JavaScript求人を探している方へ!最適な求人案件を見つけるための基礎知識
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.06.04

    JavaScript求人を探している方へ!最適な求人案件を見つけるための基礎知識

    古くから「フロントエンジニア」と呼ばれると、セットで必要となるスキルセットはHTML/CSS/JavaScriptでした。 もちろん今もなおそのイメージは強く残っています。

    現に、JavaScriptで求人の検索をかけると、今でもWebシステムやWebサイトのUI(ユーザーインターフェース、つまり画面)の案件が多くヒットします。思わず、画面周りのJavaScriptのコーディングができれば、JavaScriptできます!と言ってしまいそうです。

    ところが、ここ何年かでJavaScriptの「流れ」が変わりつつあります。そして、その流れが求人にも反映されています。「JavaScriptができます!」このセリフはもはやフロントエンジニアだけのものではありません。その流れとは一体何でしょうか?

    本記事では、JavaScriptを軸として求人を探している方に向けて、基本的な知識やその他最新の傾向について解説します。

    特に、現役ITエンジニアの中でも「JavaScriptでできることって、画面の動きだけでしょ?」とお考えの方、ぜひお読みください!

    JavaScriptエンジニアの需要は?

    もちろん、需要はあります。ただし、その中身(業務内容)が問題なのです。よって需要量の推移を語るだけでは物足らず、そもそも最新のJavaScriptとは何ができるのかを知る必要があります。

    求人の内容をある程度分類して、その順に解説します。

    フロント系のJavaScript

    最初は何といってもコレ!というくらい、JavaScriptの定番の使い方ですよね。

    JavaScriptは、1990年代に見た目を変化させる(つまりブラウザ上での表示を動的に変える)言語として誕生しました。現在に至るまでに紆余曲折があったものの、今なおその役割は大きいのです。

    HTMLは構造・CSSは体裁・JavaScriptは制御と演算といった具合に役割が決まっています。HTMLとCSSができるフロントエンジニアは多数いますが、JavaScriptのコーディングまでできるとさらに差をつけることができますよね。

    ゲーム開発におけるJavaScript

    ゲーム開発ツールの代表といえば、Unityですね。

    Unityにおけるゲーム開発では、C#とJavaSciptのいずれかが選択できます。Unity向けJavaScriptは厳密にはJavaScriptとは微妙に異なります。UnityScriptと呼ばれることも多いのです。Unityのコミュニティでも、UnityScript versus JavaScriptといった解説をよく見ます。

    JavaScriptに精通していれば、Unityを手がかりとしてゲーム業界へ就職できる可能性があります!

    ・・・と言いたいところですが、残念ながらUnity 2017から、JavaScriptはサポートされなくなりました。よってUnityの開発はC#のみになります。しかし、ポテパンをはじめとしてさまざまな案件紹介サイトでは、未だゲーム・Unity・JavaScriptというキーワードが一緒に記載されている案件を見ます。ゲーム系開発では、まだ使われているようです。

    JavaScript最新状況その1:React

    Reactとは、あのFacebookが開発したJavaScriptのUIライブラリです。後述するAngularとは異なり、MVCモデルでいうところのViewのみ担当します。画面の描画に仮想DOMという仕組みを採用することにより、高速な描画が可能なのが特徴です。Reactを完全に習得すると、jQueryが要らなくなると言われています。

    現在徐々に広がりを見せており、ポテパンの募集要件にも多く見られます。今後を見据えると今のうちに習得しておく方が良いでしょう。

    JavaScript最新状況その2:Node.js

    Node.js.は、サーバーサイドで動作するJavaScript実行環境です。この次に解説するAngularと混同しそうですが、こちらはいわゆる「サーバーサイドの実行環境のみ」になります。現にポテパンにてNode.jsで検索してみると、どちらかというとインフラ寄りの案件が多くヒットします。

    JavaScript最新状況その3:Angular

    以前のバージョンではAngular.jsといったのですが、最新版の名称から.jsが無くなってAngularといいます。こちらは完全にMVCフレームワークです。AngularだけでWebアプリケーションが開発可能です(もちろんDBやインフラは別問題として)。

    サーバーサイドはJavaやRuby、PHPといった開発言語で、フロントだけをJavaScriptというのはよくある構成です。しかしAngularは、フロントからサーバーサイドまですべてJavaScriptなのです。

    サーバー側の実行環境はNode.jsを使います。Angularのセットアップ時に、一番最初にすることはNode.jsをインストールすることなのです。

    JavaScript最新状況その4:TypeScript

    TypeScriptとは、JavaScriptをベースとした開発言語で、静的型付けやクラスベースでのオブジェクト指向が導入されています。元々はMicrosftが開発したものですが、現在はオープンソース化されています。AngularもTypeScriptでコーディングします。

    さまざまな特徴を兼ね備えていますが、特に重要なのが先に挙げた2つです。この2つの特徴がJavaScriptの特徴を覆すものであることは、JavaScriptを少しでも触ったことのある方ならお分かりでしょう。

    JavaScriptエンジニアの今後の需要は?

    上記でJavaScriptの新傾向を解説してきました。ここからはそれを踏まえて今の需要を分析し、そこから今後の需要を予想してみましょう。

    元々は厄介者だったJavaScript

    インターネットの黎明期、JavaScriptは画面の動きをつけるためのものでした。ただの視覚効果を狙うためのJavaSriptにも関わらず、そのJavaScriptが画面の描画速度を落とすことが多く、インターネット利用者によってはJavaScriptの動作を止めている人も多かったのです。

    今やJavaScriptは飛ぶ鳥落とす勢い

    それが今や「フロント」という枠を出て、サーバーサイド実行環境(Node.js)や立派なMVCモデル型フレームワーク(Angular)まで誕生しました。仮にモバイルのネイティブアプリや組み込み開発までできるようになれば、完全にJavaと並ぶほどになります。

    開発環境も、昔はテキストエディタやEclipseがメインでしたが、今やテキストエディタも種類やできることがとても豊富になりました。VisualStudio Codeの拡張機能を使っても良いでしょう。

    JavaScriptができることが増えて、さらに開発環境もとても種類が増えたので、もうこれを学ぶには最適な環境が揃ってきたと言えるでしょう。

    今のうちにJavaScriptをレパートリーに!

    この勢いに乗らないわけにはいきません。もうすでにフロント周りの技術の一つ、というだけではないのです。今のうちにJavaScriptを、いやできればTypeScriptやnode.jsを勉強し、レパートリーの一つと言えるようにがんばりましょう!

    JavaScript以外も学習しましょう

    JavaScriptの技術だけを求めている案件はとても少ないです。この次で代表的なものをピックアップして載せていますが、今まで述べてきたJavaScript以外の技術も合わせて求められることが多いのです。案件の面談によっては「JavaScriptフレームワークを使った経験はありますか?」と聞かれることもあります。

    少し広く見て、JavaScriptに伴って必要になる技術にも注目し、それらとのバランスを考えた学習計画を立てると良いでしょう。

    JavaScriptエンジニアの年収・単価相場

    JavaScriptエンジニアの年収や単価相場だけでなく、具体的にどんな案件があるかまで見てみましょう。

    医療・ヘルスケア分野フロントエンド
    単価~650,000円/月
    JavaScriptを使用したフロントエンド UI の開発

    フロントエンドエンジニア(ゲーム)
    ~800,000円/月
    エンジニアリーダーやメインプログラマーなど、アーキテクトや品質担保、テクニカルディレクションの何れかに興味がある方。

    Reactでオンライン学習サービスを開発するエンジニア
    ~800,000円/月
    サービス群の提供基盤となるグロービス会員プラットフォームシステムのフロントエンド開発業務

    大手旅行会社向け基幹システムリニューアル(サーバーサイド)
    ~650,000円/月
    サーバーサイドがGCP(Google Cloud Platform)のWebサーバーであるGAE(Google App Engine)上でのGOでの開発、フロント側がAngularJS、Typescriptを使用しての開発PJとなります。

    繰り返しますが、もはやJavaScriptはフロントだけのものではないということがお分かりいただけたでしょうか?

    未経験でもJavaScriptエンジニアとして転職できる?

    JavaScriptに限らず、そもそも未経験としてプログラマーの仕事を獲得できるかという問題があります。残念ですが、完全未経験でも可という案件はありません。ですが、それはあくまで「普通のプログラマーレベルの労力がほしい」という要望に対しての話です。

    副業支援サイトでJavaScriptという語句で検索すると、結構な案件が出てきます。その中には独学レベルでも可という案件もあります。こういった案件をゲットして、最初の一歩を踏み出すのもアリなのです。

    JavaScriptエンジニアのリモート案件はある?

    JavaScriptだからリモート案件が多い少ない、といった議論はできませんが、数は少ないもののあります。特にUI周りのコーディングが多いようです。変わりダネとしては、オンラインスクールでのJavaScriptの講師、という案件もありました。

    転職サイトやポテパンをはじめとしたフリーランス向けの案件紹介サイトなどで、日々追加される情報をこまめにチェックし、案件を探してみてください。

    JavaScriptエンジニアのアルバイト・派遣求人はある?

    十分あります。特にUI・フロント周りのコーディングで、部分的に人手を借りたいのでアルバイトや副業家を募集する、といったケースが多いようです。特に最近多いのは、仮想通貨に絡んだサイトの構築にてJavaScriptのできる人を募集しているといった案件です。額も高額になりがちです。

    こちらも、副業の案件紹介サイトで日々追加される情報をチェックしておきましょう。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE