プログラミングは難しい?よくわからないと感じる理由と対処法について
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.12.10

    プログラミングは難しい?よくわからないと感じる理由と対処法について

    プログラミングを学び始めると、これはわからない、と感じることが必ずあります。なお、プログラミングは、誰でも習得できるスキルではありません。「プログラミングが楽しい」と感じられる方が、時間をかけて学んで、やっと使えるようにするスキルです。何も考えないで始めると、わからないことだらけで挫折してしまいます。

    しかし、プログラミングの学習を始めて、わからないことで挫折してしまうのはもったいない。プログラミングの学習を挫折せずに続けるには、コツがあります。それを意識してやっていれば、挫折しないでプログラミングを習得できます。

    そこで、今回は、プログラミングがわからない、と感じた方に、学習を長く続けられるコツをお伝えします。

    プログラミングは難しい?

    現役で働いているプログラマーの多くが、プログラミングがわからない、という経験を少なくとも一度はしています。最初は簡単そうに思えて順調に勉強を進めていたのに、突然、理解できないことが出てきて、長い時間悩んでしまった、ということは珍しいことではありません。

    また、解った気がして自分なりにプログラムを書いてみると、エラーと出てしまい、どう直していいのか解らない、という体験もよく聞きます。後で思い返せば簡単なことでも、そのころの自分には全く理解できないことでした。

    しかし、そのような全く理解できなかったことが、簡単な助言でひらめいて理解でき、普通に使いこなしている方がほとんどです。

    わからないからと言ってあきらめてはいけません。どんなに複雑なプログラムでも、分解すれば簡単なことの組み合わせです。メンターからの助言
    で、その機能さえ理解すれば、簡単に乗り越えられます。

    プログラミングがわからない理由・対処法

    先ほどもご紹介したように、プログラミングを学んでいくうえで、わからないという体験は誰でも感じていることです。しかし、理解できるきかっけが無いだけで、詳しいメンターの方に教われば、すんなりと理解できることばかりです。

    次からは、そういったプログラミングがわからないと感じる代表的な理由と、その対処法についてご紹介します。

    そもそも苦手意識がある

    人気のWebサイトやサービスを作っているエンジニアに憧れて、プログラミングを勉強してみよう、と思った方もいるのではないでしょうか。プログラマーの中には、世の中を変えるようなサービスを作って、大金持ちになった方が何人もいます。

    しかし、プログラムのソースコードを見ただけで、何か難しそう、自分にはわからない、と思ってしまっては、プログラミングの学習が続けられません。

    プログラムのソースコードは、意味不明の記号の羅列ではありません。プログラム言語と呼ばれるように、決まった文法によってシステムの機能が書かれています。そして、日本語が、主語や動詞などの単語が、接続詞によって繋がっているように、プログラムは、決められた文法によって記述されています。

    そのため、プログラミングがわからないと感じるのは、何が書いてあるかが解らず、苦手意識を感じているせいです。読めるようになると、難しいとは感じなくなるので、他の人の書いたプログラムのソースコードを読めるようがんばりましょう。

    英語が全く分からない

    初心者がプログラミングをわからないと感じる瞬間の一つがエラーメッセージではないでしょうか。本やWebサイトに掲載されたプログラムをそのまま写したはずなのに、エラーが出て動作しない。しかも、そのメッセージが英語で何を言っているのか解らない。こんなことが続くと、プログラミングが嫌になってしまいます。

    そもそもプログラミング言語が英語が標準語のため、そのエラーメッセージは英語で表示されます。しかも、コンピュータ特有の表現が多いので、そのまま機械翻訳にかけたとしても、正しく翻訳されません。

    そのため、英語のエラーメッセージが出たら、近くにいる詳しい方に聞くことをおすすめします。ベテランのプログラマーなら、こういったエラーメッセージを何度も見ており、そのメッセージが出たら何をやれば良いか解っています。ぜひ、そういったメンターの方にメッセージの読んでもらい、どこを間違えていたのか、指導してもらってください。

    エラーメッセージの意味が解らない

    先ほどもご紹介しましたが、初心者が躓く原因の一つは、エラーメッセージの意味が解らないことです。その言語に詳しいメンターに説明してもらい、間違いを指摘してもらったとしても、それを自分一人で調べるのは難しいことです。しかし、メンターに同じようなことを何度も聞くのは、気が引ける。

    そのように感じている方は、ぜひ、プログラミングのためのツールを活用してください。もし、統合開発環境を使っていないのなら、使ってみてください。プロのプログラマーが使う高機能タイプもありますが、無料で使えるものもあります。こういった統合開発環境を使うと、自動的に文法チェックをやってくれるので、エラーを容易に見つけらます。そして、意味の解らないエラーメッセージを見なくても済みます。

    また、統合開発環境を使えない場合は、文法チェック専用のツールを使ってください。また、プログラミング言語によっては、文法チェックをしてくれるWebサイトがあるので、活用するとよいでしょう。

    覚えることが多すぎる

    プログラミングを学習していくうえで、いざ、実用的なプログラムを組もうとすると途端に難しくなります。そのため、わからない、と感じる方もいるのではないでしょうか。

    残念ながら、プログラミング言語の文法を覚えたからといって、世の中で使われているようなシステムが組めることはありません。それは、そのシステムが扱うデータ仕様を理解していないと、プログラムは組めません。さらにデータベースなどの外部のアプリを使用する場合は、そのアプリのことも知らないとプログラムは組めません。

    とはいえ、世の中の全ての仕組みを理解している人などいません。多くのプログラマーは、複雑な処理をやってくれる、出来合いのパーツを利用してプログラムを組んでいます。そして、世の中にはそのようなパーツがたくさんあり、ライブラリと呼ばれています。これはいろいろな目的で使われているので、ぜひ、ライブラリを活用しましょう。

    なお、ライブラリを利用する場合は、近くにいるメンターの方に相談し、その人が推奨するライブラリを使ってください。それは、使用するプログラム言語やライブラリによって、利用方法が違っているためで、最初は誰かに設定してもらう必要があるためです。

    プログラミング初心者が躓きやすいステップ

    プログラミングを学ぼうと思ったら、本や学習サイトなど多くの選択肢があり、誰でも簡単に始められます。しかし、最初のうちは簡単でも、途中から急に難しくなるのがプログラミングの特徴です。そのため、わからないと感じてあきらめる方もたくさんいます。

    このようなプログラミング初心者が躓きやすい、わからないと感じる箇所は、プログラム言語によっても違いがあり、また、人によってもまちまちです。

    しかし、その多くは勉強のやり方によって、避けることができます。そして、その方法とは、自分がわからないことを詳しいメンターの方に聞いて、解るように教えてもらうことです。そのため、身近に教えてくれる人がいるプログラミング言語を選ぶことから初めてください。

    おすすめのプログラミング方法とは

    特に独学でプログラミングを学ぶ方の中には、わからないことが原因で挫折される方が大勢います。しかし、それは非常にもったいことです。わからないことを克服できれば、プログラマーとして活躍できたかもしれません。

    なお、途中で挫折しないで済むプログラミングの学習方法は、解らないことをすぐに聞ける環境でやることです。例えば、職場に詳しい人がいるのなら、その人が使っているプログラミング言語について教えてもらいましょう。また、プログラミングスクールも、詳しい人にいつでも聞けるので、おすすめの勉強方法です。

    また、ベテランのプログラマーでも、プログラミング中は、タイプミスなどでエラーメッセージを出してしまいます。しかし、そのメッセージへの正しい対処方法を知っているので、簡単に修正できます。

    初心者の方がエラーメッセージを出してしまっても焦ってはいけません。ミスを早めに見つけるツールなどを活用したり、エラーメッセージへの正しい対処方法を身につけましょう。

    プログラミングの学習にはメンターが必須

    以上、プログラミングがよくわからないと感じる理由とその対処法のご紹介でした。これまで解説したようにプログラムの学習は難しく、独学で勉強し続けることは難しいことです。

    しかし、そのようなわからないことを教えてくれるメンターがいれば、学習を続けられます。ぜひ、このようなメンターのいる環境でプログラミングの学習を始めましょう。

    なお、このような学習環境が職場などで見つけられない場合は、プログラミングスクールがおすすめです。ぜひ、プログラミングを学習して、ITエンジニアとして活躍してください。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE