日本アイ・ビー・エムに転職したいエンジニア必見!求人内容や採用条件を徹底解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.11.12

    日本アイ・ビー・エムに転職したいエンジニア必見!求人内容や採用条件を徹底解説!

    「中途採用で、日本アイ・ビー・エムに転職しようかな」と考えていませんか?

    日本アイ・ビー・エムと言えば、非常に歴史があり、外資系と日系企業の中間に位置するような雰囲気を持つ超大手IT企業です。私たちが日々使っている大規模システムも、日本アイ・ビー・エムが関わっていることが多いです。

    日本アイ・ビー・エムは世界中のIT企業の中でもリーディングカンパニーとしての地位を誇り、Forbes社『世界で最も価値あるブランド』ランキングで常にトップ10入りするくらい偉大な企業です。その歴史は100年を越えており、時代に応じて最先端のテクノロジーで産業をアップデートしてきており、その領域はリテールからファイナンス、スポーツ、宇宙産業にいたるまで非常に多岐に渡っています。実際にこれまでノーベル賞受賞者が6名生まれていたり、特許取得数も24年連続全米首位です。

    世界中で培った知識や経験を活用したコンサルティング、最新のデザインやテクノロジーを融合させ、価値を創出することでクライアントの成功にコミットしています。

    そんな日本アイ・ビー・エムに転職したいと情報を探してみても、企業ホームページには基本的な情報はあれど、難易度の高い面接をくぐり抜けるだけの情報量はありません。また、多数溢れる口コミサイトを閲覧しても、情報量が多すぎて整理が困難です。情報収集だけで時間を費やしてしまい自分が本当に転職すべきなのだろうかと思ってしまうこともあるでしょう。

    このページでは、転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、日本アイ・ビー・エムへの転職についてご紹介します。すべて読んでいただければ、あなたが日本アイ・ビー・エムへ転職すべきか判断できるとともに、日本アイ・ビー・エムへの転職成功確率も劇的に上げることができるでしょう。

    日本アイ・ビー・エムの企業情報

    会社概要

    社名 日本アイ・ビー・エム
    本社所在地 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
    代表者 代表取締役社長執行役員 エリー・キーナン (Elly Keinan)
    設立 1937年(昭和12年)6月17日
    資本金  1,053億円
    売上   8,953億円
    従業員 非公開
    事業内容 情報システムに関わる製品、サービスの提供

    アイ・ビー・エムの強みは世界中で得たナレッジ、コンサルティング、技術の力を組み合わせた価値の創出に有り、クライアントが直面するビジネスの環境の変化に寄り添いながら価値を提供しています。25年連続で米国特許取得件数で第1位となっており、世界の中でも最大規模の戦略コンサルティング会社と言えます。

    そんなIBMがは現在AIを提供する会社としても名を馳せており、IBM Watsonは1度は聞いてたことあるでしょう。医療、法律、行政サービス、教育などさまざまな領域に対して、大規模なデータ収集からのソリューションの提供をしており、この分野では他社に先んじた成果を出しています。

    働く環境としては外資ゆえに成果主義なところはありますが、外資系の中でも世界最大規模と言える環境でハードからソフトまで幅広く経験が出来るのは大きな魅力と言えます。

    事業内容

    まず日本アイ・ビー・エムの事業内容について詳しくみていきましょう。

     

    コンサルティング事業

    コンサルティング事業では顧客に対して、顧客体験の再設計から新しい価値の想像を目指しIBM製品導入や運搬などをサポートしています。近年のデジタル化に伴い顧客のビジネスのプロセスも再定義し、デジタルの力でどのように効率化し、新たな価値を生み出していくのかをミッションに、コンサルタントの卓越したスキルと深い業界知識を活用してお客様の変革を推進します。

     

    グローバル・テクノロジー・サービス

    グローバル・テクノロジー・サービスはクラウド時代におけるインフラの提供により顧客のビジネスを成功に導くサービスで、「日経コンピュータ 2017年9月14日号 顧客満足度調査 2017-2018」においてシステム開発関連サービス(メーカー)部門、システム運用関連サービス(メーカー)部門、 ITコンサルティング/上流設計関連サービス(メーカー)部門、で1位を獲得する等、社外からも高い評価を得ています。これも、日本国内のみならず国外の知見も活かしながらグローバル基準のサービスを提供できているからこそでしょう。

     

    Global Financing

    Global FinancingはIBMを中心としたITサービスによって顧客に対してリース・ファイナンシングのサービスを提供しており、その歴史は既に30年を越えており、世界中から信頼を得ています。

    日本アイ・ビー・エムのエンジニア職の求人内容

    採用職種

    日本アイ・ビー・エムの求人内容について見ていきましょう。多様な事業展開ゆえに多種多様なポジションを積極的に採用しています。では具体的にどのようなポジションを募集しているのでしょうか。

     

    コンサルタント

    日本IBMへの募集職種コンサルタントを多く、同業他社やコンサルタント経験者は積極的に採用している印象です。コンサルタントと一口に言っても戦略部分を担う人もいれば、データ分析を担う人もいるので、様々です。

    新卒採用として入社するのは非常に狭き門で、毎年1万人を越えるエントリーがあるほどです。実際に内定している人達の学歴をみて、ほとんどが早慶上智以上の高学歴を持ち、MARCHですら少数派。さらにその中から圧倒的な人間力や経験を持つ学生のみが選べる場所です。しかし、中途採用において募集する募集ポジションにあなたの経験値がマッチすれば、必ずしも高学歴ではなくても十分に入社が可能です。

     

    アプリケーションエンジニア

    アプリケーションエンジニアは主にJavaを使用して顧客に対してシステムを提供していくポジションで、IBMはJavaが長いようです。また、開発のみならず顧客に対する要件定義から出来る人材を求めています。

     

    プロジェクトマネージャー

    プロジェクトマネージャーは高いコミュニケーション力を活かしながらプロジェクトの進捗管理から、人員の管理、他社との折衝業務など、プロジェクトのマネージメント行います。他社と渡り合うための「営業力」もあると望ましいですね。プロジェクトマネージャーには、「高いITスキル」がなくとも、コンサルティングのスキルがあれば合格の可能性は大いにあります。

     

    IoTエンジニア

    IoTエンジニアは近年盛り上がりを魅せるIoT分野にアサインされ、車の自動運転支援や、Watson活用システムの品質・サービス改革など様々な産業と関わる機会があります。

     

    ITアーキテクト

    ITアーキテクトはIoT、コグニティブ・コンピューティングなどを通じた新規ビジネスの立ち上げ等、クラウドやビッグデータ、Watson、IoT、超高速開発ソリューション、DevOpsソリューションなどの先進ITを活用した新しい領域のシステム構築を担います。顧客は主に大手企業で、新規の開発だけでなく過去のレガシーシステムのリプレイスから始まるプロジェクトも多いのが特徴です。上流工程から下流まで全て自分の裁量ゆえに、求められるのは技術力もさることながら、コミュニケーションスキルといえます。

     

    ERP,コグニティブコンサルタント

    ERP,コグニティブコンサルタントはERPパッケージ/SaaSの導入・更新プロジェクトを率いてあらゆる産業の顧客に対してソリューションを提供していきます。
    ・パッケージ/業務アプリケーションの計画立案から要件定義
    ・設計、開発、導入、導入後の運用サポート
    ・BPO支援
    ・グローバル標準化の推進体制やロードマップの作成
    ・製品の選定
    ・各国のローカライゼーション

    その産業は金融、消費材、自動車、エネルギー、小売りなど多岐に渡ります。

     

    ブロックチェーンコンサルタント

    ブロックチェーンコンサルタントは日本国内の金融(Fintech)、非金融分野の顧客に対し、ブロックチェーンを活用した新しいサービスの企画や提案を行うチームで、非常に新しいチームですが、既に100名以上のブロックチェーン分野のエンジニアがおり、ブロックチェーンコンサルタントはエンジニアとともに顧客のビジネス創出に伴走します。

    各ポジションについて、採用ホームページに求める経験やスキルなど詳細に記載されていますので、志望する方は確認してみてください。採用に力を入れていることが伺えます。

    ただ、ポジションの定義がわかりづらい場合もあり、自分がどのポジションに応募すべきか悩んでしまう人もいるかもしれません。そんな時は求人を扱っているエージェントに相談をするのもひとつの手です。

    日本アイ・ビー・エムくらいの有名企業になると採用難易度も上がり、ある程度の対策は必要です。実際にどのような仕事をして、どのような人物を求めているのか、そして過去にどのような人が採用されたのかもアドバイスがもらえます。

    ゆえに、日本アイ・ビー・エムの転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。履歴書の書き方から、アピールすべきポイント、準備すべき点まで網羅的にサポートをしてくれます。

    平均年収

    Amazon S3の気になる使用料は?従量課金制に対して解説!

    そんな人気企業と言える日本アイ・ビー・エムの平均年収はどれくらいなのでしょうか。日本アイ・ビー・エムでは実力によって差はありますが、だいたい「600万円~900万円」と言われており、もちろん職種や職位、働き方にも応じて差はあります。だいたい一般社員だと500-600万円程度から始まり、シニアレベルになると
    900万円を超えてきます。どの職種も、役員クラスになれば数千万という数字になります。これは他のコンサルティング会社と比べると高い給与と言えます。外資系らしく年功序列はありませんが、グループ内での相対評価のため、自身の成績が良くても、評価アップにつながらないこともあるようです。

    労働環境

    それでは、日本アイ・ビー・エムの労働環境について見ていきましょう。日本アイ・ビー・エムでは社員の働き方については改革をしていおり、比較的ワークライフバランスに関心の高い企業と言えますが、個人裁量で仕事を任される社風のため、社員一人ひとりの残業は長めだそうです。最近では時短勤務も可能で、社員の意思によって働き方を選択できる体制が整ってきたようです。

    社内制度や評価制度

    次の日本アイ・ビー・エムの社内制度や評価制度について詳しくみていきます。

     

    在宅勤務の取り組み 「e-ワーク制度」

    在宅勤務の取り組み 「e-ワーク制度」は1999年に、育児をする女性社員の声によって始まり、今では男性社員も利用できる制度となっており、個々の社員がそれぞれの事情により、自宅で勤務を行うことができます。

    場所にとらわれないワーク/ライフ・バランスのとれた効率的な働き方を実現するものとして社内では浸透しており、例えば午後からアポがある場合に午前を自宅勤務として移動時間を削減するようなことが出来るようになります。自宅からは、高度のセキュリティーを保持し、会社のネットワーク環境に接続し、オフィスにいるのと全く同じ環境で仕事ができます。グローバル企業ゆえに多種多様な人材が集まっており、互いに上手く働くためには多様性を受け入れる姿勢であり、それこそがIBMの強さの秘訣なのかもしれません。

     

    ライフステージの変化への対応 「短時間勤務制度」

    ライフステージの変化への対応 「短時間勤務制度」というものもありIBMでは皆さんのキャリアが途切れないよう、フルタイムで働けないときは、通常の80%、60%の勤務形態を選択することができます。そしてフルタイムで働ける状況になったとき、再びキャリアを高めることができるのです。特に女性の場合は結婚や出産や子育て、または介護といった変化により仕事のスタイルを変えていく必要性が出てきますが、多くは退職してしまったら仕事が続けられなくなってしまいます。それを解決し、長く働ける環境作りに向けた制度が「短時間勤務制度」なのです。

     

    各種育児介護支援プログラム

    他にも各種育児介護支援プログラムは下記のようなものがあり、働く女性を支援する制度が揃っている企業なのです。
    ・子どもが満2歳までの育児休職
    ・介護休職
    ・看護休暇
    ・ベビーシッター割引券
    ・契約保育園の利用
    ・育児・介護に関する相談窓口の設置
    ・イントラネット上での育児・介護情報提供

     

    女性活躍のための制度

    女性活躍のための制度の一貫として2011年1月、本社事業所内にこがも保育園がオープンしました。これは生後8週間を過ぎた57日目の0歳から、5歳児までの子女を持つ社員を対象としていて、Webカメラによるリアルタイムでの園内の映像の提供や、ネイティブ講師による園児への英語教育など、IBMらしいプログラムがあります。

    日本アイ・ビー・エムのエンジニア職の採用条件

    中途採用

    日本アイ・ビー・エムのエンジニア職の採用条件についてみていきましょう。ネットワーク/クラウド/セキュリティ等、様々な分野において経験豊富なエンジニアを募集しています。ただ案件によっては実務経験はそれほど求められないものもあり、開発環境におけるIT知識とスキルがあれば応募可能なものもあります。日本アイ・ビー・エムは世界中から各分野のスぺシャリストが集まる環境で、自分を高めたい人にとってはエキサイティングな場所です。

    いきなり日本アイ・ビー・エムの採用試験を受けるのではなく、じっくり時間をかけて準備してから挑みましょう。事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。そうした対策は自分ひとりではできません。何百人もの転職者と面接対策をしてきた現役の転職エージェントにアドバイスをもらうのが一番です。

    新卒採用

    日本アイ・ビー・エムの新卒採用の状況について説明していきます。

     

    募集職種

    ・営業
    ・ITスペシャリスト
    ・コンサルタント
    ・コーポレートスタッフ(フィナンシャル・スタッフ他)
    ・製品開発エンジニア
    ・カスタマー・サービス・エンジニア
    ・ファシリティー・サービス・エンジニア
    ・研究員(東京基礎研究所) ※他職種と併願可

    製品開発エンジニア

    製品開発エンジニアはWebアプリケーション基盤、システム管理などの「ソフトウェア/ミドルウェア製品」、ITシステムの基盤を支える「ハードウェア製品」の開発を担い、顧客のイノベーションを促進するIBM製品を主に開発します。

    IBM ITスペシャリスト

    IBM ITスペシャリストはIBMの製品やサービスに関する深い知識や経験を基礎に、顧客の目指す変革を具現化します。ソリューションの設計から、構築、保守・運用まで、プロジェクトの幅広いフェーズで活躍します。

    カスタマー・サービス・エンジニア

    お客様のビジネスを支えるITシステムを安定的に稼働させることをミッションとします。お客様先やサポート・センターにて、新たなハードウェア機器の導入支援、システムの更新、定期点検などのサービスを提供し、信頼性の高いソリューションの実現に貢献します。

    ファシリティー・サービス・エンジニア

    お客様のIT設備環境の最適化をミッションとします。データセンター内の温度やエネルギー効率の現状を分析し、コスト削減と運用効率向上を実現する最適な設備を設計・構築します。

    研究員

    研究員はIBM東京基礎研究所に所属し、世界中から集まる優秀なで専門分野を持つポスドクやインターンシップの学生が集まり、テクノロジーを用いた世界にどのようなイノベーションを創出していけるのかを推進していく組織です。

     

    求める人物像

    日本IBMでは、採用において「求める人物像」は明確には提示していないのですが、下記の3つのValue(価値観)を重要視しているそうです。
    ・お客様の成功に全力を尽くす
    ・私たち、そして世界に価値あるイノベーション
    ・あらゆる関係における信頼と一人ひとりの責任

     

    待遇と勤務

    <Reference Salary(2017年度 実績)>
    ・大学(学士): 4,803,000円
    (本給 : 279,400円 × 12ヶ月 + 賞与基準額:1,450,200円)

    ・大学院(修士): 5,008,000円
    (本給 : 291,300円 × 12ヶ月 + 賞与基準額:1,512,400円)

     

    研修

    日本IBMの研修はまずは一人のビジネス・パーソンとして必要な共通研修をポジション関係なく協同で行い、その後に職種別の専門性を考慮した研修をしていくそうです。

    <新入社員研修>
    研修形態はそれぞれの内容に適した形式で研修を行います。
    「集合研修」
    「e-Learning」
    「ITツールを活用したバーチャル・クラス」
    「合宿研修」など

    グローバル共通の教材を使用して学習するコースもあり、これは世界中のIBM社員とともに働けるようにということです。

    日本アイ・ビー・エムのエンジニアはどういう人が働いてるの?

    CTO

    そんな日本アイ・ビー・エムのCTOはどのような人なのでしょうか。

    日本IBM 執行役員 最高技術責任者 久世和資氏
    久世氏は筑波大学大学院工学研究科修了。コンピュータ・サイエンス専攻。工学博士。1987年IBM入社後プログラミング言語およびソフトウェア・エンジニアリングの研究に従事し、2004年IBM東京基礎研究所長、日本IBM理事就任。2005年執行役員就任。2006年より米国ニューヨークのIBM本社に海外赴任しています。2017年より現職。

    メンバーの技術ブログやツイッター

    THINK Blog Japan

    https://www.ibm.com/blogs/think/jp-ja/

    日本アイ・ビー・エムのエンジニア採用についてわかる記事5選

    日本IBMのITスペシャリストが語るエンジニアの心構えとは
    https://gakusei-kichi.com/?p=31576

    日本IBM幹部が憂慮する「AI時代のエンジニア像」
    https://japan.zdnet.com/article/35101041/

    日本IBM、現場でサイバー攻撃に対処するエンジニアを組織化
    https://it.impressbm.co.jp/articles/-/15613

    「デジタル変革」を目指す企業の最新技術との付き合い方
    http://diamond.jp/articles/-/147691

    IBMはアウトソーシングをやめるべき HPの経験に学ぶ必要性
    https://forbesjapan.com/articles/detail/18046

    日本アイ・ビー・エムに入社するメリットは?

    ここまで日本アイ・ビー・エムへの転職についてお伝えしてまいりましたが、日本アイ・ビー・エムに入社するメリットとは何なのでしょうか?

    グローバルネットワーク

    まずはそのグローバル環境は魅力の1つでしょう。米IBM社は世界190カ国以上で事業を展開する世界最大規模のグローバルカンパニーで、そのため働く環境としても対海外ビジネスに携わるチャンスはあまりなく、グローバルに仕事をしたいと考える人には十分な環境とはいえません。ただ、世界中に張り巡らさらたグローバルネットワークを活用し、 さまざまな事例や知見を得ることが可能です。

    それに加え、グローバルに活躍するメンバーとチームを組み、課題解決を行う機会も数多くあります。そして企業文化は非常に外資的であったり、社内で英語を使う機会は日系企業と比較すると確実に多いため、外資系企業文化の中で仕事をしたいと考える人にはおすすめの企業です。

    研修制度の充実

    また、研修制度の充実も魅力の1つで特にeラーニングが充実しており種類や時間を自由に選べ、また積極的に受講を推進されている風土や、ケーススタディやプレゼンテーションを多く取り入れ、より実践的な研修を会社全体として実施しているようで、これも人材育成への投資額の多さだといえます。

    業界に縛られず挑戦できる

    業界に縛られず挑戦できるにもIBMならではで、ITベンダーの役割がIT部門の課題解決にとどまらず、経営全体に関わる業務に変化していることもあり、早期から大手企業の経営者層と仕事をし、経営課題の解決に携われる点はやりがいにつながるという意見が多くありました。金融、製造、素材・エネルギー、人材、通信など 世の中のあらゆるビジネス領域に向きあうチャンスがあります。 業界に縛られず挑戦することができます。

    日本のインフラを担っているという責任

    IBMのテクノロジーは日本中のあらゆるインフラで利用されており、日本を支えていると言っても過言ではなく、非常に社会的価値も高い事業に参加できる点は魅力の1つでしょう。さらにグローバル企業ならではの世界中から集まるナレッジに触れながらプロフェッショナル達とともに切磋琢磨できる環境も価値です。

    まとめ

    「日本アイ・ビー・エム」に転職を検討されている方向けに、転職についてお伝えしてまいりました。日本アイ・ビー・エムは、さまざまなビジネス環境に置かれているお客様の変革を実現するために、 グローバルで培った知見を活かしたコンサルティング、 最先端のデザインやテクノロジーを融合させ、価値を提供しています。

    この記事が、あなたが日本アイ・ビー・エムに転職すべきかの判断材料となり、さらに転職したいと思った場合、日本アイ・ビー・エムへの理想の転職が実現できる可能性を高めるきっかけになれば幸いです。

    キャリアアドバイザーとの面談では、フリーランスエンジニアに特化したコンサルタントが丁寧にあなたのご希望や経験をヒアリングさせていただき、数ある企業の中からあなたのキャリアにぴったりの求人をご提案させて頂きます。ポテパンの大きな特徴として、キャリアアドバイザー自身がエンジニアのため、エンジニアの目線とキャリアアドバイザーの視点の2つの観点からフリーランスエンジニアの皆さんをサポートが可能となります。

    エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありませんし、その中でも実際にエンジニア経験があるキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるエージェントも限られています。もし今転職の意向が無くても、ご自身のキャリアに対して客観的な意見が欲しいといった場合にも相談をしてもらうことも増えてきました。

    求人の多くは非公開求人で、興味があり応募したい企業が見つかればキャリアアドバイザーの推薦のもとに企業へのエントリーが開始します。その際には、面接のスケジュール調整だけではなく、これまで何百人ものフリーランスエンジニアの皆さんのキャリア支援をしてきた実績から、どうやったら合格しやすいかもあわえてサポートしていきます。

    その業界の状況はもちろん、各会社の業務内容についても理解しているため、その企業があなたの実現したいキャリアに対して適切なのかも合わせてアドバイスさせていただきます。もちろん内定後に実際に業務を開始してからも困ったこと等があればいつでも相談ができるます。

    日本アイ・ビー・エムへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。
    転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

    ・独自の非公開求人をもらえる可能性がある
    ・業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
    ・年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

    少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE