AWSの使用料はいくら?お得にするコツ・見積もり方法全てを教えます!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.02.18

    AWSの使用料はいくら?お得にするコツ・見積もり方法全てを教えます!

    数あるクラウドサービスを代表するものの一つにAWS(Amazon Web Services)があります。Amazonより提供されているこちらのクラウドコンピューティングは、AIサービス、分析ツール、アプリケーションなど様々なサービスを提供しています。

    こちらの記事ではAWSの料金システム、またお得に使うコツなどを詳しく紹介します。

    AWSの料金体制は3つ

    使った分だけ支払いが発生する従量課金

    AWS環境を利用する時の料金はランニングコスト(AWSを起動している時間と使用量)に比例して課金される従量課金制です。なのでAWSのサービスを利用した時間が直接料金に反映されます。

    そして全てのAWSサービスはオンデマンド(注文対応)で利用でき、長期契約をする必要がありません。またライセンス契約をする必要もありません。

    従量課金制のメリットは料金を使った分だけ支払うことにより、購買業務の手間が解消される点です。これにより開発やシステム構築といった本来の業務に集中することができます。また従量課金制であれば予算を余分に用意する必要がなく、ニーズに応じてその都度対応することができます。

    予約することで節約できるリザーブドインスタンス

    システムによっては、継続して動作させることが決まっている場合もあるでしょう。そんな時、ぜひおすすめしたいのが「リザーブドインスタンス」です。前述の従量課金制と異なり1年間(または3年間)継続する、と契約するのです。すると途中で解約できない代わりに利用料金が安くなります。

    契約期間中、24時間休みなく稼働し続ける必要のあるシステムなら、このリザーブドインスタンスがピッタリです。ちなみに、EC2なら最大75%、RDS(データベース)なら最大69%もの割引があります。

    インスタンスを停止しても課金されたり、適用されるインスタンスのスペックに制約があるので注意が必要です。しかしこれだけのコストメリットがあるなら検討する価値はありますね。

    入札価格によって決まるスポットインスタンス

    最後に、ちょっと変わったAWS独自の料金体制をご紹介します。それは「スポットインスタンス」です。

    インスタンスの詳細(スペックなど)を指定し、インスタンスに対して入札します。入札額がスポット価格(要は市場相場)を上回っている間だけ利用することができるのです。スポット価格は常に変動しており、需要が少なければ安く使えるし、需要が増えてスポット価格が入札価格を上回ると・・・なんと何の予告もなくインスタンスが強制的に停止されます。

    ある程度入札額を高めに設定しておくことによりリスクを回避できますが、それとて完全な方法ではありません。いうまでもなく、絶え間なく稼働し続けることが要求されるシステムには不向きです。技術検証などの一時利用には適しているかもしれませんね。

    AWSの3つの料金体制
    • 使った分だけ支払いが発生する従量課金
    • 予約することで節約できるリザーブドインスタンス
    • 入札価格によって決まるスポットインスタンス

    AWSの見積もり方法はこのサイトを使おう

    AWSの料金の見積もりを簡単にする方法はありませんか?

    インターネット上にAWSの利用料金を計算できるサイトがあります。ここでは2つのサイトを紹介します。

    AWS Simple Monthly Calculator

    AWSの料金を事前に見積もって調べるには「AWS Simple Monthly Calculator」という見積もりツールで調べることができます。

    また実際にビジネスでAWSのサービスを利用する場合、最適なサービスを組み合わせて活用できるように「クラウド推奨構成とお見積もり」という構成例が紹介されています。

    こちらの構成例は企業でのシステム構築・運用で大切な安定性、セキュリティ、拡張性などにフォーカスしたものです。また低コストでウェブサーバーを始める方法や災害対策を考慮した構成例など、様々なAmazonが推奨する構成例を学べます。

    構成例にはウェブサービス、ファイルサーバー、動画配信、SAP環境構築といったユースケースも詳しく紹介されています。

    ざっくりAWS

    上記のページは確かに詳細に見積れます。ですが、何だか難しそうですね。正直言って、もっとざっくりとした金額を簡単に知りたくありませんか?そんな方にご紹介したいのが「ざっくりAWS」です!

    EC2の見積もりをするには、インスタンスの種類(microやlargeなど)、台数、ストレージ、データ転送量だけを入力するだけです。その他RDSやVPCといった主要サービスも見積もり可能です。いずれのサービスの見積もりも、入力項目は最低限のものだけです。

    本格的な利用の検討を前に、文字通りざっくりと金額が知りたい、という方におすすめです。

    AWS利用料金は状況によって大きく変わる

    AWSを利用する時の料金は企業か個人か、また利用するサービスなどによって大きく変わります。ただし利用する予定のサービスや規模がすでに決まっているのであれば、「AWS Simple Monthly Calculator」という見積もりツールで調べることが可能です。

    また「AWS 課金体系と見積もり方法について」からAmazon EC2やAWS LambdaといったAWSの代表的な各サービスの料金一覧ページへと移動できます。利用を検討しているサービスがあるのなら、こちらで事前に調べておくのがおすすめです。

    AWSをお得に使うための3つのコツ

    つづいてAWSをお得に使うコツ3つを詳しく紹介します。

    まずは無料利用枠で体験を

    AWSのサービスには無期限で提供される無料利用枠と、アカウント作成から12ヶ月間の間利用できる無料利用枠があります。

    たとえばサーバーがなくてもコードを実行できるコンピューティングサービス「AWS Lambda」には無期限提供の無料利用枠があります。1ヶ月あたり100万件の無料リクエスト、また1ヶ月あたり最大320万秒のコンピューティング時間が提供されます。

    使えば使うほどお得になる

    AWSにはボリュームディスカウントのサービスがあります。ボリュームディスカウントとは一定量使用してかかった料金が割引になるサービスです。つまり使用量が増えるほどに料金を節約できるのです。

    AWS S3やAWS EC2などのデータ転送のサービスの価格は階層化されており、使用すればするほど料金が安くなるシステムになっています。

    予約すると安く使えるサービスも

    また一部のAWSのサービスの中にはリザーブドインスタンスのサービスがあります。リザーブドインスタンスとは毎月一定量の利用を約束することで料金が割引になるサービスです。Amazon EC2やAmazon RDS といったサービスに適用されています。

    AWSをお得に使うための3つのコツ
    • 無料利用枠で12か月間体験する
    • ボリュームディスカウントのサービスを利用する
    • リザーブドインスタンスを利用する

    リストで記述すると上記のように表示されます。

    AWS利用料金の支払方法は基本的にクレジットカード

    AWSの支払い方法は基本的にクレジットカード決済です。しかし場合によってはAWSへの口座送金、もしくはAWSのパートナー経由でAWSを利用することも可能です。

    AWSの利用料金が高額になると時にはクレジットカードの与信枠を超えてしまうことがあります。そして約月額2,000ドルくらい利用料がかかっている人へはAWSからPDFの請求書が電子送付されます。こちらの請求書が届けばAWS口座へ直接入金ができます。

    またAWSのパートナー経由でAWSを利用したい場合、日本の担当窓口に相談すれば変更することが可能です。

    まとめ

    AWSはサービスによって12ヶ月間無料利用枠があったり、期限のない無料利用枠があったりします。なので使用量が少ない個人であれば料金を最小限に抑えることが可能です。

    今現在AWSの利用を検討している人はこちらの記事で紹介している見積もりツールなどを活用して、使いたいサービスの料金の目安を調べてみてはいかがでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE