【HTML】基本だけど意外と奥深いwidthについて徹底解説。
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.03.30

    【HTML】基本だけど意外と奥深いwidthについて徹底解説。

    HTML+CSSで幅を指定する際にはWidthでを使いますが、Widthには指定方法が意外にもたくさんあります。

    そこで今回は色々なWidthについて解説してみたいと思います。

    widthの基本

    Widthは要素の横幅を指定する際に使うもので、「ウィズ」もしくは「ワイズ」と読みます。

    CSSでの記述方法は次のようにします。

    数値の場合には単位を付けてください。

    パーセント指定をする場合には親要素の横幅を基準としたパーセンテージとなります。

    表示結果

    上のコードの場合、<p>の親要素である<div>のwidthが500pxですから、<p>のwidthは500pxに対しての50%にあたる250pxとなります。

    パーセント指定でネストした場合

    widthをパーセント指定でネストした場合にはどうなるでしょうか。

    表示結果

    HTML全体で見た場合3階層目にあたる[孫要素]の横幅は、その親要素である[全体から見た子要素]が画面幅に対し25%(50%分の50%)となるため、更にその25%である[全体幅の12.5%]となります。

    このようにパーセント指定でネストすればするほど、横幅は更に小さくなります。

    widthの指定はブロックレベル要素のみ可能

    横幅を指定するためのwidthですが、インライン要素に対しては指定することが出来ません。

    ただし例外として、inline-blockに対しては指定することが出来ます

    これはinline-blockが「インライン要素をブロック要素として扱う」という定義付けられているためです。

    もしどうしてもインライン要素に対して指定したい場合には「display: block」とする必要があります。

    ※display: tableの場合にもwidthを指定することはできます。

    width: autoの意味

    widthには「auto」という指定方法があります。

    これは初期値でもあり、CSSでwidthを指定しない場合にはこのautoが適用されることとなります。

    auto指定された(もしくはwidthを指定しない)場合には親要素の横幅と同等の幅がとられます。

    例えば次のような場合にはbodyが最上位要素となるため、画面幅=autoの幅になります。

    表示結果

    また幅や高さを持たないインライン要素の場合には、テキスト幅がその要素の幅となるため、文字数によってautoの幅も変わってきます。

    ただしいくらテキストが長文でもインライン要素の幅が親要素の幅を超えることはありません。

    幅指定する際の注意

    任意の横幅に指定する際に一つ注意しておかなければならないことがあります。

    それは、「親要素を超える幅を子要素に指定しない」ということです。

    もし親要素を超える幅指定を子要素にしている場合、レイアウトが崩れてしまいます。

    HTML構築の際には必ず「親要素の幅 ≧ 子要素の幅」を厳守するようにしましょう。

    autoとwidth: 100%の違い

    autoの場合にはpadding及びborderが含まれます。

    width: 100%の場合にはpaddingとborderは含まれない幅となります。

    次のコードを見てください。

    表示結果

    上のコードでは<p>タグに「width: 100%」を指定しています。

    ブラウザで確認してみたところ、親要素である<div>の幅及び高さを超えてしまっていることが確認できました。

    このレイアウト崩れに対する最も簡単な対処法は「box-sizeing: border-box」プロパティの指定です。

    今回の場合でいうと、<p>タグに”box-sizeing: border-box”を指定することでキッチリとdiv内に収めることが可能です。

    width: 100%にしないと駄目なケース

    display: inline-blockになっている要素の幅は中身によって変わります。

    inlineと同じくautoが効かないため、inline-block要素を最大幅にしたい場合には「width: 100%」とする必要があります。

    まとめ

    いかがでしたか?

    今回はwidthについて解説してみました。

    初心者の方でも理解できる内容にしたつもりなので、これを見て基本的な部分をマスターしてもらえたら非常にうれしく思います。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE