バナー画像

ビジネスの場でもっとも多く使うと言われている表計算アプリExcel。Excelでの自動化やデータベース連携などをシステム開発ですることがあります。ユーザが使い慣れたアプリをフロントエンドに使いたいという要望も多いんですね。

当記事では、Excelでプログラミングを行うメリットなどを紹介します。Excelの開発環境VBA(Visual Basic For Applications)って知ってるけど触ったことなかったな…という園児には必見です。

この記事の結論
  • ExcelのVBAは統合開発環境が標準装備されていて、開発環境構築が不要
  • Excelの開発は、初心者のプログラミング学習にも最適
  • Excelで開発を始める具体的な方法

プログラミングをExcelでやるメリット

環境構築が簡単

ExcelにはVBE(Visual Basic Editor)と呼ばれるVBAを開発するための統合開発環境が標準装備されているため、Excelさえインストールされていればプログラミングを行うために開発環境を構築する必要はありません。ただ、昨今のウイルス問題の対策として、Excelは標準でVBAがフルに使える設定になっていませんので、設定の変更は必要です。

設定変更の手順ですが、まずはオプションからセキュリティセンターを開き、マクロの設定を「すべて有効」にしてください。次にリボンのユーザ設定から開発タブを表示するように設定を変更してください。

設定変更はこの2点のみです。

実務で使える

Excelを使わない日はないくらい実務で活躍しているアプリケーションですが、Excelで行なっている作業の半分以上は定例の内容ではないでしょうか?Excelでプログラムが作れるようになるとそれら定例作業はツールなどで置き換え可能になります。

例えば、営業マンの毎月の売上を報告書様式に編集し、合計行を作り、グラフを作成すると言うような作業はVBAでツール化出来ます。集計対象の営業マンが半日仕事になるような作業であってもツール化出来れば、5分もかからず報告資料が出来上がるようになります。

初心者向けのプログラミング学習に使える。

実はExcelプログラミングは初心者のプログラミング学習に最適なのです。その理由としては、以下の点があげられます。

  1. Excelプログラミングで使える言語であるVBAは初心者向けのプログラミング言語の1つであるBASICをExcel向けにアレンジしています。そのため、初心者がプログラミングを学習するのにはもってこいの言語なのです。
  2. ExcelにはVBEという統合開発環境がある事は前述しましたが、このVBEには入力補完機能付きエディター機能とデバッガー機能を持つ立派な開発環境になっています。
    プログラミング初心者が学習過程でつまずく点としてデバッグが難しいという点があげられます。エラー原因を効率的に追究するためにはデバッガーは欠かせません。
  3. プログラミング向けのヘルプが標準で用意されていますので命令などの仕様確認も簡単に行えます。
  4. サンプルや初心者向け入門テキストが多く公開されていますので、実装方法で迷った場合にGoogleなどで検索するとかなりの確率で答えを見つけることができます。

未経験からエンジニア転職に実績のあるプログラミングスクールはこちら

マクロとは?

マクロとは

マクロとはある一定の操作をまとめて実行できるようにするための機能の総称です。テキストエディタにもマクロ機能があるように、Excelにもマクロ機能があります。「マクロ」と表現されているメニューもあります。

マクロとVB(VBA)の違い

前述のようにマクロは「一定の操作をまとめて実行」するための「機能」ですが、VBAはそのマクロを作成するための「プログラミング言語」という事になります。そのためマクロとVBAはまったく概念の異なるものです。

ちなみに、ExcelではExcel4.0マクロというマクロを作成するための言語があり、VBAを使わなくてもマクロを作成する事ができます。(これはExcel4.0時代のマクロ機能で使われる言語です。)

プログラミングをExcelで始める方法

Excelでプログラミングを始める手順を簡単に説明します。ここでは前述の設定変更は終わっている、という前提で説明するのでまだの場合は先に設定を終わらせておいてください。

  1. Excelを起動する。
  2. 開発タブを選択し、Visual BasicというアイコンをクリックするとVBEが起動します。
  3. 挿入(I)メニューの標準モジュール(M)を選択するとVBAを記述するエディター画面が開きます。

あとは実際のプログラムを作成していくだけです。プログラムの作成が終われば実行(R)メニューからプログラムを実行する事ができます。

効率よくプログラミングが学べるスクールはこちら

まとめ

今回はExcelを使ってプログラミングを行う事について説明してきました。表計算ソフトでありながらマクロ機能を作成するための、VBAというシステムまで開発する事が出来るプログラム言語とそれを開発するための統合開発環境まで標準装備しているExcelでプログラムを作成しない手はありません。

また、Excelはプログラミング初心者の学習プラットフォームとして必要な機能も標準で持っていますので初心者のプログラミング学習にも活用できるでしょう。

ExcelVBAを使ってプログラムを作成する事が出来ればExcelを使った業務を補助するツールの作成や本格的なシステム開発まで行うことができ、将来性もありますので、是非、これを機会にExcelでのプログラミングを始めてみてはどうでしょうか。

ポテパンキャンプは、未経験からウェブ系開発企業への内定率100%のプログラミングスクール。ExcelVBAでのプログラミング学習が物足りなくなったらチェックしてみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。