これで完璧!AWSへのログイン方法を解説します
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.03.17

    これで完璧!AWSへのログイン方法を解説します

    AWSにログインする方法

    AmazonWebServiceにログインする方法は、大きく分けて2つ方法があります。1つは、AWSアカウントを作成した時のルートアカウントでログインする方法。もう1つは、IAMアカウントでログインする方法です。

    IAMユーザーがAWSにログインする方法

    ルート・ユーザーでログインすると、全てのリソースへアクセス可能になってしまいます。不慣れな使用者などがルート・ユーザーでログインすると、関係のないサービスを起動したり、既に起動中のリソースを停止してしまったりなどのミスを起こす可能性が高くなり、場合によっては、多大な損害を及ぼしてしまうことになりかねません。このような誤った作業によるミスを減らすために権限を制限したアカウントでログインするようにします。この権限を制限したユーザーをAWSではIAM(Identity and Access Management)ユーザーと呼びます。

    1)コンソールへログイン

    IAMアカウントでログインするためには、この画面の右上にある「コンソールへログイン」ボタンを押します。IAMユーザーには、管理者がIAMユーザーを作成した時に発行されるアカウントIDという12桁の数字。もしくは、そのエイリアス識別文字も必要になりますので、予め管理者から聞いておきましょう。

    2)IAMアカウント情報の入力

    続けてユーザー名とパスワードの入力画面に遷移しますので、それぞれを入力しサインインボタンをクリックします。一番上にあるアカウントの箇所には、1)で入力したものが自動的に入っているので、再度入力する必要はありません。

    ルートユーザーがAWSにログイン方法

    ルートユーザーでのログイン方法も、IAMユーザーでのログイン方法と、ほとんど同じです。

    1)コンソールへログイン

    この画面の右上にある「コンソールへログイン」ボタンを押します。

    2)ルートユーザーアカウントの入力

    ログインフォームが表示されるので、AWSのアカウント(メールアドレス)を入力し、「次へ」ボタンを押します。

    3)ルートユーザーアカウント・パスワードの入力

    すると、続けてパスワードを入力する画面に遷移しますので、パスワードを入力します。

    まとめ

    AWSに限らずルート権限でログインすると、全ての権限を保持するため、ミスを起こしやすくなります。そのような事を避けるために、作業に必要な権限のみが与えられたIAMユーザーを作成するようにしましょう。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE