バナー画像

AWSのCLI(コマンドラインインタフェース)のインストールについてまとめています。

AWSのCLIインストール方法

AWS CLIにはバージョン1とバージョン2があります。当記事では最新のバージョン2のインストール方法を解説します。

AWS CLIバージョン2は、Linux、macOS、Windowsにインストールが可能。Dockerイメージでの実行も可能です。以下、Linux(64ビット、Ubuntu 20.04)でのインストール手順です。

関連)AWS CLI バージョン 2 のインストール、更新、アンインストール – AWS Command Line Interface

コマンドラインから、curlコマンドで最新のcliインストーラー(zip形式)をダウンロードします。

$  curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--       4 42.1M    4 1963k    0     0  2138k      0  0:00:20 --:--:--  0:00:20 2136 11 42.1M   11 4853k    0     0  2532k      0  0:00:17  0:00:01  0:00:16 2531 17 42.1M   17 7548k    0     0  2590k      0  0:00:16  0:00:02  0:00:14 2589 23 42.1M   23 10.0M    0     0  2639k      0  0:00:16  0:00:03  0:00:13 2638 30 42.1M   30 12.8M    0     0  2679k      0  0:00:16  0:00:04  0:00:12 2679
 :
 :

unzipコマンドで、ダウンロードしたファイルを展開します。

$ unzip awscliv2.zip
Archive:  awscliv2.zip
   creating: aws/
   creating: aws/dist/
  inflating: aws/README.md
  inflating: aws/THIRD_PARTY_LICENSES
  inflating: aws/install
   creating: aws/dist/_struct/
   creating: aws/dist/awscli/
 :
 :

以下のコマンドで、AWS CLIをインストールします。オプションに–updateを指定すると最新のバージョンに上書き更新します。

$ ./aws/install -i /usr/local/aws-cli -b /usr/local/bin
Found preexisting AWS CLI installation: /usr/local/aws-cli/v2/current. Please rerun install script with --update flag.
$ ./aws/install -i /usr/local/aws-cli -b /usr/local/bin --update
Found same AWS CLI version: /usr/local/aws-cli/v2/2.2.31. Skipping install.

AWS CLIのバージョン2.2.31がインストールされました。実際のコマンドは「/user/local/bin/aws」になります。whichコマンドでコマンド実行パスが通っているかどうか確認し、aws –versionでバージョン確認をおこないました。

$ which aws
/usr/local/bin/aws
$ aws --version
aws-cli/2.2.31 Python/3.8.8 Linux/5.4.72-microsoft-standard-WSL2 exe/x86_64.ubuntu.20 prompt/off

AWS CLIの環境設定

これでいったんAWS CLIのインストールは完了ですが、このままでは使用できません。環境設定を行いましょう。

aws configureを実行して、AWSアクセスキー、シークレットアクセスキー、デフォルトリージョン名、デフォルト出力形式を指定します。

$ aws configure
AWS Access Key ID [****************]:
AWS Secret Access Key [****************]:
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: text

AWSアクセスキーとシークレットアクセスキーは、AWSマネジメントコンソールにて生成できます。

AWSログイン後、画面右上の「マイセキュリティ資格情報」をクリックします。

「アクセスキー (アクセスキー ID とシークレットアクセスキー)」で「新しいアクセスキーの作成」ボタンをクリックするとアクセスキーが作成できます。なお、過去にアクセスキーを作成していて、2個アクセスキーが表示されている場合、以前のアクセスキーを無効化しないと新規作成ができません。新しいアクセスキーを作成すると古いアクセスキーは使えなくなります。

シークレットアクセスキーは、作成時にのみ表示されるので「キーファイルのダウンロード」をクリックして保管しておくか、表示されたシークレットアクセスキーをコピーして保存しておきましょう。シークレットアクセスキーがあれば、AWSでインスタンスを勝手に立ち上げることもできてしまうので、漏洩しないように保管しましょう。

さらに、デフォルトリージョン名とデフォルトの出力形式の指定が必要です。今回はデフォルトリージョン名をap-northeast-1(東京)、デフォルト出力形式をtextとしました。

指定できる値は、以下を参考にしてください。

参考)設定の基本 – AWS Command Line Interface

AWS CLIの疎通確認

AWS CLIバージョン2には、便利なコマンドの補完機能があります。aws –cli-auto-promptと実行すると、補完モードになります。膨大なAWSのコマンドを覚えていなくても一覧から選択していくだけでコマンドやオプション指定ができるんですね。

なお、この保管機能はバージョン1にはないので、この機能を使うためだけにバージョン1→バージョン2に変更するだけでも価値があると思います。

$ aws --cli-auto-prompt
> aws
       accessanalyzer                   Access Analyzer
       acm                              AWS Certificate Manager
       acm-pca                          AWS Certificate Manager Private Certificate Authority
       alexaforbusiness                 Alexa For Business
       amp                              Amazon Prometheus Service
       amplify                          AWS Amplify
       amplifybackend                   AmplifyBackend
       apigateway                       Amazon API Gateway
       apigatewaymanagementapi          AmazonApiGatewayManagementApi

選択肢はカーソルキーの上下で移動、Enterキーで選択になります。アルファベットを一文字入力するとその文字で始まるコマンドまたはオプションのみが表示されます。

$ aws --cli-auto-prompt
> aws ec2 attach-vpn-gateway --color
 --profile                    [string] Use a specific profile from your credential file. 
 --no-sign-request            [boolean] Do not sign requests.  Credentials will not be loaded if this argument is p...
 --ca-bundle                  [string] The CA certificate bundle to use when verifying SSL certificates. Overrides ...
 --cli-read-timeout           [int] The maximum socket read time in seconds. If the value is set to 0, the socket r...

 

以下のコマンドを実行して、IAMユーザ情報を確認します。

> aws iam list-users
USERS   arn:aws:iam::…

ユーザ名が表示されれば、ローカル環境にインストールしたAWS CLIとAWSの疎通が確認できたことになります。

【関連記事】
AWSのIAMは、AWSサービスとリソースへのアクセス管理とアクセス分析が可能

AWS CLIインストール方法のまとめ

ポテパンダの一言メモ
  • AWS CLIは、Linux、Windows、macOS、Dockerでのインストールが可能。
  • AWS CLIを使えるようにするには、aws configureでアクセスキー情報を登録する
  • AWS CLIを更新するには、./aws/installコマンドに–updateオプションをつけて実行する

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。