Ruby on Railsでできることって何?利用用途や既存サービスを確認しよう
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2021.04.01

    Ruby on Railsでできることって何?利用用途や既存サービスを確認しよう

    Ruby on Railsは国内でも様々なプロジェクトで利用されており、名前くらいは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

    本記事では、Ruby on Railsでできることを中心に利用用途や既存サービスについてご紹介していきます。

    Ruby on Railsって何?


    Ruby on Railsでできることを確認する前に、前提知識としてRuby on Railsが何なのかについて確認しておく必要があります。

    Ruby言語用のフレームワーク

    Ruby on Railsは、プログラミング言語「Ruby」で利用するためのフレームワークです。

    フレームワークは、開発を簡単で効率的に行うためのもので、既にあらゆる人の手でテストが実行され動作が保証された便利な機能を手軽に利用することが可能となります。

    Rubyでは「Ruby on Rails」が代表的なフレームワークとなっており、ほぼ市場を独占状態となっているため、Rubyでの開発で利用するなら真っ先に検討すべきフレームワークです。

    Ruby on Railsでできること


    Ruby on Railsでできることは多岐に渡りますが、一般的によく開発で利用されるシステムをご紹介していきます。

    Webサイト

    まずRuby on Railsを利用するシステムとして代表的なものに「Webサイト」が挙げられます。

    Rubyはスクリプト言語でWeb系の開発に強く、Ruby on RailsもWeb系開発で最も威力を発揮すると言えます。

    小~中規模のWebサイトを中心に様々なWebサイトで利用されており、ブログ・サイトなどもWordpressでなくRuby on Railsで構築することが可能です。

    ECサイト

    ECサイト(ショッピングサイト)でも、Ruby on Railsは頻繁に利用されています。

    ECサイトで必要なユーザーのログイン機能が簡単に実装出来ることや、他のフレームワークやAPIと連携することで決済機能も簡単に実現出来ることから多くの開発者が利用しています。

    SNSやWebアプリケーション

    Webサイトだけでなく、SNSなどを始めとした「Webアプリケーション」開発でもRuby on Railsは積極的に採用されています。

    上述したように、Ruby on RailsはWeb系の開発に強く、Webサイトだけでなくアプリケーションを作成することも簡単に実現可能です。

    プログラミング初心者向けの教材としても、簡易的なSNSの実装はよく取り上げられる課題の1つで、初心者でもRuby on Railsを利用することで比較的簡単に実装することが出来ることを表しています。

    スクレイピング

    スクレイピングはWebサイトから特定の情報を自動で取得し、取得した情報を加工して新たなデータとして取り扱う技術です。

    例えば「Webサイトの商品価格を収集して一覧化した上で比較する」などの処理を自動で行うシステムを作成することが可能です。

    Ruby on Railsでは「Nokogiri」というライブラリが有名で、プログラミング初心者の方でも比較的簡単にスクレイピングのシステムを実装することが出来ます。

    API

    近年のWebシステムでは、サーバーとのやりとりにAPIを作成して再利用可能な状態を作ることも珍しくありません。

    Ruby on RailsでもAPIの構築は可能で、Webアプリ開発時はもちろん、スマホアプリ開発のサーバー連携用API部分をRailsで実装するなどの用途で利用されます。

    Ruby on Railsでできないこと


    Ruby on Railsでできないことに関しても確認しておきましょう。

    厳密にはライブラリなどを利用すれば不可能ではありませんが、実際に利用されることはあまりないという意味で適していないと考えてください。

    スマホアプリ

    Ruby on Railsを利用してスマホアプリを作成するプロジェクトはほとんどありません。

    「RubyMotion」というソフトを利用すれば開発自体は可能ですが、JavaやSwiftといったスマホアプリに適したプログラミング言語を利用するのが一般的です。

    機械学習

    機械学習に関してもRubyで不可能とは言いませんが、適しているとは言えません。

    機械学習の領域に強いPythonや専用のライブラリを利用することを検討した方が良いでしょう。

    Ruby on Railsが人気の理由


    Ruby on Railsはプログラム初学者はもちろん、プログラミング経験者の方にも人気のフレームワークです。

    Ruby on Railsがなぜ人気で開発でも積極的に利用されるのかご紹介していきます。

    日本語情報が豊富

    Rubyの開発者が日本人ということもあってか、Ruby on Railsの情報は日本語だけでも豊富にインターネット上で確認することが出来ます。

    初心者向けのプログラミング学習サービスでもRuby on Railsを利用していたり、実務未経験者の方でも独学で学習を進めやすい環境が整っていると言えます。

    また日本語での情報が随時アップデートされていることから、情報が古いといったことも少なく、エラー解決など日本語での検索だけでも十分に可能です。

    スピード感のある開発が可能

    Ruby on Railsでは、コマンド1つである程度のWebアプリケーションを構築することが可能で、最小限の実装だけでアプリケーションとしての機能を実現することが出来ます。

    またコードの記述法にも決まったルールが存在するため、効率的で保守性の高いコーディングが可能です。

    最近ではスタートアップ企業でも多く利用されており、スピード感の求められる開発で積極的に取り入れられています。

    案件が獲得しやすい

    Rubyでの開発案件では、ほとんどのプロジェクトでRuby on Railsが採用されています。

    他のプログラミング言語ではいくつかのフレームワークが主流となっていることも少なくないため、同じプログラミング言語でも記述方法などがプロジェクト毎に大きく異なる可能性が否定出来ません。

    一方Rubyの場合には、同じフレームワークが利用されている可能性が高く、一度身につけたスキルを他のプロジェクトでも活用出来るため、案件を獲得しやすいことも人気の理由です。

    Ruby on Railsで構成された既存サービス


    Ruby on Railsで構築された既存サービスについても確認しておきましょう。

    各有名サービスもRuby on Railsで構築されており、具体的なサービスイメージを掴んでみてください。

    GitHub

    ソースコード管理で利用される「GitHub」は開発者にとっては馴染みの深いサービスではないでしょうか。

    GitHubもRuby on Railsが利用されているサービスとして有名です。

    初期のGitHubは大半がRuby on Railsで開発されていたそうです。

    クックパッド

    Ruby on Railsで構築されたサービスとして代表的なのは「クックパッド」でしょう。

    国内最大規模のレシピサイトで、一度は利用されたことがある方も多いかと思います。

    CrowdWorks

    クラウドソーシングサービスとして国内最大級の「CrowdWorks」もRuby on Railsを利用して構築されているそうです。

    副業はもちろん、フルタイムの案件も豊富に掲載されているWebサービスで、Ruby on Railsの案件も頻繁に募集されています。

    さいごに: Ruby on Railsは幅広いシステム開発で利用できる!


    本記事では、Ruby on Railsでできることから利用用途・人気の理由、既存サービスまでご紹介してきました。

    Ruby on Railsで対応出来る範囲は幅広く、様々なシステム開発で利用することが可能です。

    スタートアップ企業で多く利用されていることからも、スピード感のある開発が可能であるため、個人でアプリを作成してみたいという方にも積極的に利用してもらいたいフレームワークです。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE