エンジニアリングを直訳すると「工学」。工学における教育プログラムに関する検討委員会によると「工学」とは次のように定義されています。

工学とは

工学とは数学と自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学の知見を用いて、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問である。

理学が「基礎科学」なのに対して工学は「応用科学」と位置付けられることもあり、様々な分野で「○○工学」という言葉を耳にしますよね。
ではIT業界においての工学とは?この答えはご存じの通り、システム設計やアプリケーション開発など未だ見ぬ新しいモノ・環境や現状存在するそれに対し、人々の生活をより豊かなものにするにはどうすれば良いのかを模索し達成することを目的とした技術の総称といえます。そしてこれらの技術を有する者を「エンジニア」と呼んでいます。
本記事ではITにおけるエンジニアリング(技術)について、より具体的に分かりやすく説明していきます。

エンジニアリングとは

冒頭でも述べたようにITにおけるエンジニアリングとはプログラムやシステムを構築し成果物を生成する技術を指します。
アプリケーションやシステムなどは全て、様々な言語や技術を組み合わせて作られています。ネットワーク一つとっても、PCにLANケーブルを繋ぐとすぐにインターネット接続が完了しネットサーフィンが可能になるわけではないですよね。ネットワーク接続ソフトやインターネットブラウザは、PCに詳しくない人でも簡単にインターネットを使えるように出来る代表的な技術であり、エンジニアリングとはこういった目的に対して様々な技術を駆使し達成するための作業を指しているわけです。

エンジニアリングの種類

ITエンジニアリングといってもそこには様々な分野があります。
代表的なエンジニアリングをいかにまとめてみました。

システムエンジニアリング

システム設計に関するスキル全般を指します。
ここでいうシステムとはアプリケーションや交通システムなど単独または複合で動作するシステムのことです。

サーバーエンジニアリング

サーバーの設定・運用・保守などサーバーに係わる全てのスキルです。
データベースの設計を主とするデータベースエンジニアリングもサーバーエンジニアリングに含まれます。

ネットワークエンジニアリング

ネットワーク全般に係るスキルを指します。
ネットワークシステムの開発・設計はシステムエンジニアリングに該当するため、ここでは運用・監視・保守といった技術を指します。

Webエンジニアリング

ホームページなどwebを利用したシステムを設計構築する技術全般を指します。
一般的にプログラマーと呼ばれる職業は必要に応じて様々な言語を使いプログラムを組み立てる作業をする職業であり、目的によってwebエンジニアリングとシステムエンジニアリングの双方に該当します。

エンベデッドエンジニアリング

俗にいう「組み込み系」エンジニアリングを指します。カーナビやオーディオ機器、テレビやその他の生活家電など様々な電子機器に使用されている電子部品に使われる技術です。大きいものでは飛行機や自動車にも使用されています。

使用言語の違い

ITエンジニアという言葉がありますが、それはどの職業を指しているんですか?

IT業界全般で働く専門職は全てITエンジニアです。これら全ての職業の総称として使われます。

ITエンジニアという言葉がありますが、これはIT業界における各分野のエンジニア全体を指す広義であり、ITエンジニアリングという言葉はあってもITエンジニアという職業はありません。
ネットワークエンジニア、システムエンジニアなどエンジニアは各分野において存在しており、その違いは使用している言語にあります。
例えばPHP、JavaScriptといった2種類の言語は主にWebエンジニア(Webプログラマー)と呼ばれる職業に使われています(Webエンジニアが必ずこの二つしか使わないわけではありません)。これはPHPとJavaScriptがWebシステムを主軸に開発された為、非常に相性が良い為です。このほかにもC言語やビジュアルベーシック、Javaなど様々な言語が存在します。

ITエンジニアリングは社会を豊かにする

ITエンジニアリングは人が生活する上での豊かさに直結する部分が多くあります。
例えば長距離を移動する為に現代では飛行機を使いますよね。この飛行機も様々な技術の集大成であり、ITエンジニアリングは飛行機の実現に大きく貢献しています。また最近話題になっているAIもITエンジニアリングなくしては誕生しませんでした。もっと身近なところでは皆さんが恐らく毎日使っている携帯電話(最近ではスマートフォンが主流ですね)。これはもうITエンジニアリングの集大成といっても過言ではないと思います。スマートフォンはもはや電話というよりは携帯できる小さなPCですよね。携帯電話が存在しない生活は今では想像できませんが、昔はこんな時代が来るなんて思ってる人はいなかったはずです。
このようにITエンジニアリングというものは、想像力とその力で人々の生活を大きく変えることが出来るものなのです。

環境の整備は急務

人の生活を豊かにするITエンジニアリングですが、内閣が公表している成長戦略でも海外エンジニアの活用を進めると書かれるほどに、その技術を担うエンジニアが日本では不足しています。その原因は過酷な労働環境にあると言わざるを得ません。企業に存在する36協定(労働時間に関する仕組み)すら守られていない現場もいくつも存在しています。ただこれについては技術者の不足からくる負の連鎖が断ち切れない部分が非常に多く、日本国内にエンジニアが増えてくれば自然とこういった劣悪な環境は減少していきます。

ポテパンダの一言メモ

36協定とは?
「さぶろくきょうてい」と呼ばれる労働基準法36条に基づく労使協定の事。法定労働時間を超過して時間外労働をする場合に必要となります。企業は届け出をしないまま労働をさせてしまうと労働基準法違反となります。

実は意外と簡単な言語

エンジニアはそう難しい職業ではない

プログラム言語の学習は難しいと思われがちですが、実はそんなことはないのです。
簡単なところでいうとホームページを作るのに欠かせないHTMLもプログラム言語です。一昔前であればホームページを制作するWebデザイナーやコーダーという職業は選ばれしもののみがこなせる職業という感じでしたが、今ではごく当たり前にかなりの人がホームページを作れます(Webデザイナーやコーダーが簡単だと言っているのではありません)。PCと聞くと大抵の人は難しい、よくわからないと思いがちですがそれは単純に食わず嫌いなだけで、いざ勉強してみると「あ、こんな簡単なの?」という部分は非常に多いはずです。

まずは触ってみることが重要!

学習において何でもそうだと思いますが、まずは動機ですよね?人は何かがあって初めて行動を起こすわけですから。受験勉強にしても希望の学校へ入りたいと思うからこそ、その学校受験に必要な学力への到達の為にそれに見合った勉強をしますよね。プログラムに必要な言語の学習も恐らくほとんどの人は、PCを触るのが単純に好きだったり、特にこれといって理由はないけどちょっと興味が沸いたとか、簡単な理由だったと思います。
今であればほとんどの人はスマートフォンに夢中ですよね。LINEで連絡を取り合う行為なんて毎日嫌になるほど多用している人も多くいるのではないでしょうか。そういったアプリも、人によっては「もっとこういう機能が欲しいなー」とか「この部分は使い難いな」ってあるはずです。これはもう既に学習するに値するだけの動機になるのではないでしょうか。
言語を学習してプログラムを扱えるようになれば、自分でこういったアプリケーションを開発することも可能です。当然大きなシステムを一人で作るにはそれなりの時間がかかるかもしれませんが、一人では大きなシステムが作れないのかというと、そんなことはありません。
エンジニアの環境改善には新しいエンジニアを増やすことが必要不可欠ですが、環境というものはこういった些細なきっかけから始まることが多いのです。

エンジニアを目指そう!

今後エンジニアという職業は益々必要性が強くなっていきます。それに伴い他の業種に比べ有利な条件(就業時間や給与、福利厚生など)も増えてくることでしょう。大手企業では入社数年で1000万円を超えているようなモデルケースも増えつつあり、拘束時間に関しても多くの企業では環境の整備が急速に進んでいますので、ブラックな業界と呼ばれる事も少なくなってきました。最近は若い人たちの悩みとして給料が安く未来に希望が持てないという記事を目にしますが、エンジニアという職業はこれからの時代に最も必要な業種であり、報酬もかなりの高水準です。また人の生活をより豊かに出来るというやりがいもあります。
学習コスト一つとってみても、今はネットでいろんなサイトが動画などで詳しく説明していたりもしますので、ちょっとでも興味を持ったならぜひ一度プログラミングの世界に飛び込んでみるべきだと思います。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。