C言語プログラミング能力認定試験を受けてみよう!難易度や勉強法について
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.10.23

    C言語プログラミング能力認定試験を受けてみよう!難易度や勉強法について

    IT関連は様々な検定が行われていますが、皆さんはいかがですか?

    もし皆さんが ”これからプログラミングを学ぼうと思っている” もしくは”未経験だけれどもIT業界への転職を検討している” ということであれば是非、検定を受けることも検討してみてください。

    ここではプログラミング言語はかなり多種にわたって存在していますが、その中でも昔から基幹システムなどでも使用されてきたC言語に関する検定に関する情報を中心にご紹介していきたいと思います。

    C言語プログラミング能力認定試験とは

    概要

    C言語プログラミング能力認定試験は、サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催している民間資格試験です。

    C言語を用いた応用プログラミングを作成する能力を認定するものになっており、1級、2級、3級と資格試験が設けられています。

    1級は”C言語を用いて応用プログラムが作成できる能力がある”、そして”使用しているOSについても理解がある”ということを認定するもの。

    2級は”500行程度の小規模プログラムを適切に早く書くこと”そして”基本的なアルゴリズムの理解がある”という事が認定されるもの。

    3級はC言語の概念を理解し簡単なプログラムが書けるということを認定するものになっています。

    試験は6月と10月の年に2回おこなわれており、受験地は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5か所になっています。

    合格ラインは正答率60%となっていますので、それほど厳しい基準が設けられている、ということはありません。

    ですが、中には不得手な方には一問解くのに試験時間の大半を費やしてしまうような問題もあったりするため、難しいと感じる方もいらっしゃるようです。

    難易度

    60点を取ればよいのか、それならばそれほど難しくはないと思われるかもしれません。

    ですが実際に受験された方の合格率を見てみると、約68%となっており、それほど簡単なものではないこともわかります。

    初心者が3級に合格するための学習時間の目安が110時間、1級は2級取得者が70時間の学習後が合格の目安である、と公開されています。

    試験勉強として考えるとかなり長めの時間設定になっていますね。級ごとの試験概要としてはこのようになっています。

    3級はこれからC言語を用いたプログラミングを学ぼうという初心者に向けたもの。2級は初歩的な短いプログラミングができる程度のもの。1級は試験環境がBorlandC++ Compiler5.5と定められており、コマンドプロンプトの理解がなければ試験にもならなくなってしまう、ということもあり2,3級とはかなり大きく異なる内容になっています。

    1級合格は就職面接などの際にも「実務経験はないがC言語を使ったプログラミングは理解している」ということをアピールすることもできる程度の難易度と認識しても間違いではないでしょう。

    どんな問題がでるのか

    1級は実技試験で、事前に公開されたテーマプログラムに対しての仕様変更、仕様追加の対応となっており、コーディングするだけではなくコンパイルとデバッグまでを含めたプログラム作成となっています。

    実際のの問題では、コーディングだけではなく変更仕様書の作成などの設計にもかかわる出題も含まれています。

    総合的にC言語を用いたプログラミング開発、に対しての知識、技術が必要になってきます。

    2級3級については多岐選択回答形式、マークシート形式で、出題範囲に従って出題されます。プログラミングの文中のブラックボックスの中を回答する、といったような問題も出題されます。

    1級のような設計にかかわるような知識というよりは、C言語の基礎的なこと、アルゴリズムなどの知識が必要な内容になっています。

    C言語ならではの知識となるポインタ、入出力関数、構造体といったことは最低限として理解できているほうが良いでしょう。

    C言語プログラミング能力認定試験を受けるメリット

    一般的に就職などに有利になるものというと、民間のものではなく国家試験であったり、それに準ずるようなものでなければ・・といわれている印象を持たれている方は多いでしょう。

    民間資格であるC言語プログラミング能力認定試験ですが、試験を受けるメリットとして「履歴書に書ける」ということがあります。

    ただし、就職の際有利になるのは1級、もしくは2級と考えておくのが良いでしょう。

    実務経験なしでの転職若い世代であったり、未経験者の転職などの場合には、「1級(もしくは2級)に合格できるレベルの知識は有している」ということを伝えることができます。また、就職の際の面接でも、自己アピール材料にもなります。

    なお、この資格の学習・受験をすることで、初心者からでもしっかりとC言語を理解し、自分の理解度がどの程度まで深まったのかを客観的に知ることができます。

    実務経験がないからこそ、自分の実力がどの程度あるか測りにくいものですが、そういった意味でもC言語プログラミング能力認定試験を受けるメリットはある、と言えます。

    検定を受けると、合否の結果だけではなく、実際の点数もわかります。ただ”受かった””落ちた”というだけではないので、ご自身の実力を測るという意味ではかなり役に立つでしょう。

    C言語プログラミング能力認定試験の参考書

    わかりやすいC入門編

    3級対策としてお勧め、イラストが多いので概念を理解しやすいと人気の一冊。公式サイトでもお勧めの学習本として紹介されています。

    新C言語入門

    こちらも公式サイトでおすすめの学習本として紹介されている一冊。実際に現場でも新人さんをはじめ多くの方が愛用していることも多い一冊です。

    新・明解C言語 入門編

    こちらもかなり基本的なところを重点的に解説しているテキストとして、実際のシステム開発の現場でも使用されている一冊です。

    新C言語入門、わかりやすいC入門編と同様に、C言語初心者のためのバイブルとして薦められることが多いものです。

    C言語ポインタ完全制覇

    C言語の中でも特につまづく方の多い“ポインタ”について、しっかりと理解させてくれる一冊としておすすめされることの多い本です。実際に、実践の現場に出てもポインタに躓く方は多いのですが、ポイントだけ解説されたこの本は特に理解しやすいと評判のようです。

    C言語プログラミング能力認定試験 過去問題集

    3級から1級まで、級ごとに発売されている書籍。ある程度学習が進んだところで、そこまでの自分の実力を測るために過去問題を解くことはお勧めの学習法です。

    ここでわからないところ、間違えたところなどをテキストで復習していくことで、より効果的な学習ができます。

    その他のプログラミング関連の資格

     情報処理検定試験

    全国商業高等学校協会が主催している”情報処理検定試験”は3級から1級までの3段階で行われています。

    プログラミングの基礎を習得している、ということを証明するために必要なものとして、アルゴリズムの理解、プログラミング言語を論理的な理解、これらを生かしたソフトウェアの開発があげられます。

    この基礎を習得したうえで、合理的にコンピュータを活用することのできる能力を養うための検定試験、という位置づけになっています。級によって試験内容は異なりますが、実務的な表計算ソフトの活用、DBソフトウェアの活用、プログラミングに関する技術などを図る内容になっています。

    Oracle Certified Java Programmer

    広く活用されているデータベースソフトウェアを開発販売している企業として有名なOracle社。

    2012年の9月に新設されたこの新資格。実際の現場でもOracleの資格を所有しているというのはかなり評価も高くなります。特にこのOracle Certified Java Programmerに合格するとブロンズではなくシルバーの資格を所有することができますから、より実践に役立つ知識を持っていると評価されることも多くなります。

    難易度が高いことも有名で、受験料も高い試験ではありますが、かなり多くの方が資格取得を目指す資格試験です。

    情報処理技術者試験

    経済産業省が情報処理技術者としての知識や技能が一定以上の水準に達しているかどうかを認定するための国家試験として、IT業界でも取得を必須とする企業も多い資格試験です。

    色々な資格試験により区分されていて、一般的な知識を有することを認定するITパスポート試験、また高度な知識や技能を有していることを認定するための各スペシャリストのための資格試験もあります。

    まとめ

    プログラミング言語はC言語をはじめとして、様々な言語が存在しています。新しい言語もどんどん生み出されていく中で、基礎的な知識から、プログラミングをするために必要な基本的な技術、アルゴリズムへの理解、考え方への理解などを客観的に判定し、だれが見てもわかりやすい形にしてくれる資格試験。

    これから仕事に生かしていくために、そして就職や転職を有利にするために自分のことをアピールする材料として有意義な資格試験。どのようなことを学び、資格試験に合格することができるのか、合格することのメリットなどをご紹介させていただきました。

    皆さんのこれからのキャリア形成にお役に立てれば幸いです。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE