Excel(エクセル)でプログラミングを始めよう!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2017.10.07

    Excel(エクセル)でプログラミングを始めよう!

    システム開発の現場で1番使うアプリケーションと言えばExcelではないでしょうか。

    見積もりの計算にスケジュール管理、プログラムの仕様書などなど。ありとあらゆるドキュメントがExcelで作成されています。

    そんなExcelには、VBA(Visual Basic For Applications)と言うプログラミング言語・環境が標準でついており、日頃の雑務を自動化するのはもちろん、データベースと連携したシステムまで開発する事ができるポテンシャルを備えています。

    毎日使うほどの身近で便利なExcelですが、標準機能のVBAでプログラミングをした事がないと言うエンジニアは案外多いようです。

    今回は、Excelでプログラミングを行うメリットなどを紹介します。

    プログラミングをExcelでやるメリット

    環境構築が簡単

    ExcelにはVBE(Visual Basic Editor)と呼ばれるVBAを開発するための統合開発環境が標準装備されているため、Excelさえインストールされていればプログラミングを行うために開発環境を構築する必要はありません。ただ、昨今のウイルス問題の対策として、Excelは標準でVBAがフルに使える設定になっていませんので、設定の変更は必要です。

    設定変更の手順ですが、まずはオプションからセキュリティセンターを開き、マクロの設定を「すべて有効」にしてください。次にリボンのユーザ設定から開発タブを表示するように設定を変更してください。

    設定変更はこの2点のみです。

    実務で使える

    Excelを使わない日はないくらい実務で活躍しているアプリケーションですが、Excelで行なっている作業の半分以上は定例の内容ではないでしょうか?Excelでプログラムが作れるようになるとそれら定例作業はツールなどで置き換え可能になります。

    例えば、営業マンの毎月の売上を報告書様式に編集し、合計行を作り、グラフを作成すると言うような作業はVBAでツール化出来ます。集計対象の営業マンが半日仕事になるような作業であってもツール化出来れば、5分もかからず報告資料が出来上がるようになります。

    初心者向けのプログラミング学習に使える。

    実はExcelプログラミングは初心者のプログラミング学習に最適なのです。その理由としては、以下の点があげられます。

    1. Excelプログラミングで使える言語であるVBAは初心者向けのプログラミング言語の1つであるBASICをExcel向けにアレンジしています。そのため、初心者がプログラミングを学習するのにはもってこいの言語なのです。
    2. ExcelにはVBEという統合開発環境がある事は前述しましたが、このVBEには入力補完機能付きエディター機能とデバッガー機能を持つ立派な開発環境になっています。
      プログラミング初心者が学習過程でつまずく点としてデバッグが難しいという点があげられます。エラー原因を効率的に追究するためにはデバッガーは欠かせません。
    3. プログラミング向けのヘルプが標準で用意されていますので命令などの仕様確認も簡単に行えます。
    4. サンプルや初心者向け入門テキストが多く公開されていますので、実装方法で迷った場合にGoogleなどで検索するとかなりの確率で答えを見つけることができます。

    マクロとは?

    マクロとは

    マクロとはある一定の操作をまとめて実行できるようにするための機能の総称です。テキストエディタにもマクロ機能があるように、Excelにもマクロ機能があります。「マクロ」と表現されているメニューもあります。

    マクロとVB(VBA)の違い

    前述のようにマクロは「一定の操作をまとめて実行」するための「機能」ですが、VBAはそのマクロを作成するための「プログラミング言語」という事になります。そのためマクロとVBAはまったく概念の異なるものです。

    ちなみに、ExcelではExcel4.0マクロというマクロを作成するための言語があり、VBAを使わなくてもマクロを作成する事ができます。(これはExcel4.0時代のマクロ機能で使われる言語です。)

    プログラミングをExcelで始める方法

    Excelでプログラミングを始める手順を簡単に説明します。ここでは前述の設定変更は終わっている、という前提で説明するのでまだの場合は先に設定を終わらせておいてください。

    1. Excelを起動する。
    2. 開発タブを選択し、Visual BasicというアイコンをクリックするとVBEが起動します。
    3. 挿入(I)メニューの標準モジュール(M)を選択するとVBAを記述するエディター画面が開きます。

    あとは実際のプログラムを作成していくだけです。プログラムの作成が終われば実行(R)メニューからプログラムを実行する事ができます。

    まとめ

    今回はExcelを使ってプログラミングを行う事について説明してきました。表計算ソフトでありながらマクロ機能を作成するための、VBAというシステムまで開発する事が出来るプログラム言語とそれを開発するための統合開発環境まで標準装備しているExcelでプログラムを作成しない手はありません。

    また、Excelはプログラミング初心者の学習プラットフォームとして必要な機能も標準で持っていますので初心者のプログラミング学習にも活用できるでしょう。

    ExcelVBAを使ってプログラムを作成する事が出来ればExcelを使った業務を補助するツールの作成や本格的なシステム開発まで行うことができ、将来性もありますので、是非、これを機会にExcelでのプログラミングを始めてみてはどうでしょうか。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE