バナー画像

GitHub、いいですよね。

自分でソース管理をするときはもちろん、自分の作ったものを公開するのも実に簡単!共同作業だってお手のものです。しかし、導入方法が難しい、またはターミナルによるコマンド操作がどうも苦手・・・という理由で躊躇されている方々、多いのではないでしょうか?

そんな方々に向けて、GitHub Desktopを紹介します!

GitHubの使い方の1つとして、ぜひ選択肢に含めてくださいね!

(本記事ではすでにGitHubのアカウントをお持ちの方を対象としています。まだお持ちでない方はコチラで取得してください。)

GitHubとは

最初に、難しいことはさておいて、GitHubについて超簡単に解説します。

Gitはソース管理をするアプリケーションで、本来はサーバーにインストールしてクライアントPCからソースをプッシュします。一方GitHubは、サーバー機やサーバーアプリケーションを何も用意することなく、ユーザー登録のみで使えるGitのWebサービスです。

ちょっと長くなったのでさらにシンプルに解説すると、「Gitはソース管理のサーバーアプリケーションで、GitHubはそのWebサービス版」となります。

GitHub Desktopとは

GitやGitHubは、開発者が自分のPCに「何か」をインストールしてソースをプッシュします。あえて「何か」としたのは、ユーザー側はどんなツールを使っても良いので限定できないからです。冒頭で述べたとおりIDEの拡張機能でも良いし、コマンドラインでも良いのです。

今回は、IDEから完全に独立したGitHub謹製のクライアントツール、GitHub Desktopを解説します。

GitHub Desktopのメリット

GitHub Desktopを使うメリットを考えてみましょう。

開発ツール、エディターに依存しない

開発者はツールやエディターに対する思い入れが強く、できるだけ自分の好みのものを使いたいと思うものです。むしろ開発者には好みのツールを使ってもらったほうが効率よく開発できるかもしれません。

そんな場合でも大丈夫!GitHub Desktopそのものは単独のアプリケーションです。開発ツールを選びません。

GUIなので見やすい

これはかなり大きいメリットではないでしょうか?GitHub Desktopは非常に見やすいGitHubクライアントで、普通に操作している上ではコマンド操作は一切不要で、GitHubクライアントであることすら忘れさせてくれます。白い画面(Windowsなら黒い画面)でパチパチとコマンドを打つのが苦手!そういう方にはもってこいです。

ちょっと横道に逸れますが、GitHub DesktopはGitHub社謹製ツール「electron」によって作られています。このツールはHTMLやCSSを駆使してデスクトップアプリを作るものです。Web系の経験しかないけど、デスクトップアプリを作りたい!という方は、一度こちらをのぞいてみてください。

さらに横道に逸れますが、Slackもelectronを使って開発されています。

GitHub Desktopのダウンロード方法

GitHub Desktopは普通のPC向けアプリケーションなので、インストーラを入手するところから始まります。こちらで入手してください。このページを参照したPCのOSによって、MacOSかWindowsかが自動的に変わります。ボタンの下に、ボタン表面に表示されているOSとは逆のOS用のインストーラをダウンロードするリンクがあります。自動認識がうまくいかなかった場合はこのリンクをお使いください。

Macの場合は、ダウンロードボタンをクリックすると、GitHubDesktop.zipがダウンロードできます。これを解凍すると、GitHub Desktop.appというフォルダが出来上がります。このフォルダごと/Applicationsに入れてください。するとLaunchpadにGitHub Desktopが表示されるようになります。

Windowsの場合は、インストーラ(GitHubDesktopSetup.exe)をダウンロードしてそれを起動するだけでインストール可能です。特に手が止まる場面はないでしょう。

GitHub Desktopの使い方

GitHubを使って新規リポジトリを作りコミットするまでを解説します。

インストールしたGitHub Desktopを起動してください。そしてメニューバーの「File」→「New Repository」と進んでください。

「Name」にリポジトリ名、任意で「Description」に説明を入れて、「Create Repository」ボタンをクリックしてください。もうこれだけでクライアント側のリポジトリの完成です。次に、GitHubへアップしましょう。「Publish Repository」をクリックしてください。

「Keep this code private」のチェックを外してください。でないと、「プライベートなリポジトリを作成するには、プランをアップグレードしてください」と表示されてしまいます。

GitHub側の状況を見てみましょう。

できてますね。

この時点で、Windowsの場合は「C:¥Users¥(ユーザー名)¥Documents¥GitHub」に、Macの場合は「/Users/(ユーザー名)/Documents/Github」直下にリポジトリ名でフォルダができています。本来であればGitHubのリポジトリをクローンするところから始まるのですが、あえてGitHub Desktopでリポジトリを作りました。

次に、お好みのエディタやツールで、上記のパスにできたフォルダにファイルを作りましょう。すると、即座にGitHub Desktopに反映されます。

これをまずローカルリポジトリにコミットしましょう。「Summary」にコミットする内容の名称、「Description」に任意で説明を入れて「Commit to (リポジトリ名)」のボタンをクリックしてください。

できました。今度はこれをGitHubへプッシュしましょう。

「Push Origin」ボタンをクリックしてください。

できました。ではGitHubを確認しましょう。

できました!あとはエディタやツールで編集、都度ローカルリポジトリへコミット、GitHubへプッシュと続けてください。

まとめ

本記事では、GitHub Desktopの始め方を解説しました。

コマンド操作でできることのすべてがGitHub Desktopでできるわけではありませんが、このツールはGitのスタートのハードルをまちがいなく下げてくれます。コマンドライン操作が苦手の方は、ぜひ触ってみてくださいね!

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。