小学校でプログラミングの授業が必修化になるって本当!?実態と今できる準備を解説!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.10.03

    小学校でプログラミングの授業が必修化になるって本当!?実態と今できる準備を解説!

    2020年に改定される小学校の新しい学習指導要領では、プログラミング学習の必修化の内容が盛り込まれています。本記事では、必修化される「プログラミング教育」の概要や背景、ご家庭で準備できることを解説していきます。

    小学校でのプログラミング授業必修化について

    概要

    文部科学省が定めている学習指導要領が、2020年度に改定を迎えます。小学校の次期学習指導要領では、英語が一つの科目となり、プログラミング教育が必修化される内容となっています。次期学習指導要領の総則の中において「プログラミング教育」は、他の各教科等の学びを支える基盤である能力のうちの「情報活用能力」を育てる重要なものであると位置づけられています。

    このプログラミング教育のねらいは、他の教科と同様に、資質・能力の「三つの柱(①知識及び技能②思考力、判断力、表現力等③学びに向かう力、人間性等)になぞらえて整理されています。まず①では、情報や情報技術を適切に使って問題解決するための技能を学ぶこと、②では論理的な思考(プログラミング的思考)を学ぶこと、③では情報社会に主体的に参加し、情報技術によって人生や社会をよりよくしようとする態度を育むことを狙いとしています。

    ここで注意が必要なのは、プログラミング教育が一つの科目として扱われるわけではなく、各教科の学習の中に関連させて教育する事が求められているということです。例えば算数で正多角形を書くための手順をプログラミング的に考えて描いたり、歴史や社会等の調査のためにインターネットも手段として使う等の授業が挙げられます。

    中でも②は特に重要視されており、これからの学校の教育は、課題に対して自分で答えを導くことを理想とする教育になっていきます。子どもたちの学習は、従来の暗記中心の学習よりも、問題解決のプロセスを理解する学習へと変化が求められています。

    背景

    現時点で実証実験が行われている自動化や遠隔化のようなIT技術は、2020年の子どもたちが大人になった時にはすでに製品化され、生活や仕事の中心に取り込まれているでしょう。そんな中、今後拡大するITニーズに対して国内のIT人材が不足することが懸念されています。

    2017年に経済産業省が発表したデータによると、指導要領改定の2020年には37万人、2030年には79万人もの人材が不足する事が予想されています。この一つの要因として、情報技術やコンピューターサイエンスを学び、それを活かした職業に就こうとする学生が近年減っており、専門の学校自体も減ってきていることが挙げられます。

    このことから、今もこれからも国内での「IT力」の育成が必須であり、これから成長していく子どもに、情報や情報技術、情報サービスによって社会を良くする考えを根付かせようとしている背景があります。

    現在の問題・課題点は?

    必修化にあたって最も問題となるのは、指導者と時間の確保です。言語そのものを教えるわけではないため、教員のプログラミング経験の有無はそれほどハードルにはならないと考えられますが、プログラミング的思考や情報の取捨選択等を教材や授業の題材として取り入れ、意識して教えられるようになるには、教員自体の教育や外部からの教員の確保が必要になります。

    また、次期指導要領では英語が一つの科目として必修化されます。日々の業務で時間を取るのが難しい中、授業の準備や勉強などで負担が増えることになります。指導要領以外でも、全国で成功した取り組み例や教材を共有する仕組みを作るなどして、少しでも教師の負担を減らすためのサポートが必要になってくるでしょう。

    必修化に向けて親が子供にできること

    それではここで、プログラミング教育必修化に向けて、大人が子どもにできることは何でしょうか。

    前述したように、プログラミング教育の主な狙いはプログラミング的思考を学ぶ事です。プログラミング言語の文法を教えたり、特定の言語でコーディングすることは必要ではありません。そのため、親のプログラミング経験に関係なく、子どもたちにプログラミング教育をすることができます。ここでは、家庭で出来る「ビジュアルプログラミング」と「コンピューターを使わないプログラミング」について紹介します。

    ビジュアルプログラミング

    先に紹介した正三角形を描画するための手順等を再現するため、小学校の教育現場では「ビジュアルプログラミング」ソフトウェアがよく使われます。ビジュアルプログラミングソフトとは、ブロックを積み重ねるようにして命令や分岐を組み合わせていくことで、視覚的にプログラミングができるソフトウェアです。視覚的に操作できるため、プログラミングに触れたことの無い親でも子どもと一緒に考えながら学ぶことが出来ます。

    中でも多く使われているのが、MITメディアラボによって開発されたScratchというソフトで、キャラクターを動かしたり音を出したりという命令が視覚的に出来るのが特徴です。お手持ちのPCにわざわざインストールする必要はなく、ブラウザがあれば使い始めることが出来るため手軽でお勧めです。推奨年齢は8歳~16歳となっておりますが、園児から8歳までの場合はScratchJrというandroid/iOS対応のアプリがあります。

    コンピューターを使わないプログラミング

    ビジュアルプログラミングのソフトを使用しなくても、普段の生活の中でプログラミング的思考を取り入れることが出来ます。コンピューターを使わないプログラミングとしてよく教育の現場で使われるのが、手順をフローチャートにする事です。

    例えばレシピの手順やある場面での人の行動をフローチャートで表現する事で、目標を達成するまでの手順を論理的に解析し、順序だてて考えることが出来るようになります。例えばレストランで注文してから食べ物が食べられるまで等、生活の中で見られる一つの題材に対して、紙とペンを持って親子で考えてみるのも良いでしょう。親は準備として、フローチャートで使う最低限の部品とルールを整理して覚えておけば問題ありません。

    また、フローチャートを書いている間は、答えを教えるのではなく、お子さんが自分で答えを導き出すのを手助けすることが大切です。もし一度組み立てた手順の中でもっと効率的に出来る箇所があれば、そのヒントを与えてあげるようにしましょう。

    必修化に向けて準備を始めよう!

    2020年に必修化されるプログラミング教育は科目課されるのではなく、全ての科目の中で取り入れられるものです。プログラミング教育では、あらゆる問題を論理的な思考(プログラミング的思考)で解決していくための技能や考え方を身に付けることを主なねらいとしています。プログラミング言語の文法を学んだり、特定の言語でコーディングすることは重要ではありません。

    必修化に向けて親が子供にできることは、課題や問題に対して自分で答えを導き出せるよう手助けしてあげることです。大人にプログラミングの経験が無くとも、一緒に学習していく位の気持ちで問題ありません。2020年に向けて、今からでも準備を始めましょう!


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE