人気のサイト構築システム「WordPress(ワードプレス)」とは?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.02.23

    人気のサイト構築システム「WordPress(ワードプレス)」とは?

    WordPress(ワードプレス)とは

    WordPressとはオープンソースのブログシステムで、単なるブログだけでなく、CMSとして利用されているシステムです。

    CMSの中では圧倒的なシェアを誇り、多くのWebサイトでWordPressが利用されています。

    WordPress(ワードプレス)のメリット

    無料

    WordPressはオープンソースのシステムなので、インストールするのも使用するのも無料です。

    また、機能を拡張する「プラグイン」も無料で高機能なものが揃っているので安心です。

    初心者でもサイトが作れる

    通常、Webサイトの更新にはHTML,CSS,PHPなどの専門知識が必要ですが、WordPressでは管理画面でWebサイトの更新を行うことができます。

    コンテンツを追加する際にコーディングをする必要はありません。また、「プラグイン」と呼ばれる拡張機能が多数リリースされており、初心者でも簡単に行いたいカスタマイズが行えます。

    関連書や関連サイトが多い

    圧倒的なシェアを誇るだけあって、関連書籍や参考書は多数出版されています。仮に購入しなくても、最寄り図書館のWeb関連書籍コーナーを覗けば必ず何冊かは置いてあるでしょう。

    使っている人が多い=Web上に情報が揃っているので、カスタマイズするときにわからないことがあってもすぐに検索で見つかるのも利点ですね。

    カスタマイズの幅が広い

    オープンソースのシステムだけあって、Wordpressは後から機能を拡張することを前提に設計されています。

    「プラグイン」は圧倒的な数があり、同じ機能を扱うプラグインだけでも何通りとある、ということがよくあります。Webサイトのテンプレートである「テーマ」も多数リリースされており、無料のものから有料の物まで多数用意されています。

    WordPress(ワードプレス)のデメリット

    勉強なしではできない

    WordPressはデータベースを必要とするシステムなので、インストールする際にはサーバーを用意する必要があります。初心者でも簡単に扱えますが、多少の予備知識は必要でしょう。

    そして、Wordpressは管理が楽とは言ったものの、やはりオーダーメイドでカスタマイズするとなると、コーディングする必要が出てくるので、phpやHTML,CSSの知識が必要となります。テーマやプラグインで用意されていないカスタマイズをしようと思ったら、やはり多少の勉強が必要でしょう。

    運営コストはかかる

    先にも述べたとおり、Wordpressはデータベースを必要とするシステムです。なぜかというとWordPressサイトは通常の静的なWebサイト(すでに用意されたものを表示する)と異なり、ユーザーの操作に応じて必要な情報をデータベース内から引っ張ってきて表示しているからです。

    よって、WorPressサイトを構築するにはサーバーを用意する必要があるのですが、レンタルサーバーは費用として月数百円〜数千円程度要します。趣味程度にブログをやってみたい、という方には多少抵抗があるかもしれません。

    表示速度が遅い

    サーバーから必要に応じてデータを引っ張ってくる関係で、WordPressサイトはどうしても静的なWebページに比べて表示速度が遅くなってしまいます。

    処理性能の高いサーバーを用意するなどして解決することはできますが、これもWordPressの1つのデメリットと言えます。

    WordPress(ワードプレス)のはじめかた

    WordPressサイトを構築するには、「サーバー」と「独自ドメイン」が必要です。

    Webサイトの構築はよく家を建てることに例えられます。「サーバー」は土地、「ドメイン」は住所、といった具合です。

    まずは、レンタルサーバーの契約を行いましょう。WordPressサイトにオススメのレンタルサーバーは以下の記事を参考にしてみてください。

    ●WordPressサイト開設にオススメのレンタルサーバー7選!

    初心者の方はWordPressの「簡単インストール機能」や「クイックインストール機能」、「自動インストール機能」などが契約するサーバーに備わっているかを確認しておきましょう。このような機能サーバーに備わっていれば、ほとんど数クリックの操作でWordPressを自分のサーバーにインストールすることができるのでオススメです。

    サーバーの契約ができたら、次はドメインを取得しましょう。土地があってもどこの住所なのか分からなければ、家(Webサイト)を建てることはできません。

    ドメインはそのままあなたのWebサイトのURLとなります。一度決めたら契約し直さない限りは変更ができないので、慎重に決めましょう。

    ドメインをサーバーに割り当てる方法に関しては各サーバーによって操作方法が違うので、各サーバーの案内に従って下さい。大抵の場合、サーバーのコントロールパネル(または管理画面)に、「新規ドメインの取得」という項目があるはずなのでそれを選択し、あとは画面の案内に従って操作すれば難なく設定できるはずです。

    ドメインがインターネット上で公開されている(自分のドメインにWeb上でアクセスできる)ことを確認できたら、「簡単インストール機能」や「クイックインストール機能」、「自動インストール機能」を利用してWordPressをインストールしましょう。どのドメインにインストールするか訊かれたら、先程取得したドメインを選択して下さい。

    インストールする際、メールアドレスや管理画面へのログインユーザー名、パスワードを設定することになります。忘れないようにどこかに控えておきましょう。

    万が一パスワードを忘れた場合は設定したメールアドレスを使ってパスワードを再設定することになります。

    WordPress管理画面に入れるようになったらインストールは成功です。管理画面のURLは「あなたのサイトのURL/admin」なので、再度管理画面にアクセスする際は末尾に「admin」を付けましょう。

    WordPress(ワードプレス)に必要なプログラミング言語

    WordPress本体は基本的にPHP、テーマファイルはPHPとHTML,CSSで構成されています。WordPressサイトをカスタマイズする場合は、これら3言語を扱うことになります。

    また、Webサイトでよくあるエフェクト(フェードインやスライドインなどの演出など)はjavascriptで書かれていることが多いです。

    よってオーダーメイドでオリジナルのカスタマイズをする場合の必要な知識としては PHP + 通常のWebサイト構築に必要な言語(HTML.CSS,javascript) があれば十分です。WordPressのHTMLファイルはPHPの「テンプレートタグ」を使用するので、必要に応じて記法を参照しながら、ということになるでしょう。

    WordPressテンプレートタグ(公式)

    「レイアウトの一部を変更したい」「デザインをちょっと変更したい」といったカスタマイズであれば、HTMLとCSSの知識があれば十分可能です。

    おすすめのテーマ・テンプレート3選

    STINGER8

    初心者の方にも扱いやすいシンプルな無料のテーマです。

    できるだけテーマ内ファイルの数を減らし、必要な機能だけを揃えているのが特徴です。カスタマイズの際に煩雑さがなく扱いやすくなっています。

    アドセンス用のウィジェットがデフォルトで実装されており、広告の貼り付けが容易です。また、高機能な有料版も用意されています。

    stinger8公式ページ

    simplicity

    飾り気のないシンプルなサイトにしたい方にオススメのテーマです。検索エンジン最適化のための内部施策、SNSシェアボタンなどがデフォルトで実装されています。

    また、PC2パターン(低解像度・高解像度)・タブレット・スマホへのレスポンシブ対応もしています。

    日本人の方が製作したテーマなので、カスタマイズ方法や使用方法が日本語で詳しく解説されています。コーディングを行なってカスタマイズをしたい場合でも、ファイル内部のコメントが全て日本語なので分かりやすいです。

    simplicity公式ページ

    tcd STORY

    有料のテーマですが、有料だけあってコーディングしなくとも高度なカスタマイズが可能になっています。

    テーマオプションから直感操作で自由にカラーやカラムの設定が可能です。また、ページビルダーによってこれもまたコーディングせずに綺麗なページを作成することができます。

    簡単な操作で現代的なWebサイトをすぐに構築できるので、コーポレートサイトなどの公的な目的で使用するWebサイトにおすすめのテーマです。

    tcd STORY 公式ページ

    おすすめのプラグイン3選

    ALL in One SEO Pack

    その名の通り、ほとんどのSEO施策がプラグインでできてしまう優れものプラグインです。

    Webサイトの目的はブログであったり、ECであったり、コーポレートサイトであったり様々ですがどんな目的であっても検索上位の引き上げは必至でしょう。

    このプラグインの導入だけで内部のコードを触ることなくメタタグの生成、サイトマップの作成などSEO施策を行うことができます。

    ALL in One SEO Pack 公式ページ

    Jetpack by WordPress

    Webサイトに一つは必ず欲しい、アクセス解析を行うことができるプラグインです。

    訪問者数などの統計情報をリアルタイムで確認できます。また、関連記事の表示やSNSシェアボタンの設置などもスイッチ一つで切り替えが可能です。

    Jetpack by WordPress.com 公式ページ

    Contact Form 7

    ECサイトやコーポレートサイトには欠かせない機能である「お問い合わせメールフォーム」を簡単に実装できるプラグインです。

    コーディングは不要、プラグインでオリジナルのフォームを生成し、あとはショートコードを任意の位置に貼り付けるだけで実装が可能です。

    Contact Form 7 公式ページ

    まとめ

    WordPressを使いこなすには少々の慣れと勉強が必要ですが、使いこなせれば思い通りのWebサイトを作り上げることができてしまいます。

    「WordPressって興味あるけどどんなものなのか?」と少し気になっている方に、この記事が参考になれば幸いです。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE