プログラミング専門学校選びのポイントとメリット・デメリット
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2019.01.22

    プログラミング専門学校選びのポイントとメリット・デメリット

    もし、プログラミングに興味があるものの、一度もプログラミングなんてやったことがない、という方は、プログラミング専門学校で学んでみてはいかがでしょうか。

    最近は、プログラミングを学べるWebサイトがたくさんあり、社会人にはプログラミングスクールも人気です。しかし、プログラミングの基礎から学べて、さらにいっしょに学ぶ仲間が作れるのがプログラミング専門学校のメリットです。しかし、デメリットもあるので、誰にとってもおすすめできる訳ではありません。

    そこで今回は、プログラミング専門学校のメリットとデメリットについて、また、学校の選び方やおすすめの専門学校についてご紹介します。

    プログラミング専門学校のメリット・デメリット

    今プログラマーを目指すなら、プログラミングのスキルを学ぶ方法は幾つもあります。そして、全く知らない状態からプログラミングの基礎を学ぶ方におすすめしたいのが、プログラミング専門学校です。

    しかし、プログラミング専門学校にはメリットとデメリットとがあります。わざわざ費用と時間をかけて学ぶ訳ですから、メリットを活かしましょう。また、後で後悔することのないように、デメリットがあることも理解しなければなりません。

    そこで次から、プログラミング専門学校のメリットとデメリットを紹介します。

    メリット

    プログラミング専門学校のメリットは、プログラミングに必要なITの基礎知識が学べて、さらにプログラミングのやり方を基礎から時間をかけてじっくりと学べる点です。そのため、一度もプログラムを見たことがない方でも、卒業するころには一人でプログラムを書けるスキルが身に付きます。

    また、高校を卒業したばかりの方にとっては、これまでと同じように、教室で勉強するスタイルで学べる点もメリットです。

    なお、プログラミングを学ぶには、長い期間に渡って勉強しなければなりません。その間、モチベーションを維持するのは大変です。しかし、いっしょに学ぶ仲間がいれば、長い期間でも学び続けられます。このように、いっしょに学ぶ仲間を作れるのもプログラミング専門学校のメリットです。

    デメリット

    しかし、プログラミング専門学校でプログラムを学ぶにはデメリットもあります。

    先ほど、プログラミング専門学校は、始めてプログラムを学ぶ方に向いていると書きましたが、これは、プログラムを知っている方にとっては簡単すぎることを意味します。また、プログラムを習得できるとしてもすぐに仕事で使える実践的なレベルとは言えません。もし、多少でもプログラムを組んだ経験があり、すぐにプロとして働けるスキルを習得したかったら、プログラミングスクールを検討してください。

    また、大企業でITエンジニアとして働きたいと考えている方は、プログラミング専門学校はおすすめできません。それは、大企業は名門大学を卒業する学生を優先してエンジニアとして採用する傾向があるからです。

    なお、プログラマーは学歴に関係なく働けますが、大企業の正社員として働くなら、プログラミング専門学校ではなく、情報系の大学に入学することを考えてください。

    専門学校を選ぶ時のポイント

    特に東京周辺には多くの専門学校がありますが、どこでも同じではありません。専門学校のそれぞれに特徴があり、企業の協力により実践的なプログラミングスキルが習得できる学校があれば、情報処理資格の取得に熱心な学校もあります。

    そのような多くの専門学校の中なら選ぶポイントは、実習時間の配分です。専門学校のコースによっては資格を取得しないとできない仕事もありますが、プログラミングの仕事に資格は必要ありません。そして、IT系の国家資格は、持っていても評価されないこともあります。

    そのため、プログラミング専門学校を選ぶ際には、実習時間に注目しましょう。座学の勉強よりも、実習時間が多い学校が良い学校です。

    なお、多くのプログラミング専門学校では、就職率の高さを宣伝していますが、IT業界が人手不足の現状では、それは選ぶポイントにはなりません。実習の時間と、その実習でやれることを比較してみてください。

    卒業後の就職状況・就職先

    人手不足のIT業界では、プログラミングのスキルと経験の両方を持つエンジニアを求めています。そして、プログラミング専門学校を卒業した方は、将来スキルアップして戦力になってくれるプログラマーとして、多くの企業に採用されています。そのため、プログラミング専門学校を卒業した方は、ほぼ100%が就職できると考えてよいでしょう。

    そして、プログラミング専門学校を卒業した方の就職先は、ソフトウェアの受託開発をやっているIT企業やWeb上でサービスを作っているベンチャー企業など、プログラマーを求めている会社です。

    ただし、大企業などは大学卒業以上といった制限を設けている場合もあります。その場合は、プログラミング専門学校を卒業した方はエントリーできないので注意してください。

    おすすめのプログラミング専門学校

    次から、東京、大阪、名古屋などのおすすめのプログラミング専門学校を紹介します。

    東京のプログラミング専門学校:日本工学院

    日本工学院は、東京都内でも学生数の多いマンモス専門学校として知られています。そして、プログラミング専門学校としては、講師の解説を聞くだけの座学だけではなく、実習を重視している専門学校です。

    また、2014年に「職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する」ことを目的に「職業実践専門課程」を創設しています。この専門課程は、企業と連携して演習や実習などの授業を実施するコースであり、実践的なプログラミングが学べたり、企業で働いているプロから学ぶチャンスもあります。

    また、日本工学院の八王子キャンパスは、東京ドーム8個分もの広さがあり、実習施設の他にスポーツ施設や福利厚生施設なども充実している点もおすすめしたい点です。

    大阪のプログラミング専門学校:ECCコンピュータ専門学校

    ECCコンピュータ専門学校は、阪急梅田駅の近くにある、CGやゲームなどのクリエイター育成やITエンジニアの育成に特徴がある専門学校です。大阪の中心部にあるプログラミング専門学校と言えるでしょう。

    この学校では、特に企業との連携に熱心であり、1年間の企業連携数は210社以上もあります。こういった連携を通じて、現役のプログラマーによる指導を受けられたり、そういった企業にスカウトされる方もいます。

    また、少人数によるレベル別授業が行われており、自分の学習ペースで授業を受けられるのもメリットです。そして、プログラミングの習得には、詳しい人の助言が欠かせません。少人数による授業なら、きめ細かく指導を通じて自分のスキルを伸ばせます。

    名古屋のプログラミング専門学校:名古屋工学院専門学校

    名古屋工学院専門学校は、60年の歴史があり、中部地区最大規模のキャンパスに実践的な技術を身に着けるための機材や施設が揃っている専門学校です。なお、プログラミング専門学校というよりも、グラフィックや映像、ゲームなどのデザイン学課を含む、工学系の総合専門学校と言える学校です。

    また、実験や実習による実践的な教育が特徴であり、エンジニアとして活躍している卒業生も多く、地元の企業からの信頼が厚い点もおすすめしたい点です。

    さらに、教員は元プロのエンジニアが何人もおり、学生約20名を1人の専任教職員が担当して、しっかりと学習をサポートしてくれます。

    福岡のプログラミング専門学校:KCS福岡情報専門学校

    KCS福岡情報専門学校は、福岡市の中心部にある九州最大の専門学校です。

    IT企業の多くが東京や大阪に集中しており、プログラマーとして働くなら大都市に行かなければなりませんでした。しかし、最近は、成長著しいアジア諸国に近い福岡が、IT企業が集まる都市として注目されています。

    このようにIT企業が集まる福岡で、就職に有利なプログラミング専門学校がKCS福岡情報専門学校です。ぜひ、九州でプログラマーとして活躍したいと考えているのなら、こちらの専門学校を検討してください。

    神奈川のプログラミング専門学校:情報科学専門学校

    情報科学専門学校は、横浜駅から徒歩1分の場所にあるアクセスに便利なプログラミング専門学校です。

    そして、この学校の特徴は、実際に自分の手を動かして学ぶ実習スタイルを重視している点です。しかし、実習ばかりではなく、ロジカルライティングやプレゼンテーション技法など、就職してからも役立つスキルが習得できるカリキュラムが組まれています。

    さらに、将来なりたい職業に合わせて専門の授業が選べたり、同じ目標を共有できる仲間が作れるゼミの制度があったりと、学生の学びをサポートする制度がたくさんある点もこの学校の特徴です。

    夜間のプログラミング専門学校:日本電子専門学校

    最近はITエンジニアの不足が深刻化しており、転職すると高い給料が期待できる職業となっています。そのためプログラマーを目指す社会人や大学生も増えています。

    そして、プログラミング専門学校の中には、そういった夜にプログラミングを学びたい方を対象にしたコースを設定している学校もあります。そして、その一つが、東京にある日本電子専門学校です。

    日本電子専門学校の校舎は、新宿や大久保周辺に集中しており、いずれもJRや地下鉄の駅に近いアクセスの良さもおすすめしたい点です。

    社会人向けのプログラミング専門学校

    仕事を辞めてプログラミング専門学校でスキルを学んでプロとして活躍したいと考えている社会人の方もおられるでしょう。しかし、そういった方には、プログラミング専門学校ではなく、プログラミングスクールをおすすめします。

    プログラミングスクールは、基礎学習を省略してプログラムの実習から始まるので、全くの初心者の方にとってはハードルが高いかもしれません。しかし、短期間で実践的なスキルを学習できます。基礎はできているので、プロとして仕事ができるスキルを望んでいる方は、プログラミングスクールを検討してください。

    プログラミング専門学校を活用しよう

    プログラミングを学ぶ方法は幾つもあり、それぞれメリットとデメリットがあります。そして、そういった幾つもあるやり方の中から、自分にとってメリットの多いやり方を始めるのが、効率的なプログラミングを学び方です。

    プログラミング専門学校は、ゼロからプログラミングの勉強を始める方にとっては、基礎から丁寧に教えてもらえて、実習のサポートが充実しているなど、メリットがたくさんあります。さらに、いっしょに学ぶ仲間がいる点も大きなメリットと言えるでしょう。

    今、多くの企業でITエンジニアが不足しており、プログラミング専門学校で基礎をしっかり学んだエンジニアへの需要が高まっています。プログラミング専門学校のメリットを活用し、エンジニアとしてのキャリアのスタートされてはいかがでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE