そもそもWebデザイナーとはどんな職業?仕事内容やその将来性を解説します
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.06.20

    そもそもWebデザイナーとはどんな職業?仕事内容やその将来性を解説します

    Webデザイナーは、肩書があるようでその仕事内容が肩書どおりではない職業の代表とも言える職業です。今回は、Webデザイナーの魅力やその将来性について解説します。

    Webデザイナーとは

    Webデザイナーとは、短く説明するならば「Webサイトの見た目の部分をデザインする人」と言えます。
    デザイナーという名前から、ビジュアル部分のデザインのみを行う職業のイメージが持たれますが、実際は、依頼主へのヒアリングや分析、システム構築まで多岐に渡ります。

    Webデザイナーの仕事内容

    Webデザイナーの仕事は、大きく分けて「クライアントからの依頼を元とする受託制作」と「自社サービスのWeb制作」があります。さらに受託制作の依頼主、メーカー企業等からの直接依頼または、代理店からの依頼となります。メーカー企業等からの依頼を「直受け」、代理店経由の依頼を「孫受け」などと呼ぶこともあります。

    メーカー企業等から直接に製作依頼を受ける場合を例にして、Webデザイナーの仕事の流れを説明します。

    1. ヒアリング
    2. 課題調査
    3. 分析
    4. コンセプト設計
    5. デザイン
    6. マークアップ
    7. テスト
    8. 納品

    代理店経由の依頼の場合は、Webサイトのコンセプトまでは代理店とメーカー企業との間で固まっていて、Webデザイナーは「デザイン」の工程から対応する場合が多いようです。

    ヒアリング~コンセプト設計

    Webサイトやサービスを顧客に提供したいメーカー企業(クライアント)に対して、対面やメール、ビデオ会議などを駆使してヒアリング調査を実施します。このヒアリングでは、制作するWebサイト/サービスの制作コンセプトを決定するため、クライアントが解決したい課題や制作に対する要望を調査します。

    ヒアリング後、クライアントの課題と要望の分析をし、Webサイト/サービスの制作コンセプトへ落とし込みます。ここで作成したコンセプトは企画書などにまとめ、クライアントに提示して合意を得ることが重要です。

    Webサイトのデザイン

    WebサイトのデザインにはWebサイトの構成も含まれます。構成では、Webサイトの画面遷移やページ数の設計を行います。構成を考える際には、サイトを訪れるユーザーが迷わない工夫や後々のサイトのメンテナンスの工数をも考慮する必要があります。

    構成に基づき、画面のレイアウトを作成します。モックアップと呼ぶこともあります。見た目の綺麗さだけでなく、色弱者や難聴のユーザーへも配慮したレイアウトを設計する必要があります。

    Webサイトのデザイン案が完成したら、クライアントとも共有し、合意を得ておきます。制作してしまってから変更すると莫大な工数がかかってしまうため、モックアップの時点でクライアントと良くコミュニケーションを取っておくと後々の変更が少なくなります。

    マークアップ

    設計したデザイン案とおりにコーディングを行い、Webサイトを完成させます。また、動作確認も行います。動作確認テスト完了後、クライアントへ共有して承認を受けてから納品となります。

    その他

    上記は、案件として受注して社内で制作作業を行う場合ですが、案件によってはクライアント先に常駐してチームの一員として制作する場合もあります。制作するWebサービスの規模が大きかったり、クライアントの守秘義務の関係で、クライアント先で作業する必要がある場合などです。

    Webデザイナーの年収

    日本国内において、Webデザイナーの平均年収は約300万から400万円と言われています。経験や扱えるスキルの豊富さにより上下するため、目安として考えてください。また、どの言語でコーディングできるかとその言語の豊富さも、年収額に大いに関わってきます。

    なお、海外のWebデザイナーは、日本のデザイナーに比べると平均年収は高いと言われています。アメリカであれば平均年収は約780万円です。

    Webデザイナーになるには

    Webデザイナーといってもその仕事内容は多岐に渡るため、必要とされるスキルや能力に幅があります。また、Webデザイナーへの道のりも多数の選択肢があります。

    Webデザイナーに必要なスキル・能力

    Webデザイナーが身につけるべきスキルや能力について見てみましょう。

    デザインスキル

    言わずもがな、Webの見た目をデザインするスキルです。ただ、上述のとおりWebデザインでは全体の構成やページネーションの設計も重要であるため、必ずしも「見てくれが良い」デザインが求められているわけではありません。「Webデザインのスキル=情報デザインのスキル」と考えておいて誤りではないでしょう。

    コーディングスキル

    サイトのデザイン後、マークアップするスキルです。コーディングスキルには言語のスキルのほか、プラスアルファとしてSEOに関する知識もあるとコーディングスキルとしては万全でしょう。

    企画力

    上記の「ヒアリング~コンセプト設計」のスキルです。クライアントはWeb制作の専門家ではないため、クライアント自身の意見がまとまっていなかったり、迷っていたりすることが多々あります。企画力の高いWebデザイナーは、そんなクライアントの取り留めのない意見を集約して、プロジェクト全体の方向性を定めてあげることができます。

    その他

    その他、PCの仕組みについての知識や、英語などの語学の知識などを備えるWebデザイナーは、重宝がられる案件も多々あります。

    Webデザイナーにおすすめの資格

    初級: Webクリエイター能力検定

    Webデザイナーに必要とされる、Webサイト制作のデザイン能力やコーディングの力を認定する資格です。

    世界的な標準化を図るW3Cに完全準拠したマークアップスキルを試す資格です。実技問題では、実際のPCを前にひたすらコーディングをしていくという試験内容であるため、非常に実践的な能力が試される試験です。

    中級:Webデザイナー検定

    コンセプト立案から制作、運用での過程で必要な知識を試験します。Webデザインの知識のみでなく、知的財産権などの知識や運用に関わる知識も問われるため、試験範囲は広い検定と言えます。

    上級:ウェブ解析士

    Webデザイン関連資格としては、最高峰と言える資格です。ウェブの管理を一括して任せる人材を育成するために、重要視されているウェブマーケティングの知識も問う試験内容です。初級、上級、マスターの難易度があり、マスターを取得すると講師として企業や教育機関での講義も担当できます。

    Webデザイナーの将来性・需要

    OSやブラウザ、通信環境も向上しています。Web業界も専門化や分業化が加速し、表示用デバイスの多様化などもあり、ますます複雑化している業界と言えます。Webをとりまく環境の急速な成長により、Webデザインの技術やセンスなどが日々変わり続けています。Webデザイナーが「ブラウザに情報を表示させる」のみで生き抜けたのは、今や過去の話です。

    今後は、雑多な多様化する情報類から「ユーザーにいかに読ませるか、いかにユーザーが知りたい情報を早く見つけられるか」を設計する「情報設計」をすることがWebデザイナーに求められています。ユーザの立場で、製品やサービスをデザインするUI・UXデザインという分野が脚光を集めているのもこのためです。

    まとめ

    Webデザイナーになるには?と言っても、Webデザイナーの仕事内容自体が目まぐるしく変化し続けています。「変化に柔軟に対応できるスキル」がまさにWebデザイナーに一番求められているスキルと言えます。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE