XcodeはWindowsで使用できる?iOSアプリを開発できるソフト3つを徹底解説
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.03.17

    XcodeはWindowsで使用できる?iOSアプリを開発できるソフト3つを徹底解説

    iOSアプリの開発に挑戦したいけれど、利用しているパソコンがWindowsで諦めている、そんな人はいませんか?

    実は特定の開発ソフトを導入すれば、WIndowsのパソコンでもiOSアプリを開発することはできます。こちらの記事ではXcodeはWindowsで使用できるのか、またiOSアプリ開発できるソフトについて詳しく紹介します。

    XcodeはWindowsでも使えるの?

    はじめにiOSアプリなどを開発するために必要な統合開発環境であるXcodeがWindowsのパソコンでも使用することができるのか、詳しく紹介します。

    基本的にWindowsのパソコンでXcodeを使用することはできません。Xcode自体はMacOSの環境で使用することを推奨されているため、基本的にWIndowsのパソコンでXcodeは利用できません。

    ただしWindowsのパソコンの中にMacOSの環境をつくることができればXcodeをダウンロード・インストールすることはできます。しかし今はわざわざXcodeを導入しなくても他のソフトでWindowsのパソコンでiOSアプリを開発することは可能です。

    Windowsでアプリ開発できるソフト

    つづいてWindowsのパソコンでiOSアプリの開発が可能となっているソフトを3つ詳しく紹介します。

    Xamarin Live Player

    「Xamarin Live Player」は2017年に発表された、Microsoftが提供する統合開発環境のVisualstudio内に埋め込まれている機能です。

    これまでにあった開発ソフトと違い、Xamarin Live Playerを利用すればMacのパソコンがなくてもiOSアプリの開発、導入、テスト、デバッグの作業が可能となっています。

    またこちらのソフトであればパソコン上で編集した内容をすぐにiPadやiPhoneといったデバイスで確認することができます。

    Visual Studio Express 2013

    「Visual Studio Express 2013」はMicrosoftが提供する統合開発環境のVisualstudio内に無料で導入することができる開発ソフトです。

    こちらのソフトでiOSアプリを開発するためには環境を整える必要があります。Visual Studio 2013 Update2を適用させ、アドインであるMulti Device Hyblid Appsをインストール必要があります。

    Eclipse

    「Eclipse(イクリプスもしくはエクリプス)」はIBMが開発した統合開発環境です。こちらの統合開発環境でiOSアプリを開発する場合、開発環境を整えるために機能を追加しても、通常使用するSwiftやObjective-Cといったプログラミング言語は利用できません。

    まとめ

    iOSアプリを開発するとなると、Macのパソコンが必ず必要だと思っている人も多いですが、実はそうではなく、開発環境が揃っていればWindowsのパソコンでも開発をすることはできます。

    今自分が使用しているパソコンがWindowsの人は、ぜひ紹介した開発ソフトを導入してiOSアプリの開発に挑戦してみてはいかがでしょうか。

    またiOSアプリの仕事をしたいという方はSwiftのフリーランス案件を下記にまとめてますのでよかったらご覧ください!

    Swiftの仕事ならフリーランス案件がおすすめ<最新案件情報付き>

     



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE