WordPressのインストール方法について
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.02.13

    WordPressのインストール方法について

    ブログのシステムとして有名なWordPress。本来はWebサイトやアプリケーションのCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)として使用されることが多く、個人から製作会社まで幅広く用いられています。

    またCMSシステムを構築する勉強としてもPHPが使用されているのもあって敷居が低く、本や資料もネット上から多く見つけることもできます。今回は、Redhat系OSのサーバーへコマンドライン(CLI )を使用したインストール方法を説明します。

    WordPressのインストールに必要なもの

    まずはWordPressを構築するために必要なものを紹介します。

    レンタルサーバー

    WordPressを動作させるためには、PHPが動作するWebサーバが必要になります。サーバーは現在だとAWS(Amazon)やGCP(Google)などのクラウドサーバーを利用する方法。または、クラウドサービスでなくとも、さくらインターネットやヘテムルなど月額固定で比較的安いレンタルサーバーでも良いです。

    FTPクライアントソフト

    WordPressは、1つのアプリケーションプログラムです。このプログラムは、後で説明するように、プログラムファイルを貴方のコンピューター(以降ローカルと呼びます)に一旦ダウンロードした後に、サーバーへアップロードする必要があります。ローカル環境からサーバーへファイルをアップロードする1つの方法にFTPと呼ばれるプロトコルを利用する方法があります。このFTPプロトコルを使ってアップロードするためのアプリケーションソフトをFTPのクライアントソフトと言います。有名なものとしてはFileZillaなどがあります。

    WordPressをダウンロードする

    WordPressをダウンロードします。 日本語WordPressのサイトにアクセスし、右上にある「WordPressをダウンロード」ボタンを押した遷移先画面にあるダウンロードボタンを押してローカル環境へダウンロード保存しましょう。

    サーバーへアップロードする

    先ほどのFTPクライアントソフトを使用し、サーバへ接続後にWordPressファイルをアップロードします。アップロード先は、サーバーをレンタルした時に与えられるユーザーのホームディレクトリにとりあえずアップロードしましょう。およそアップロード先のディレクトリは、/home/ユーザー名/ のようなものとなるでしょう。

    WordPressをインストールする

    SSHでレンタルサーバーへログインする

    レンタルサーバーにSSHでログインします。SSHはプロトコルの1種でローカル環境からSSHプロトコルを使用することでレンタルサーバーの環境を制御することができるようになります。接続するためには、ローカル環境でターミナルソフトを起動します。その後、下のコマンドを実行しましょう。
    ssh ユーザー名@ホスト名
    ユーザー名とホスト名はレンタルした時にレンタルサーバー会社から伝えられたものを使用します。
    上記コマンドを入力しリターンキーを押し実行すると、パスワードを聞かれるので、こちらもレンタルサーバー会社から伝えられたものを入力しましょう。

    必要なミドルウェアをインストール

    WordPressを動作させるためには、Webサーバー(HTTPサーバ)、データベースサーバー(MySQL)、PHP(インタプリター)が必要です。以下のようにミドルウェアをインストールするためのコマンドを使用してインストールします。
    yum install httpd mysql-server php php-mysql

    データベースMySQLの設定

    WordPressは、データベースとしてMySQLを使用しますので、その準備を行います。まず、mysqlへログインします。
    mysql -u root -p
    パスワードを聞かれますが、パスワードは設定していないので、そのままリターンキーを押してください。

    次にWordPressで使用するデータベースを作成します。
    create database wp
    これでwpというデータベースが作成されました。このwpデータベースに対してアクセス権を設定します。
    とりいそぎ、rootユーザーにアクセス権を任意のパスワードで与えてみましょう。本来であれば、rootユーザーを使用するのはセキュリティーの観点からさけるべきなので、可能であればrootではなく、別のユーザー名を使用しましょう。

    grant all privileges on wp.* to root@localhost identified by 'パスワード';
    パスワードは、覚えておきましょう。

    WordPressファイルの展開

    FTPでアップロードしたファイルは、.tar.gz形式もしくは、.zip形式のファイルです。このファイルをドキュメントルートに展開します。今回は、ドキュメントルートを/var/www/wordpressとします。まず/var/wwwディレクトリ配下に先ほどFTPクライアントソフトでアップロードしたファイルを移動します。
    mv /home/User名/ワードプレスファイル名 /var/www

    次にWordPressのファイルを展開します。今回は、.tar.gzファイルを展開する例を示します。
    tar zxvf アップロードしたファイル名.tar.gz

    展開されたファイルのディレクトリ名をwordpressに変更します。展開されたファイルのトップディレクトリ名がwordpressである場合は、必要ありません。
    mv 展開されたファイルのトップディレクトリ名 wordpress

    最後に展開されたファイルのオーナーとグループをWebサーバーがアクセスできるものに変更します。今回はインストールしたウェブサーバーがApacheと想定します。
    chown -R apache.apache /var/www/wordpress

    webサーバーの設定

    Webサーバーのデフォルトのドキュメントルートとは違うもの(/var/www/wordpress)に設定したいので、その設定を行います。viコマンドでwebサーバーの設定ファイルを開き、以下のようにDocmentRootディレクティブを書き換えます。
    vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
    DocumentRoot "/var/www/wordpress"
    <Directory "/var/www/wordpress">
    AllowOverride All

    ログインする

    ここまで設定が出来ましたら、Webブラウザを開いて、レンタルサーバーにアクセスしましょう。ブラウザに入力するURL名ですが、まだ、IPアドレスとドメインの紐付けがされていない前提で進めます。レンタルサーバーをレンタルした時、もしくはFTPで接続した時に入力したホスト名、またはIPアドレスを直接ブラウザに入力しましょう。すると、以下のような画面が出ると思います。

    「さあ、始めましょう」のボタンを押すと、つぎに以下のような画面が表示されるので、データベース名にはwordpress、ユーザー名にはroot、データベース名のホスト名にはlocalhost、テーブルの接頭語にはwp_と入力しましょう。ユーザー名にroot以外のものを設定した場合は、そのユーザー名を入力し、テーブルの接頭語に関しても、wp_ではなくても大丈夫です。送信ボタンを押し、インストール実行ボタンを押すと、WordPressのインストールが開始されます。

    無事にインストールが完了すると、WordPressにログインするために必要なユーザー名とパスワードなどの設定を行う画面が表示されますので、入力し最後にログインボタンを押して、設定したユーザー名とパスワードでログインできれば終了です。

    まとめ

    これで、WordPressを使用するための基本的・最低限の準備が完了しました。この後は、ここでは説明していないIPアドレスとURLの設定や、最初の一歩として何かブログ記事を追加してみたり、テーマデザインを変更したり、プラグインをインストールしてみたりしながら、少しずつ慣れてみましょう。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE