バナー画像

近年フロントエンドエンジニアの活躍の場が広まってきています。Webサービスを構築する上で必要となる職種で、その業務内容は多岐に渡ります。今回はそんなフロントエンドエンジニアについてご紹介してまいります。

フロントエンドエンジニアとは

「フロントエンド」とは

フロントエンドとは、Webサイトの中で、ユーザーが見る画面を指します。一方、バックエンドはフロントエンドからのデータ入力や指示に基づき、ユーザーから見えないところでデータ処理や保存などを行います。Web制作ではWebサーバー側を指します。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトのフロントエンド開発を担当するポジションです。ディレクションに関わったり、デザインに関わったりすることもあり、広い範囲をカバーすることになります。

近年、プログラミング言語の進化により、Webサイト上で表現できることも増え、ブラウザの多様化やスマホ移行に伴う利用者側の環境にも大きな変化が生じています。この変化の状況下で、従来のコーディングだけでなく、よりWebサイトの利点を高めるという視点が必要であり、深い専門性を持った職種がフロントエンドエンジニアなのです。

「バックエンド」との違い

フロントエンドエンジニアの場合、技術面ではHTML/CSS/JavaScriptの設計力・コーディング力は必須です。加えて、柔軟な対応力や、クライアントとの円滑なコミュニケーション能力も求められます。また、PHPやRubyは基本的にバックエンドでの使用するスキルですが、フロントエンドエンジニアが知っているとバックエンドとの連携がスムーズに行えるため、特にスタートアップやベンチャー企業で重宝される場合が多いです。そのため、できるならば身に付けておくと良いでしょう。

HTMLコーダー・マークアップエンジニアとの違い

コーダーとはWebデザイナーがデザインしたものを、Web上で見られるよう実際に作成する仕事を指します。TMLコーダーになるためには、HTML・CSSを効率的に運用する技術、 ドリームウィーバーを効率的に運用する技術が必須になります。 また、コーディングする際には、 内部SEOを加味したコーディングをする必要があるので、 SEOに関する知識なども身につけておくと良いでしょう。

一般的に言うHTMLコーダーは、デザイナーが仕上げた「絵」をインターネット(Webブラウザ)上で表現するために、HTMLとCSSで「再現する」人のことを指し、いわゆるオペレーターのような位置づけとなります。それに対しフロントエンドエンジニアは、サイトを制作するうえで最適な技術・構造は何かを考え、ときにはデザイナーやディレクターの相談役となり、「やりたいことを実現する」ための技術的なフォローや制作を行います。コーダーのキャリアアップの先としてフロントエンドエンジニアがあります。

フロントエンドエンジニアの仕事内容・役割

フロントエンドエンジニアの仕事は、バックエンドエンジニアが用意してくれたサーバーの上で実際に動くWebサイトを構築することです。HTMLの設計を主に行うマークアップエンジニアに対し、フロントエンドエンジニアはHTMLの他にCSSやJavaScript、PHPのコーディングを行う点が違いです。

ただし、企業によりフロントエンドエンジニアの業務内容が異なることも少なくありません。デザインはすべてWebデザイナーに任せるという企業もあれば、デザインの一部はフロントエンドエンジニアに任せるという企業もあります。

フロントエンドエンジニアの平均給与・年収

一般的には、30代フロントエンドエンジニアの平均年収が400万円と言われています。ディレクター的な役割も担うようになると、40代で年収500万円以上になる、というのが一つの道です。フロントエンドエンジニアの求人情報の中には、年収1200万円というものも存在し、実力次第では年齢やキャリアに関係なく、これくらいの給与も期待できる職業です。

フロントエンドエンジニアはその業務特性から様々な角度からWebコンテンツ制作に関わることになるため、多くの知識やスキルを持っていると高収入になりやすいです。また、デザインもできると収入が上がりやすくなります。

フロントエンドエンジニアに必要な能力・スキル

覚えておくべき言語

フロントエンドエンジニアはHTMLの他にCSSやJavaScript、PHPのコーディングを行います。HTMLだけでは実現できない表現を加えられるJavaScriptを学び、モバイル端末の小さい画面を最大限活かせるUI設計や実装のスキルを身に付けることをおすすめします。

プログラミング以外に必要な能力

デザインについても関心を持つならば、PhotoshopやIllustratorのスキルもあるとベターでしょう。直接デザインに関与しない場合でも、デザイナーと連携する機会があるためです。

フロントエンドエンジニアにおすすめの資格

フロントエンドエンジニアとして働くために、特定の資格は必要ありません。しかし、面接時のアピールにはなりますし、資格取得の過程での学びもあります。資格を取るならサイト制作に必須のHTMLとCSSに関する高い能力があることを証明できる、Webクリエイター能力認定試験の上級資格をゲットするのが望ましいでしょう。Webサイト制作のデザインやコーディングスキルを測定する試験です。また、HTML5プロフェッショナル認定資格もおすすめです。HTML5やCSS3、JavaScriptなどのマークアップに関する知識と技術を評価する試験です。

フロントエンドエンジニアに向いている人・適正

フロントエンドエンジニアはあらゆる職種と協力しながら働きます。なぜならば、フロントエンドに関する豊富な知識と経験を持っているからです。ディレクターからは実現の可否と、もっとよい方法がないかの提案を頻繁に求められ、デザイナーからはデザインを問題なく再現できるかを相談されます。HTMLコーダーには適時フィードバックを求められます。高いコミュニケーション力と問題解決能力が必要な職種なのです。

また、社内のみならずクライアントとやり取りするためのコミュニケーション能力も問われます。更に、日頃からトレンドの技術のキャッチアップも大切です。

フロントエンドエンジニアになるには

基本的にはHTMLやCSS、JavaScriptやPHP、CMSなどの理解は必要となるため、これらの基礎は最低限抑えておく必要はあるでしょう。「現場で使える」最新のWeb技術を学ぶために、Webスクールに通い、スキルアップするのもオススメです。スクールの講師や一緒に学ぶ受講生から刺激を受けながら、なりたい自分に近づいてください。 一方で最近では無料またはそれに近い価格でオンライン上で学ぶことも可能です。ご自身に合うスタイルで学んでみてください。

フロントエンドエンジニアの将来性

Web開発がより高度化、複雑化されるに伴い、フロントエンジニアは、専門のスキルを持つエンジニアとして差別化されるようになり、今後もより需要が高まります。

また、確実にスキルアップした後の皆さんの活躍できるフィールドは、インターネット業界に留まりません。なぜなら、これからはあらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代が到来し、自動車や照明器具、電力を制御するメーター、あるいは農業で使われるセンサーなどもインターネットにつながる時代がきます。ウェアラブル・家電・自動車・AV機器・産業機械など、多岐にわたって影響を及ぼすことができる領域で活躍したいエンジニアの皆さんは、いまこのタイミングで取り組むべきでしょう。

フロントエンドエンジニアの勉強方法

1つはチュートリアルサイトの利用です。チュートリアルサイトは基本的にブラウザのみで完結できるようになっていますので、学習するための環境を構築する手間を省くこともできます。Webサービスを1から制作するためのチュートリアルサイトはたくさんありますので、自分の目的に合ったサービスを利用すると良いでしょう。書籍であれば、1つずつ丁重に解説されていることが多く、より深く内容を理解することができます。スクールも多様化し、安価に通うことも出来ます。カリキュラム終了後の就職対策までセットになっているスクールも多いので、1度相談や見学してみてはいかがでしょうか。

フロントエンドエンジニアの求人の探し方

主な求人内容としては、自社ホームページの作成やLP(ランディングページ)の制作、分析ツールの開発やさまざまなメディアの制作、要件定義・設計から関わる求人内容まで幅広く掲載されています。まだ経験が浅かったり、転職経験が無い方の場合は、専門のエージェントに相談しながら自分に合う環境を探すのがおすすめです。希望する企業でフロントエンドエンジニアがどのような仕事をしているのかを、エージェントと相談しながら事前に調べておくことをおすすめします。

まとめ

フロントエンドエンジニアについてご紹介してまいりました。企業の会社員として働くこともできますし、フリーランスで活躍することもできる柔軟な職種です。今後も引き続き注目を集めるプログラミング言語ですので、ぜひ言語を習得して、お仕事を探してみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。