プログラミングに年齢は関係ある?始める年齢と定年説について
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.07.24

    プログラミングに年齢は関係ある?始める年齢と定年説について

    かつて、プログラミングというのは特殊な技術でした。コンピュータの専門学校か大学や高専で情報工学などの特殊な分野を専攻し、その上で高価な専用機を使って複雑なプログラムをするという、極めて特殊な専門職だったのです。しかし、現在では10万円未満のパソコン一台とインターネットがあれば、書籍の専門書や、ネットの情報などだけで十分プログラミングの学習は可能です。とは言え、実際にどのような方法で、いつ頃から勉強をはじめるべきかということは、意外とわからないものです。

    プログラミングは何歳から始めるべきか?

    現在、空前のプログラミング教育ブームが到来しています。街にはプログラミングスクールが次々と新設され、ネット上でも有料・無料を問わずオンラインのプログラミング教室が次々とオープンし、誰でも気軽にプログラミングを勉強できる環境が整っています。

    では、一体プログラミングは何歳から始めるのが適当なのでしょうか。この問いの答えは「早ければ早いほど良い」というのが現在もっとも有力です。多くの識者がプログラミング教育の必要性を訴えていると同時に、日本では2020年からプログラミングの授業が義務化されることが決定していることが背景にります。そして、それに向けて多くの親たちが子供をプログラミングスクールに通わせ始めています。

    例えば、小学生くらいの子供がプログラミングの勉強を始めようとした場合、かつては専門書なども大人向けに書かれている教材を使用する場合がほとんどで、子供が学習していくのは非常に困難な環境でした。しかし、近頃はScratchなどの子供向けのプログラミング言語が開発されたり、それをわかりやすく解説する子供向けのプログラミング教室が開設されたりと、プログラミングを子供の頃から学習するための環境が整ってきています。

    その上、現在パソコンがありインターネットさえ接続できればプログラミングを行う環境は無料で入手できます。かつてはプログラミング言語のソフトウェア自体も、かなり高いお金を出して購入する必要があったのですが、現在はほぼ無料でプログラミング環境を入手できます。

    最近では、教育の「Education」と技術の「Technology」をあわせた「Edutech」という造語も生まれ、コンピュータプログラミングの技術教育が奨励されています。そういったこともあり、たとえて低年齢でも、プログラミングを始めようと思えば誰でも簡単に始められます。

    プログラマー○歳定年説というのは本当か?

    前述のように、プログラミングの教育を始めるのは早い方がいいわけですが、かといって、ある程度年齢が高くなってからプログラマーとして通用しなくなるかと言うと、決してそんなことはありません。

    現在、多くの平均的なプログラマーが本格的にプログラミングの勉強を始めるのが、だいたい20歳前後です。だいたいが、プログラミングやIT技術を学べる専門学校や大学の情報科学科といったところです。

    しかし、いわゆる文系プログラマーと呼ばれる人たちは、大学などを卒業後、システムインテグレーターなどに就職して入社後に初めてプログラミングを勉強するというケースが多いため、場合によっては二十二歳ぐらいから、というケースも非常に多いのです。

    そのくせ、この業界には「30歳定年説」とか「35歳定年説」という言葉も存在します。もしもその言葉が本当ならば、プログラマーと言う職業は10年少ししか出来ないということになってしまいます。これではスポーツ選手並み、あるいはそれよりも寿命が短いということになってしまいます。果たして、そんなことがあるのでしょうか?

    もちろん、そうではないことは多くの実例によって証明されています。しかし、このような説が唱えられるには、それなりの理由があります。まず、一般的にプログラマーの仕事は長時間労働になりがちです。更に、不具合への対応などで徹夜することもざらにあり、体力的・精神的にもタフであることが要求されることがあります。

    そういったこともあり、年齢的に高くなるとプログラマーとして働くのがきつくなるということもあり、プログラマーが出来るのはどうしても体力的にも精神的にも強い30代前半までだろうということで、この定年説が出てくるわけです。

    しかし、これはその年齢が来たらプログラマーが働けなくなるということを意味しているわけではありません。多くの会社ではある程度の年齢になったらプログラマーから管理職になったり、システムエンジニアなどに昇格したりして自然にプログラミングから遠ざかり、結果的にプログラマーでなくなるという場合がほとんどだからです。

    また、実力のある人はあえてプログラマーとしてのキャリアを続け、30代どころか40代、50代になっても仕事を続ける人もいます。なので、プログラマーになったら30代で失業してしまうのかといったような過度な心配はする必要はありません。

    年齢が上がってからプログラマーに転職するデメリット

    とはいえ、もしもプログラマーとして転職するのなら、出来るだけ早い方がよい、というのも事実です。というのも、通常プログラマーというのは単独で仕事をするわけではなく、多くの場合チームで仕事をします。

    そのチームを統括しているのがマネージャーやプロジェクトリーダーと呼ばれる人なわけですが、そういう人の本音はなるべく使いやすい人が良い、ということなのです。

    実力主義の考え方が広く広まってきたとは言え、年功序列の傾向が強い日本の会社では、新卒・転職問わず自分よりも年齢が低い方が、マネージャーも安心するという傾向にあります。同じくらいの実力であれば、会社側もやはりどうしても年齢の低い方を選びがちです。

    ですので、ある程度年齢が高い状態での転職の場合は、実力およびキャリアをアピールできる必要があります。実際、求人情報サイトなどを見ると、プログラマーの定職に年齢制限を設けている会社は少なくありません。その理由は様々ですが、一つはそのためです。

    30代以降になっても、未経験からプログラマーに転職できる例はありますが、その際には、実力をアピールする作品などを作る必要があります。具体的には、スマートフォンアプリや、ウェブアプリなど、具体的に自分で考えて設計・実装をおこなったようなソフトウェアがあると有利です。

    プログラミングに年齢は関係ない?!

    では、年齢が高い人がプログラミングを始めることに意味が無いかと言うと、決してそんなことはありません。例えば近頃はプログラマーの求人でも、シニア歓迎と言うことを前面に押し出しているような求人も増えてきました。

    それらの求人は組み込み機器向けのプログラミングや金融機関のメーンフレームと呼ばれる特殊な大型のコンピュータ向けのプログラムであったりと、高度な熟練技術を要する分野がほとんどですが、こういった求人が存在することも、年齢がある程度高くてもプログラマーを仕事として続けていける証拠です。

    更に、プログラマーとなることが前提と言うよりも起業が前提でプログラミングを学習する人も増えています。そういう人たちの目標は自分が制作しようとするビジネスのためのウェブサービスやスマートフォン向けのサービスを自分で作ろうとしてプログラミングを勉強しています。

    そういう人たちは若い人も多いと思われがちですが、中には年齢が30代、場合のよっては40代以降と言う人も少なくありません。こういう状況から見ると、プログラミングの学習を始めるのには必ずしも年齢は関係ないということが良くわかります。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE