バナー画像

AWS(Amazon Web Service)のEC2の料金についてまとめています。

AWSのEC2料金方式は4種類 予約や先払いで割引あり

Amazon EC2の利用方式には4種類があります。

関連)料金 – Amazon EC2 | AWS

オンデマンドインスタンスは、実行インスタンスに応じて、時間あたりの料金が発生する従量制です。契約期間の縛りや前払いは不要で、アプリの需要に応じて計算能力のスペックを自在に増減できます。支払いは、指定された時間料金の支払いのみとなります。

一定以上の利用が見込まれる場合はオンデマンドは割高になります。1年以上の利用を予定している場合は、Saving Planを検討しましょう。

オンデマンドインスタンスは、以下のような場合にお奨め。

スポットインスタンスは、オンデマンド価格から最大 90% 割引で使用されていない EC2をリクエストできます。AWSで余剰のEC2インスタンスを安く使えるんですね。スポットインスタンスの価格は、ユーザからの入札価格で価格が変動します。リクエストが多いとインスタンスの実行が途中で停止する可能性もあるため、メインではなく補助的なインスタンスとして使うのが良いでしょう。

スポットインスタンスは、以下のような場合にお奨め。

Savings Plansは、長期契約を結ぶ代わりに使用料金が割引されるプランです。具体的には、1年~3年で一定のコンピューティング使用量を契約します。その代わり、EC2、Fargate利用料金が安くなる価格モデルです。全額前払い、一部前払い、前払いなしの支払いが可能です。全額前払いを選ぶと、料金が安くなります。

例えば、a1.medium の Linuxインスタンスを1つ利用する場合、オンデマンドだと毎月の支払いが18.67ドルで1年間だと224.04ドルなのに対し、1年間前払いだと131ドルになります。オンデマンドに比べて1年前払いの方がコストを約58%に抑えられる計算になります。

ある程度の運用実績があり、将来使用するコンピュート容量が予測できる場合に有効です。

Dedicated Hostsは、ユーザ専用の物理 EC2 サーバーです。Dedicated Hostsを使用すると、物理サーバー限定のソフトウェアライセンス (Windows Server、SQL Server、SUSE Linux Enterprise Server など) を使用できるので、ソフトウェアライセンスコストの削減に役立ちます。

Dedicated Hostsは、オンデマンド (時間単位) で購入可能。予約購入することで、オンデマンド価格から最大 70% 割引となります。オンデマンドでの長期利用は高くなりすぎるので、予約購入&先払いで割引価格で利用するのが良いでしょう。

例えば、i3タイプのDedicated Hostをオンデマンド使用すると、月の料金は4,421.37ドルになります。AWSサポート(ビジネス)が含まれます。

Amazon EC2の使用時間の請求の注意点

Linux、Windows、SQL Server、Ubuntu で起動したインスタンスは、1秒毎に料金が請求されます。他のタイプのインスタンスは、1時間以下のインスタンス時間は1時間とみなして請求されます。そのため、例えば1秒だけ実行したインスタンスが1時間利用したとみなされるんですね。新しいインスタンスが起動され、インスタンスが実行中状態になるたびに、最低 1 時間の料金が請求されます。

関連)Amazon EC2 インスタンスの使用時間の請求について理解する

インスタンスが秒単位で請求される場合は、最低時間が設定されていて、インスタンスを起動して実行中の状態になるたび、最低 60 秒の請求が発生します。再起動中も「実行中」として時間料金がカウントされます。その他の状態のインスタンスに対しては課金されません。

AWS公式見積りツール

AWS公式見積りツールを使って、EC2インスタンスの数やスペック(タイプ)、データ転送量、料金オプションを選ぶと、毎月の支払いの見積もりが可能です。EC2以外のAWSサービスに対しても料金見積もりができます。

関連)Amazon Web Services Simple Monthly Calculator(AWS公式の見積もりツール)

具体的に月の支払いはいくらになるのかを知りたいときに便利です。

公式のツールではありませんが、日本円でEC2やその他のAWSの料金を知りたいときに便利です。公式の見積もりツールよりも入力項目が簡略化されていて、素早く概算を出したいときに使えそうですね。

関連)EC2の料金を日本円でざっくり計算 | ざっくりAWS

AWSのEC2料金 無料枠

AWSの初回利用時にはEC2を一定期間、規定のコンピュート時間まで無料で使用可能な「無料枠」が設定されています。

関連)AWS クラウド無料利用枠 | AWS

EC2の無料利用枠は、12 か月間無料。Amazon EC2を750 時間/月まで利用可能です。なお、無料枠で使用可能なインスタンスは決められており、Linux系とWindows系の以下の2つとなっています。

よくある質問に「無料利用枠を使用していますが、請求がきました。なぜですか?」とありました。

関連)無料利用枠に関するよくある質問

可能性としては、無料利用枠対象外のAWSサービスの料金が使用されたか、EC2を使用時に「t2.micro または t3.micro インスタンス」以外を使用した可能性があるというんですね。例えば、Amazon EC2 t2.small インスタンスを実行すると課金されますし、無料枠対象外のAmazon Auroraなどのサービスを利用しても課金されます。

【関連記事】
AWS AuroraはマルチAZ構成が可能な高速DBエンジン MySQL、PostgreSQL互換

AWSの使用状況を確認するには、AWSアカウントにログインし、Billing & Cost Management ダッシュボードを確認しましょう。

AWS EC2料金のまとめ

ポテパンダの一言メモ
  • AWS EC2料金は、オンデマンド、スポット、Saving Plan、Dedicated Hostの4タイプで異なる
  • AWS EC2の料金見積もりは、AWS公式見積りツールを使って計算が可能
  • AWS EC2にはAWS初回12ヶ月間無料枠があり、指定のインスタンスに限り月750時間無料使用が可能

 

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。