バナー画像

社内システムエンジニア(以下、社内SE)への転職状況はどうなっているのでしょう?ここでは社内SEの転職について見てみたいと思います。

社内SEとは

コンサル的な面もあるので会社経営に興味があるSEが転職するケースが多いのが特徴です。他にも各部署の担当者と協力しシステム整備を行ったり、社内SEは社内のパソコンに関するあらゆる責任を追う立場です。社内ネットワークに関しては規模が大きい場合は外注のインフラエンジニアが行う場合もありますが、その場合でも社内SEが社内ネットワークの基本的な設計は行います。他にも社内のPCの定期点検なども行う場合があるので、コミュニケーション能力も重要な要素になります。

社内SEとは、自社のネットワーク設計管理やその企画、セキュリティー面も含めた安定性の確保やその運用を行うSEです。要求される能力は社内の問題点を洗い出し、それをシステム的に解消する問題解決能力です。また、会社のバック業務としてSEの観点から会社の経営に関わることもあり最近急速に人気が高まりつつあります。

社内SEの人気が増加している理由

社内SEはSE職から非常に高い人気を誇ります。その理由は落ち着いてモノ作りが出来ること、自分が作ったモノで人を喜ばせることが出来る仕事が社内SEということです。SEもモノ作りの仕事です。しかし、分業化が進み末端ではこれが完成したらどのようなシステムになるのかよく分からないと言った状況で開発を行っているSEも少なくありません。システムが巨大になればなるほどこの傾向があり、完成したシステムを利用する顧客の顔を見れるのは上流のエンジニアのみというのも決して少なくはないのです。SEに取っての仕事のやり甲斐と現実のギャップが社内SEへの転職を促しています。

社内SEのメリット・デメリット

メリット

自分の仕事が直ぐに他の社員の役に立つという結果として分かることも魅力です。また相手が自社の人間なので無茶な要求やスケジューリングをしてくる事も少なく、システムの完成納期も進捗状況次第では伸ばすことも比較的容易なので過度な残業が発生しにくいです。他にも社内の人間からコンピューターシステムについては頼りにされる立場の人間なので、これも大きなやり甲斐となります。

例えば新しい技術を習得し仕事に使おうとしても、厳しいスケジュールの中で差し迫った納期を考えながら作業しているとどうしても試せずに終わってしまうこともあります。しかし社内SEの主な業務は自社システムのことですので、自分のペースで業務が進められるので、ひとつひとつノウハウを習得しながら落ち着いて作業が出来ます。

デメリット

社内のシステムを扱うということは逆に社内SEは会社の売上に直接関与しないということでもあります。このためモチベーションが維持しにくいという点があります。社内のシステムにトラブルがあれば社内評価は落ちますが、正常に問題なく動いていたとしてもそれで褒められるということはありません。その社内SEが優れた技術の持ち主であったとしても会社の売上に直接的に貢献していないので正当な評価を得るのが難しい面があります。他に社内SEは一旦社内システムを構築してしまえばあとはその保守運用が主な仕事となります。また大幅な昇給が期待できない点があります。

重視されるスキル

社内で起こってる問題をシステム的に解決するので問題解決能力が問われます。また社内ネットワークを構築、保守運用をするのでネットワークに知識も必要です。他にも情報セキュリティーの知識も必要です。

社内SEの年収・給料

社内SEの給料にはかなりの幅がありますが、およそ年収400万円~500万円のケースが多いです。年齢別だと20代で平均390万円ほど、30代で平均520万円程度、40代で690万円程度となっています。

社内SEにおすすめの資格

社内SEになるのに必須の学歴や資格はありませんが、持っていると有効なのは「ネットワークスペシャリスト」です。他にも「基本情報処理技術者」や「応用情報処理技術者」も有効です。社内SEは競争率が高いのでこれらの資格を持っていると就職が一層楽になるでしょう。

社内SE転職求人の探し方

転職エージェントを利用

一番おすすめの方法です。転職エージェントは人材紹介会社のサービスの1つで、求人を募集している会社と転職希望者の間を取り持つ役目をします。料金は求人を募集している会社持ちなので転職希望者は一切お金はかかりません。主なサービスは転職希望が履歴書・職務経歴書をエージェントに渡し、希望の職種、勤務地、待遇、給与などを伝えるとエージェントが希望に沿ったかたちで会社を探してくれます。また履歴書の添削や面接の対策など就職に関する一連の流れをサポートしてくれる大変有効なサービスです。

転職求人サイトを利用

転職求人サイトで「社内SE」を検索し、どのような求人があるか調べ気に入ったら応募してみましょう。転職求人サイトは沢山有るのでその中から探すのは大変ですが、可能な限り多くの求人を見るようにしましょう。また社内SEを募集している企業はIT業界に限らずあらゆる業種で募集があります。業種を絞らずに幅広く探すのが良い求人に巡り会えるコツです。

ハローワークを利用

意外と知られていないのが、ハローワークは在職中でも利用できます。また現在ではWEBサービスも行っており他の転職求人サイトと同じような使い方も出来ます。気に入った求人があれば求人番号をメモし、最寄りのハローワークに相談しましょう。またハローワークの求人票は書式が決まっているので、求人の比較が楽になっています。

紹介予定派遣で正社員を目指す

紹介予定派遣とは派遣社員として一定期間働いた後、正社員として採用してもらう仕組みです。注意点は会社の求める技術レベルに達していなかったり素行不良などがあると正社員には採用してもらえない場合があります。

ヘッドハンティングされる

転職求人サイトで行っているサービスのひとつで、履歴書、職務経歴書、自己PRなどをレジェメとしてサイトに登録しておくと企業側がその内容を閲覧し、気に入った人材がいる場合には企業の方からスカウトが来る仕組みです。自分で行うのは履歴書、職務経歴書、自己PRの登録だけなのでお手軽ですが、スキルや実績がないとなかなかスカウトされないという事態になります。

フリーペーパーを利用

フリーペーパーは地域に密着した求人が多いのが特徴です。WEBには掲載のない求人も多いのですが社内SEを必要とする規模の会社が少ない地域ではそもそも求人がないという場合があります。

求人を探してみよう!

いかがでしたでしょうか? 社内SEは社内のシステム開発や保守運用を行うのが主な仕事です。SE職からの人気は高く求人には応募が殺到し高い競争率を誇ります。資格として有効なのは「ネットワークスペシャリスト」です。求人の探し方は転職エージェントを利用する方法が一番おすすめですが他の方法も併用しましょう。

良い求人に出会い社内SEに転職しましょう!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。