未経験からWEBプログラマーとして働くために知っておきたいこと
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2019.02.25

    未経験からWEBプログラマーとして働くために知っておきたいこと

    プログラマーとして働きたいと考えているのであれば、どんな要素が必要になるでしょうか。実際のところは未経験からでも十分にチャレンジすることは可能なので、採用基準や必要な能力などについて紹介していきます。

    未経験でもプログラマーとして働けるのか?

    採用担当が未経験者で見ているポイント

     

    では実際に採用する立場から見た場合の採用ポイントはどうなのでしょうか。100人以上の採用担当者から聞いた統計をまとめたデータを参考にすると、意外にも適性や知識の量ではなく「伸びしろ」を重視しているそうです。未経験なのだから何もないのが当然で、むしろ会社のために貢献してくれると期待できる人材が欲しいという意見があります。未経験で入った場合はある程度の期間を教育に充てるため、間もない時期に辞められると困るわけで、長期的に働くことが出来るかどうかを採用担当者は見極めたいわけです。また、自ら進んで学習しようとする意識があるかも見ているようで、すべて手取り足取り教えることが出来ない中で、どれだけ率先して学ぼうとする意思があるかも重要になります。

    社会人としてのマナーが出来ているかどうか

    いくらスキルが高い人材でも、社会人としてのマナーができていなければ話になりません。技術的なことは後からいくらでもたたき込めるので、プログラマーとしてのスキルが低かったとしても社会人として身につけておくべきマナーが備わっている人材の方を採用したいと考える方が圧倒的に多いです。決められた納期に仕様を満たした成果物をしっかり納品できるかということ、必要に応じてチームメンバーや上司に報連相が適切にできることなど、ごく当たり前のことですが、こうした常識が身についていることが重要になります。

    プログラマーとしての適性がある

    プログラムを作成する際には、きちんとアルゴリズムを理解して作り上げていくことが必要になります。汎用性の高いプログラミング言語を習得したからといっても、アルゴリズムの考え方が備わっていなければ、プログラムの流れを作ったり設計書を理解することが難しいからです。また基本設計や詳細設計といった上流工程では、プログラム言語の知識よりもプログラムの流れを意識しなければならないので、上流工程を担当することになる場合は必ず身につけておかなければなりません。

    アルゴリズムの考え方はプログラマーとしての適正を図る上でとても重要な要素ですが、動作の一挙手一投足に対する命令と順序を羅列するというごく単純なものです。訓練次第で誰でも身につけることができますが、普段から作業の細分化などを意識していないと穴ボコだらけのプログラムになってしまうでしょう。また、多くのプロジェクトではチームとして動いていくことになるので、きちんと連携が取れるかどうかも見られます。仕様を実現できるからといって好き勝手なものを作ることはできないので、決められた規律を守れるかどうかも適正ポイントの一つになるでしょう。

    選考通過率を上げるためのポイント

    選考のための前提条件を知る

    実務未経験でプログラマーとして就職するには、プログラムに対する知識の量とコーディングのレベルはもとより、年齢も重要になります。選考ではまず未経験を前提とした場合、年齢的には28歳が限度というのが一般的です。28歳を超えてしまうと、新卒採用をした方が育成コストや将来性を含めて優位になってしまうため、転職を考えている場合には28歳までに行動するようにした方がいいでしょう。採用担当者は、プログラマーとして働けるかどうかを見定めようとしているので、この点に重点を置いてスキルや適性を磨くのがポイントになります。

    一緒に働けるか

    チームとして開発をしていくため、ウマが合わない人間よりもコミュニケーションが取りやすい人材の方を採用したいと考えるでしょう。自発的な会話はもちろんのこと、問いかけに対する適切な回答を短く的確に伝えられる能力が高いほど、良い印象を持たれます。

    自発的に学習できる意欲があるか

    未経験で採用されたとしても、一から十までを懇切丁寧に教えるわけには行きません。教育係になった人も開発に関わるメンバーになっていることが多いので、自分の業務時間をなるべく減らしたくないのです。そのため、ある程度教えたら自分で考えながら業務が遂行できる人材が求められます。中にはいきなり業務に携わっていくという現場も少なくないので、極端な話としては一を聞いて十を知るくらいの能力が必要になることもあるでしょう。また、プログラマーとして成長していくためには資格の取得も重要です。国家資格取得に向けて勉強しているという意識を持っていることをアピールすれば、成長意欲が高い人材だという印象を与えられます。

    プログラマーとして働く覚悟があるかどうか

    プログラマーは、時として過酷な労働条件下で働くことを余儀なくされます。納期前の繁忙期には、徹夜を強いられるといったことも珍しくないので、プログラムを作ることに対して好きでいられるかということが大切です。過労死が問題視されるようになってからはある程度の意識改善が見られるようになったものの、プログラマーが働く環境は他の業界と比べても過酷な状況が続いています。それを差し引いてもプログラマーとして働きたいと思う強い意志があることをアピールできれば、好印象をもたれるでしょう。

    なんでもいいので実績を作る

    業務経験がなくとも、実際にプログラムを自分の力で作成した実績があれば、採用率が飛躍的に高まります。未経験だからといっても、自力でプログラムが作れると作れないとでは大きな違いがあるので、就職活動前に手をつけておくべきです。テキストなどを参考にして、まずどのようなプログラムを作るかを設計からやってみると、業務でもその経験が活きてきます。より実用的なものに焦点を当てるのも良いですが、まずは自分で作りたいものを題材にすると、完成まで辿つきやすいでしょう。

    未経験OKのWEBプログラマー求人の探し方

    ある程度求人の条件を絞り込む

    インターネット上から応募できる求人でも、プログラマーの募集は数多くあります。しかし、多種多数ある求人にてあたり次第応募するのではなく、自分に見合った求人を探す必要があるでしょう。未経験可の求人でもかなりの数が該当するので、そこからさらに条件を絞り込んで行くと、採用されやすい求人にたどり着くことができます。

    求人対象となる言語は何か

    求人の応募要項にプログラム言語の扱いについての記述を見つけることができるかと思います。その中で、自分が扱った経験が少しでもあるものを含んでいる求人をピックアップしていきましょう。そのほうが多少なりとも採用に有利に働くので、対象となるプログラム言語をチェックしておくのが良いです。

    勤務地も欠かさずチェック

    勤務地が本社と異なるケースも多いので、勤務対象地が希望勤務地に沿っているかもチェックしておきましょう。そうでないと、思わぬ遠方に行く羽目になることもあるため、本社と勤務先が明記されているところを中心に選んでいくのがポイントです。面接の場でも勤務地について質問するのも良いので、記載がなくても気になる求人であれば候補に入れておいても良いでしょう。

    未経験からでも頑張ろう!

    未経験からプログラマーとして働くためには、それなりの努力と覚悟が求められます。その壁を前にしても諦めずに頑張れるかどうかで、採用が大きく左右されることになるでしょう。プログラマーに必要な知識を少しでも深め、プログラム言語の経験を少しでも積んで行くことで、これから携わる仕事の内容がわかってきます。プログラマーとして仕事をしていく上でも、プログラム作成実績を作ると自身の中でも仕事に対する意識を確認でき、面接の場でも説得力のある回答ができるようになるでしょう。転職を成功させるためには、未経験ながらでも努力ができることをアピールしていけるかどうかが大きな分かれ目です。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE