.中堅社員となってからは、各部署で中心的な役割を担う人材としての専門能力、ソリューション力を養成
    3.さらに上の年次になると、マネジメント力やリーダーシップ、経営に関する知識を習得

    これから3点を軸としつつ様々な環境変化に対応して、非常に高いレベルなディレクター人材の育成を目的としたプログラムも提供しており、それは2011年にスタートした「New School」という取り組みです。これは電通社内のトップタレントと言える講師陣が指導をしていくスクールになっています。

    また、社外講師から学ぶ機会も多く、なぜならば広告のプロフェッショナルとしてその他テクノロジーやアート、事業について学び適切な広告提案をしていかなければならないからです。

    また、「電通マネジメント・インスティテュート(DMI)」という組織もあり、これは広告に留まらず顧客の事業課題を解決に導けるソリューションを提供していくための人材を育てていくために設定されています。

     

    積極的な休暇取得の推進

    電通では積極的な休暇取得の推進しています。例えば電通スタッフは通常の年次有給休暇以外に、ある程度長い期間休んでリフレッシュしてもらうための「連続休暇」が毎年2日付与されています。これは土日や祝日のほか、年次有給休暇や代休等を使って、5日間以上連続して休む際にも利用できるのです。

    また、近年の働き方改革の流れもあり、2010年4月からは、時間単位の年次有給休暇も取ることが出来ますし、国体のスキー選手やアメリカンフットボールの国際大会に出場する社員には、「教養休暇」という特別の休暇を取ることが出来る等、働き方の多様化を進めています。

    また、「WLB計画表」というものも存在します。休みやすい環境づくりのために、四半期ごとに作られており、部門ごとに誰がいつごろ休む予定なのか、皆で情報共有し、休みやすい環境づくりを展開しているのです。

     

    ワーク・ライフ・バランスの推進

    ワーク・ライフ・バランスの推進も近年進めている施策の1つです。ワークライフバランスの充実、質の高いアウトプット、そして心が踊る仕事こそが社員の満足度を高めると考えているからです。
    社内の専門委員会である「労政委員会」では、時間外労働の削減や休暇取得促進のための各種施策を立案・決定しており、生産性を上げ、効率よく成果をあげる働き方への改革を実現することが出発点としています。
     

    ダイバーシティーの尊重

    ダイバーシティーの尊重は時代の流れの中で各企業が向き合わなければならない問題です。そのために、国籍、学歴、性別、年齢を問わず、あらゆる人材を幅広く採用し、その能力を発揮できる環境整備をしています。2013年度には、女性社員の活躍を推進するためのプロジェクトも立ち上げるなど、積極的な動きをみせています。
     

    両立支援制度

    両立支援制度は社員が子育てや育児と仕事を両立するための休業制度などを用意しています

     

    定年後の再雇用

    定年後の再雇用施策として65歳まではシニア社員として雇用し、若手スタッフの育成サポートをしてもらいます

     

    電通のエンジニア職の採用条件

    中途採用

    電通のエンジニア職の採用条件についてみていきましょう。電通は2017年度の売上総利益に占めるデジタル領域構成費を35%以上を目標としており、そのためデジタル領域に強みを持った人材の採用にも新卒採用とは別に積極的です。ゆえにエンジニアやデジタル広告の分析家といった従来の電通にはいなかった分野の人材も採用をすすめているのです。

     

    共通するスタンス・マインド

    まず、クリエイティブ系の仕事も多いため映像制作・WEBクリエイター・アプリ開発などクリエティブな経験を持つ方は有利で、電通が募集している職種と合えば強みになるでしょう。また、特性上何らかの業界の深い知識や人脈、コネがある方は採用されやすいでしょう。電通の事業は、メディアへの営業・ブランディング・マーケティング・プロモーションなど多様で、広告主との繋がりは非常に重要なのです。
     

    スキル・経験

    現在電通を含めた広告業界においてはデジタル領域のスキルを持った人材が求められておりこれからもさらに拡大するインターネット広告市場に電通もしっかりと対応していけるための人材を求めています。従来デジタルマーケティングの人材はIT系企業に集まっていましたが、そこに電通も加わっていくイメージです。実際に電通ではあまり中途採用をしていませんが、デジタル領域のみ通年で募集をかけています。

    ゆえにデジタル広告領域のご経験がある方は今電通に入りやすい状況で、逆に完全に未経験となるとなかなか厳しいものがあります。きちんとデジタル広告系の企業で実務経験を積んだ方であれば、チャンスは大きいかと思います。

    さらにビジネスサイドのみならずエンジニアにもチャンスがありデジタル領域におけるアプケーション開発にてそのご経験を活かせる機会が電通にはあります。

    いきなり電通の採用試験を受けるのではなく、じっくり時間をかけて準備してから挑みましょう。事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。そうした対策は自分ひとりではできません。何百人もの転職者と面接対策をしてきた現役の転職エージェントにアドバイスをもらうのが一番です。

    新卒採用

    電通の新卒採用ではエントリー数は万単位で、本エントリーでも千単位なほどに人気企業で、実際に採用するのは年間130-140名程度ですので狭き門と言えます。内訳としては院生が20-30%、女性30%、体育会20%といったところです。

    募集職種

    総合職

    ビジネスプロデュース(営業)、プランニング、メディア、コンテンツ、クリエーティブ(コピーライター・CMプランナー)、デジタル領域全般、グローバル関連など
     

    デジタルクリエーティブ人材

    デジタルクリエーティブ人材は初めはデジタルクリエーティブ部署に配属され、初任配属後は他部署への異動の可能性は存在します。
     

    アート職

    アート職はデザインを担当するアートディレクターとして働きます
     

    求める人物像

    ・「アイデア」×「実現力」
    ・課題意識を持ち、問題を解決するために考え抜く力(=アイデア)
    ・ 粘り強く最後までやり遂げ実現する力(=実現力)

    電通の仕事では顧客が抱える課題に対してアイデアを用いて課題解決していきますので、上記のような点が重要となるのです。
    そして、上記を得るためにはハードワークも必要で、ゆえに電通の仕事はハードと言われているのです。

     

    待遇と勤務

    短大・専門・大学・大学院卒
    月給 240,000円(一律地域手当24,000円含む)
    月給 237,500円(一律地域手当21,500円含む)
    月給 236,500円(一律地域手当20,500円含む)

    電通のエンジニアはどういう人が働いてるの?

    CTO

    電通にはCTOというポジションがないようですので、大きな注目を集めた電通の長時間労働の問題の後に新しく就任した社長をご紹介します。

    代表取締役社長 山本敏博
    山本氏は慶応大学出身で、1981年に入社しており、その後コミュニケーション・デザイン・センター長、2011年に執行役員、2014年に取締役執行役員、2016年に常務執行役員を歴任した後に社長に就任しています。

    メンバーの技術ブログやツイッター

    電通報

    https://dentsu-ho.com/

    電通のエンジニア採用についてわかる記事5選

    「デジタルクリエーティブ人材」募集開始! 今まで誰も体験したことのない新しいクリエーティブを開拓しよう
    https://dentsu-ho.com/articles/5900

    電通デジタルと電通、AI活用してクリエイティブ開発を行う組織を発足
    https://markezine.jp/article/detail/28089

    やりがいはエンジニアとしての”利益への貢献”!フロントエンドの女神に出会った♡
    https://geechs-magazine.com/tag/people/20170602

    テクノロジーはマーケティングに何をもたらすのか――電通・森氏と電通デジタル・有園氏に6つの質問
    https://markezine.jp/article/detail/26804

    企業のテクノロジ導入を成功に導くカギはなに?
    https://japan.cnet.com/article/35114715/

    電通に入社するメリットは?

    ここまで電通への転職についてお伝えしてまいりましたが、電通に入社するメリットとは何なのでしょうか?ご存知の通り、新卒で電通に入るのは非常に倍率が高く、簡単ではありませんが、中途採用はデジタル領域に専門性を持つ人材であれば比較的チャンスはあるでしょう。これだけの規模感の会社でデジタル広告の仕事が出来る環境は無く、関わることが出来る案件の規模も非常に大きいです。もしあなたがIT企業等でデジタル広告に関わっているのであれば、もちろん他の企業と比べて就職が難しいことに変わりはありませんが、電通は1つの選択肢になり得るのです。

    まとめ

    「電通」に転職を検討されている方向けに電通への転職についてお伝えしてまいりました。各職種のプロフェッショナルが集まっており、国内において幅広いサービスを展開しています。ぜひあなたが電通に転職すべきかの判断材料となり、さらに転職したいと思った場合、電通への理想の転職が実現できる可能性を高めていただければ幸いです。

    キャリアアドバイザーとの面談では、フリーランスエンジニアに特化したコンサルタントが丁寧にあなたのご希望や経験をヒアリングさせていただき、数ある企業の中からあなたのキャリアにぴったりの求人をご提案させて頂きます。ポテパンの大きな特徴として、キャリアアドバイザー自身がエンジニアのため、エンジニアの目線とキャリアアドバイザーの視点の2つの観点からフリーランスエンジニアの皆さんをサポートが可能となります。

    エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありませんし、その中でも実際にエンジニア経験があるキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるエージェントも限られています。もし今転職の意向が無くても、ご自身のキャリアに対して客観的な意見が欲しいといった場合にも相談をしてもらうことも増えてきました。

    求人の多くは非公開求人で、興味があり応募したい企業が見つかればキャリアアドバイザーの推薦のもとに企業へのエントリーが開始します。その際には、面接のスケジュール調整だけではなく、これまで何百人ものフリーランスエンジニアの皆さんのキャリア支援をしてきた実績から、どうやったら合格しやすいかもあわえてサポートしていきます。

    その業界の状況はもちろん、各会社の業務内容についても理解しているため、その企業があなたの実現したいキャリアに対して適切なのかも合わせてアドバイスさせていただきます。もちろん内定後に実際に業務を開始してからも困ったこと等があればいつでも相談ができるます。

    電通への転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。
    転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

    ・独自の非公開求人をもらえる可能性がある
    ・業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
    ・年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE

    ポテパンおすすめ案件