バナー画像

GitHubのloginについてまとめています。

GitHubのlogin方法

GitHubへのlogin方法は、いくつかあります。まずは、sign inのページを開いて、ユーザ名とパスワードでログインする方法。

関連)GitHubへのSign inページ

しかし、都度ログインするためにパスワード入力するのが煩わしいということもあります。GitHubへ都度Sing inせずに済ませる方法もあります。それは、ghと呼ばれるGitHubのcliコマンドを使う方法です。

ghを使うことで、コマンドラインからissueとpull request、リポジトリの操作やリリース、gistの操作ができるんですね。GitHubのウェブページの全機能が使えるというわけではありませんが、これだけできれば十分という方も多いのではないでしょうか?

GitHub cli(gh)のubuntuへのインストール

以下は、ubuntu 18.04にghをインストールする手順です。ghはwindows、mac、linuxに対応しています。ubuntuでは、以下のようにaptコマンドにてインストールが可能です。

参考)cliのlinuxへのインストール方法

$ curl -fsSL https://cli.github.com/packages/githubcli-archive-keyring.gpg | sudo gpg --dearmor -o /usr/share/keyrings/githubcli-archive-keyring.gpg
$ echo "deb [arch=$(dpkg --print-architecture) signed-by=/usr/share/keyrings/githubcli-archive-keyring.gpg] https://cli.github.com/packages stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/github-cli.list > /dev/null
$ sudo apt update
ヒット:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
取得:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports InRelease [74.6 kB]
 :
 :
$ sudo apt install gh
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
 :
 :

以下は、ghのヘルプです。(バージョンは1.11.0です。)

gh
Work seamlessly with GitHub from the command line.

USAGE
  gh <command> <subcommand> [flags]

CORE COMMANDS
  gist:       Manage gists
  issue:      Manage issues
  pr:         Manage pull requests
  release:    Manage GitHub releases
  repo:       Create, clone, fork, and view repositories

ACTIONS COMMANDS
  actions:    Learn about working with GitHub actions
  run:        View details about workflow runs
  workflow:   View details about GitHub Actions workflows

ADDITIONAL COMMANDS
  alias:      Create command shortcuts
  api:        Make an authenticated GitHub API request
  auth:       Login, logout, and refresh your authentication
  completion: Generate shell completion scripts
  config:     Manage configuration for gh
  help:       Help about any command
  secret:     Manage GitHub secrets
  ssh-key:    Manage SSH keys

FLAGS
  --help      Show help for command
  --version   Show gh version

EXAMPLES
  $ gh issue create
  $ gh repo clone cli/cli
  $ gh pr checkout 321

ENVIRONMENT VARIABLES
  See 'gh help environment' for the list of supported environment variables.

LEARN MORE
  Use 'gh <command> <subcommand> --help' for more information about a command.
  Read the manual at https://cli.github.com/manual

FEEDBACK
  Open an issue using 'gh issue create -R github.com/cli/cli'

ghを使うためには、Githubへのログイン認証を行う必要があります。gh auth loginを実行します。接続先情報などを聞かれるので、以下のように指定します。なお、選択肢を選ぶには矢印キーの上下で操作し、Enterキーで確定です。

$ gh auth login
? What account do you want to log into? GitHub.com
? What is your preferred protocol for Git operations? HTTPS
? Authenticate Git with your GitHub credentials? Yes
? How would you like to authenticate GitHub CLI? Paste an authentication token

「Paste an authentication token」とは、認証トークンを貼り付けるという意味で、認証トークンはGitHubの設定画面から入手できます。

なお、How would you like to authenticate GitHub CLI?(GitHub CLIをどのように認証する?)に対して、「Login with a web browser」を選ぶと、ubuntuのターミナルの場合はlynxというテキストブラウザが起動し、その後の操作がわかりにくいのでおすすめしません。

認証トークンを取得するために、ウェブブラウザでGitHubにログインします。ログイン後、画面右上のアイコンをクリックし、Settingsを選択します。

Developper Settingsをクリックします。

 

Personal access tokenをクリックして、Generate new tokenをクリックします。

New personal access tokenという画面になります。Noteに何に対するトークンなのかわかりやすいよう書いておきましょう。今回は「for Gh」と記入しました。

さらに、Ghに与える権限にチェックをつけていきます。Ghを動作させるには最低限、repo、workflow、read:orgの3つにチェックをつけておく必要があります。

 

必要な権限にチェックをつけたら、画面を下にスクロールさせ、Generate tokenをクリックします。

Personal access tokens(認証トークン)が表示されます。トークンコード右のクリップボードアイコンをクリックして、コードをコピーします。

ubuntuのターミナルに戻って、Paste your authenticasion tokenにコードをペーストします。最後に「logged in asユーザ名」と表示されれば、ghでのログインは成功です。

Tip: you can generate a Personal Access Token here https://github.com/settings/tokens
The minimum required scopes are 'repo', 'read:org', 'workflow'.
? Paste your authentication token: ****************************************
- gh config set -h github.com git_protocol https
? Configured git protocol
? Logged in as username

GithubのLoginまとめ

ポテパンダの一言メモ
  • Githubへのログインは公式ページからのログインのほか、cliコマンドでのログインが可能
  • cliコマンドは認証トークンを設定しておけば、都度パスワードを入力せずに使える
  • Githubのcliコマンド・ghでは、issueやpull request、リポジトリ操作やリリースなどの作業が可能

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。