バナー画像

Amazon efsについてまとめています。

Amazon EFSは、EC2 用フルマネージド型ファイルシステム

Amazon EFSは、サーバーレスで、伸縮自在なファイルシステムです。管理やプロビジョニングが不要で、ファイルの追加や削除に応じ、自動的に伸縮するんですね。

関連)Amazon EFS(EC2 用フルマネージド型ファイルシステム)| AWS

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、プロビジョニングや管理不要で使えるクラウドストレージです。AWS クラウドサービスやオンプレミスリソースで使えます。拡張は、オンデマンドでペタバイトまで拡張可能。拡張時に、アプリケーションを中断することをはありません。

Amazon EFS は、ホームディレクトリからビジネスアプリケーションまで、幅広く利用可能。コンテナ化されたサーバーレスアプリケーションのストレージ、ビッグデータの分析、ウェブサービスとコンテンツ管理、アプリケーションの開発とテスト、メディアとエンターテインメントワークフロー、データベースのバックアップなどに使われています。

Amazon EFS の特徴

Amazon EFSは、LinuxシステムにNFS共有できるファイルシステムストレージを提供するフルマネージド型サービス。Amazon EFSを利用する際に、ファイルサーバーやストレージの管理、ハードウェアの更新、ソフトウェアの設定、バックアップの実行は不要。全てAWS側でやってくれるんですね。ファイルシステムは、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、AWS SDKから、数秒で作成できます。

 

関連)Amazon EFS(AWSマネジメントコンソール)

【関連記事】
AWSを集中管理したい!AWS マネジメントコンソールを使いこなそう!

Amazon EFS は、また 99.999999999% (イレブンナイン) の高可用性を実現するよう、設計されています。Amazon EFS ファイルシステムオブジェクト (ディレクトリ、ファイル、リンク) は、複数のアベイラビリティーゾーンに冗長的に保存されます。Amazon EFSでは、冗長化した情報が失われたことを素早く検出・修復することでデバイスが複数同時に障害を発生することを防ぐようになっているんですね。

Amazon EFSは、ストレージクラスの選択とライフサイクル管理が可能です。Amazon EFS では、頻繁にアクセスされるファイルとされないファイルの扱いを変えることで、コストとパフォーマンスを最適化できます。Amazon EFSには、EFS スタンダード ストレージクラスと Standard-IA ストレージクラスがあります。EFS スタンダード ストレージクラスは、頻繁にアクセスされるファイルに使用されます。Standard-IA ストレージクラスは、アクセス頻度が低いファイルに使用されます。Standard-IA ストレージクラスの方がコストが安いので、使わないファイルはStandard-IA ストレージクラスを使うことで、コストの節約ができるんですね。

といっても、ファイルをひとつひとつ指定するような手間は不要です。単純にファイルシステムで EFS ライフサイクル管理を有効にし、有効期限ポリシーを選択 (7、14、30、60、または 90 日間) するだけでOKです。アクセス頻度に従って、ファイルはEFS スタンダード ストレージクラスと Standard-IA ストレージクラスを自動的に移動します。結果、ストレージコストが最大92%削減できます。

アプリケーションの作りにもよりますが、アーカイブデータなど、アクセス頻度の低いデータが多いケースでは特に有効です。

Amazon EFSは、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) セキュリティグループルールで、ファイルへのネットワークアクセスを制御できます。AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーと EFS アクセスポイントにより、ファイルシステムへのアプリケーションのアクセス制御が可能になります。

Amazon EFSでは、パフォーマンスモードとスループットモードを選択できます。パフォーマンスモードには汎用モードと最大I/Oモードがあり、最大I/Oモードは高度に並列化されたアプリケーションでパフォーマンスを発揮します。

また、スループットモードとして、バーストとプロビジョニングを選ぶことができます。デフォルトのバーストモードは、ファイルシステムのサイズに合わせてスケールされるため、ファイルシステム全体のスループットが予測できない場合に最適。プロビジョニングモードは、サイズを最初から固定する代わりにバーストモードより高いスループットを発揮します。

Amazon EFS では、ファイルと転送中のデータを暗号化します。格納データは AWS Key Management Service (KMS) で管理される暗号化キーで、暗号化されるので、キー管理の仕組みを構築する必要はありません。転送データの暗号化にはTLSを使い、アプリケーションを変更することなく、ネットワークトラフィックをセキュアに保ちます。

Amazon EFSには、データの同期とバックアップ、ファイル転送の仕組みが用意されています。AWS DataSyncでデータの同期、AWS Backupでバックアップ、AWS Transfer Familyでファイル転送をおこないます。

AWS DataSync は、オンプレミスストレージと Amazon EFS間でデータの転送をおこないます。1回のみのデータ移行にも、定期的なデータの同期にも利用可能です。AWS Backupは、Amazon EFS ファイルシステムの管理とバックアップが自動化できるサービス。バックアップスケジューリングの自動化、保持ポリシー設定、バックアップアクティビティのモニタリングが可能です。AWS Transfer Familyを使うと、Amazon EFS にSecure File Transfer Protocol (SFTP)、File Transfer Protocol over SSL (FTPS)、File Transfer Protocol (FTP) で、ファイル転送をおこなうことができます。

Amazon EFSの料金

Amazon EFSには、最低料金やセットアップ料金はかかりません。料金は、使用するストレージ、低頻度アクセスストレージクラスに保存されているデータへの読み取りおよび書き込みアクセス、およびプロビジョニングされたスループットに対してのみ発生します。

料金はリージョンごとに異なります。

関連)料金 – Amazon EFS | AWS

1ゾーン= Standard-IA ストレージクラス、標準=EFS スタンダード ストレージクラスです。Standard-IA ストレージクラスは、EFS スタンダード ストレージクラスの約半額となっています。

Amazon EFSには、無料枠があり、無料での試用が可能です。EFS標準ストレージクラスの5GBのストレージが12ヶ月提供されます。

Amazon EFSのまとめ

ポテパンダの一言メモ
ポテパンダの一言メモ

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。