バナー画像

本記事では、GitHub Enterpriseを解説します。GitやGitHubを導入したいけどセキュリティ的に不安、自社サーバーに導入したいけど技術的に不安・・・でもGitを導入したい!という方、ぜひ本記事を読んでGitHub Enterpriseも選択肢に含めてください。

Github Enterpriseとは

GitHub Enterprise(GHE)とは何かを一言でいうと、Enterpriseという単語からも分かるとおり、企業の導入に適したGitです。履歴管理やブランチの作成といった基本機能はGitと変わりません。

企業がソースコード管理の仕組みを導入するとき、必ず問題となるのが以下です。

 

 

これらを容易に解消してくれるのが、GitHub Enterpriseなのです!

導入が簡単

GHEの導入はとても簡単です。さまざまなクラウドへの導入が可能なのに加えて、手順も非常にシンプルです。

AWSで導入する場合、CloudFormationのコマンドがすでに用意されているので、そのコマンドを実行するだけでサーバーインスタンスを構築できます。またインスタンスの立ち上げ時にGHEのAMI(Amazon マシンイメージ)を指定することもできます。

本記事の執筆にあたり実際にAWSへ導入したところ、筆者にとって初めての作業にもかかわらず、1時間程度でサーバーインスタンスを立ち上げることができました。

GHEは1つのプロダクトであり、Webサービスではありません。つまり自社サーバーにインストールすることが可能です。冒頭でお伝えしたとおり社外にソースコードという資産を置くのに抵抗がある、または社内規則上できないといった場合、オンプレミス環境へ導入できるメリットは大きいです。

どんな会社が導入しているの?

GHEはサイバーエージェント、LINE、NASA、SAP、PayPal、Greeといった超有名企業でも導入事例があります。

他のAWSサービスとの連携が簡単

そもそも、GHEとAWSはとても相性が良いのです。EBSにはスナップショットでバックアップを取る機能があります。この機能をさらにGHE向けに最適化したバックアップツール「github/backup-utils」があります。このツールとEBS自体のバックアップ機能を併用すると、かなり強固なバックアップシステムが運用できます。

その他CollectdやCloudwatchを利用したメトリクス管理等々、AWSの各種サービスとGHEは連携ができます。

低コスト

ライセンス料は年間2500ドル(10ライセンス)です。ということは1ライセンスあたり月額約2200円(※)となり、決して高くはないことがわかります。ちなみにGitHubのBusinessプランは、1ヶ月あたり21ドル(2310円)です。契約の最低ライセンス数などなどが異なるので単純比較はできませんが、GHEはコスト的に決して高くはないことがわかります。

一度試したい!そういう方向けに、45日のフリートライアルが用意されています。ぜひご利用ください。

(※)1ライセンス年間250ドルとして、1ドル110円で計算すると、250ドル×110円÷12ヶ月=約2200円

万全のセキュリティ体制

GitHubと同等のセキュリティ機能でいえば、GHEも以下のような機能を備えています。

 

 

しかし、GHEのみにできることだってあります。

 

 

LDAP認証をお使いの会社であれば、GHEのアカウントもLDAPで集中管理できるのでメリットが大きいですね。

主な機能

ソース管理としてのGitやGitHubの機能ではなく、ここではGHE特有の機能に注目してみます。

GHE専用のダッシュボード

GHEは管理用ダッシュボードがあり、そこで各種設定ができます。ターミナル画面でコマンドを叩くことなく、GUIで操作できるのはうれしいですね。

ヘルスチェック

導入したサーバーのヘルスチェックが可能です。視覚的にとても見やすい表示なので、見ればすぐにサーバーの状態が分かります。

GHEのアップグレード

GHEには、自動でアップグレードする方法と手動で行う方法の2とおりがあります。自動なら何もしなくともアップグレードされます。手動で行うとしても、サーバーにログインしてコマンドを叩くだけでアップグレード可能です。

その他、GitHubでは実現できないさまざまなことが可能です。詳細はこちらをご覧ください。

料金・支払方法

GitHub社のホームページによると、カードによる支払いを受け付けているようです。1人1ライセンスとして10ライセンスが最低ライセンス数で、それ以下では契約できません。

ところで、どうしても海外の会社にお金を払うのは不安がありますよね。そのような方は、日本のGitHub社代理店に相談してはいかがでしょうか?国内初のGithub社代理店であるマクニカ・ネットワークスでは、支払いだけでなく見積もりや技術的なサポートまで相談を受け付けています。海外の会社とお金のやり取りするのが不安、または英語によるサポートを受けるのに自信がない、そんな方はぜひ相談してみてください。

導入方法

それでは実際に導入してみましょう。各種クラウドやオンプレミス環境へ導入可能ですが、ここではAWSへトライアル版を導入する方法を解説します。

大きく分けて、以下の順で作業を進めます。

AWSのライセンス取得はここでは割愛します。それ以降、順番に解説します。

GHEのトライアルライセンス取得

トライアルライセンスの取得はこちらでできます。

必要事項を入力して、画面下の「Send request」と書かれたボタンをクリックしてください。クリックすると、以下の画面に遷移します。

AWSでのGHEインスタンスの作成方法について書かれています。CloudFormation用のコマンドを使う方法や、サーバー立ち上げ時にAMIを指定する方法が解説されています。本記事ではS3上に保存されているテンプレートファイルを指定する方法を解説します。よって「…or using the AWS console」の4番、「Select Amazon S3 template URL and enter:」にあるURLをコピーしておいてください。

この画面で「Download your license」をクリックし、ライセンスファイルのダウンロードをしておいてください。

サーバーインスタンスの立ち上げ

AWSのダッシュボードを開き、「管理ツール」の「CloudFormation」をクリックしてください。

ここで新たにスタックを作成します。「スタックを作成する」ボタンをクリックしてください。

ここで、S3上に保存されているテンプレートファイルを指定します。「Amazon S3 テンプレートURLの指定」をクリックし、先ほどコピーしておいたURLを貼り付けてください。

あとはスタック名やインスタンスのサイズなどが聞かれますが、基本的には何もせずに次へ進んでください。

「状況」が「CREATE_COMPLETE」に変われば完了です。

サーバーインスタンスへアクセス

AWSのダッシュボードでEC2のインスタンスが起動していることを確認し、そこに表示されているサーバーインスタンスのURLへアクセスしてください。

いよいよGHEのセットアップに入りますが、基本的に迷うことはないでしょう。次へ次へと進めてください。

リポジトリの作成

セットアップが完了すると、以下の見慣れた画面が出てきます。

「Start a project」をクリックして新規にリポジトリを作りましょう。

使い方

あとはGitHubとまったく同じです。リポジトリを作成するとそのURLが表示されるので、クライアントPCでクローンすれば使えるようになります。クローンした後はいつものエディタやIDEで編集し、コミットして、プッシュすればOKです。

まとめ

本記事ではGitHub Enterpriseの概要と導入方法を解説しました。雰囲気は伝わったでしょうか?

実際にやってみると、意外なほどに簡単なことが分かります。GitHubの導入を検討されている方は、事前にぜひトライアルをお試しください!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。