バナー画像

SQL Developerとは?

SQL Developerは、Oracle社が提供するデータベース管理ツールです。無償でダウンロードでき、GUIを使ってデータベースの管理・SQLの発行・PL/SQLの開発などができ、世界中で150万人以上の人が利用するツールです。

SQL Developerは、SQL*Plusのような「コマンドラインベース」のツールが苦手な人に、向いているツールです。

SQL Developerの特徴
  • GUIベースでのデータベース操作ができる
  • クエリー・ビルダーでAccessのクエリのようなSQL作成ができる
  • 補完機能が付いたSQLエディタ
  • SQLのチューニングに役立つツール
  • PL/SQLの開発・デバッグ
  • CSV/XML/Excel形式など、様々な形式にデータをエクスポート

SQL Developerの推奨環境

SQL Developerは、多くの機能があって便利な反面、ツールの起動時間や処理が重たいのが少しデメリットです。
以下は、Oracle社が公表しているSQL Developerの最小推奨スペックです。
最近のPCであれば問題なく推奨値をクリアしていると思いますが、システム開発の現場では、「Visual Studio」「Eclipse」など、SQL Developer以外もの様々なツールを使用するため、SQL Developerを使用する場合は、スペックに余裕があるPCで使用するようにしましょう。

Windowsの推奨値

CPU:Pentium IV 2 GHz MHz以上

メモリ:2GB RAM

ディスク:110MB(JDKを含む場合は500MB)

Macの推奨値

CPU:Dual 1.25GHz G4/G5(1GHz G4以上)

メモリ:2GB RAM

ディスク:110MB(JDKを含む場合は500MB)

SQL Developerのインストール

ここからは、SQL Developerをインストールする方法を解説していきます。

Oracle.comのユーザー登録

SQL Developerをダウンロードするためには、 Oracle.com のユーザー登録(無料)が必要になります。アカウントをまだ持っていない人は、まずはユーザー登録を行いましょう。

ユーザー登録は、Oracle.comトップページの[アカウント表示]→[アカウントを作成]から行えます。

必要事項を入力し、[同意してプロファイルを作成]をクリックします。

登録したアドレスにメールが送信されるため、内容を確認し、登録作業を完了します。

SQL Developerのダウンロード

Oracle.comのユーザー登録が完了したら、SQL Developerダウンロード用ページにアクセスし、インストーラをダウンロードします。

次のリンクからOracle社公式の、SQL Developerダウンロード用ページにアクセスします。

SQL Developerのダウンロード

最初に「ライセンスに同意する」にチェックを入れます。

ページを下にスクロールして、ダウンロードの一覧から、自分にあった環境のファイルを選択します。

「Windows 64-bit with JDK 8 included」はWindows(64bit専用)用のJDKも一緒に入っているパッケージです。JDKが端末にインストールされていない場合は、こちらをインストールしましょう。「Windows 32-bit/64-bit」JDKなぢのインストーラで、JDKが既にインストールされている場合や、別でインストールする場合はこちらを選択します。

そのほか、「Mac OSX」「Linux RPM」「Other Platforms」についても、SQL Developerのインストール後にJDKのセットアップが必要です。

SQL Developerのインストール

SQL Developerの起動とはとても簡単で、上の手順でダウンロードしたファイルを解凍するだけです。

SQL Developerの起動・データベース接続

インストールが完了したら、SQL Developerを起動してみましょう。

解凍したファイルの中に「sqldeveloper.exe」というファイルがあるため、このファイルをダブルクリックしてSQL Developerを起動します。

JDKの設定

「Windows 32-bit/64-bit」などのJDKが一緒に入っていないSQL Developerをインストールした場合、SQL Developerの初回起動時にJava Homeの指定を行います。

JDKが端末にインストールされていない場合、公式ページよりJDKをダウンロードしてインストールしてください。

初心者必見!JavaやJDKのバージョン確認やアップデート方法について説明します!

初心者必見!JavaやJDKのバージョン確認やアップデート方法について説明します!

【初心者】JavaのJREとは?概要からインストール方法までを解説!【MACユーザー向け】

MacでJava開発をする!環境の構築方法を解説

データベースに接続する

SQL Developerを起動したら、最初にデータベースの接続先を追加しましょう。

左ペインにある「接続」メニューの「+」ボタンをクリックしてデータベース接続を追加します。

「データベース接続の作成/選択」の画面で、必要項目を入力します。

項目
Name 任意の接続先名を入力
ユーザー名 データベース接続するユーザー名
パスワード データベース接続するためのパスワード
ホスト名 データベースサーバーのホスト名
ポート データベースのポート(基本は1511)
SID データベースのSID

上の情報の入力が完了したら、「テスト」ボタンをクリックして、正常にデータベースと接続できるか確認しましょう。

接続テストに成功したことを確認したら、「接続」をクリックしてデータベースに接続します。

ポテパンダの一言メモ

接続先を追加する時、[パスワードの保存]にチェックを入れておくと、次から接続するときにパスワードの入力を省略できます。

SQL Developerのアンインストール

SQL Developerのアンインストール方法についても触れておきます。
アンインストール方法は簡単で、インストール時に解凍したフォルダを削除するだけです。

SQL Developerのフォルダを削除しただけでは、SQL履歴、スニペットなどのユーザデータは削除されません。ユーザーデータはWindowsであれば以下のフォルダに格納されているため、不要であれば削除しておいてください。

C:\Documents and Settings\<user-name>\Application Data\SQL Developer

SQL Developerの移行

新しいPCにSQL Developerを移行するとき、古いPCにあるDBの接続先設定をエクスポートして、新しいPCの方のSQL Developerにインポートできます。

まず、古いPCほうのSQL Developerで、左側のConnectionsタブにある[Connections]を右クリック→[Export Connections]を選択します。

次に、Export Connection Descriptorsで接続設定ファイルのエクスポート先を指定します。

次に、新しいほうPCで左側のConnectionsタブにある[Connections]を右クリック→[Import Connections]を選択します。

古いPCでエクスポートした接続設定ファイルを選択し、インポートします。

Oracle Database Plugin for Eclipse DTP

SQL Developerは、Oracleデータベース開発に便利なツールですが、起動するPCにそれなりのスペックが必要になります。
既にメインのIDE(統合開発環境)に「Eclipse」を使っている場合は、「Oracle Database Plugin for Eclipse DTP」というEclipseのプラグインもおすすめです。

まとめ

SQL Developerのインストール方法や、アンインストール方法について解説してきました。
OracleデータベースをGUIで操作できる便利な「SQL Developer」を使ってアプリケーション開発を効率的に進めていきましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。