SQLのview作成 joinやサブクエリを使ったselectも使用可能
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.06.27

    SQLのview作成 joinやサブクエリを使ったselectも使用可能

    SQLのview作成についてまとめています。

    SQLのview作成は、create view

    create view文で、指定したselect文の結果を仮想的なテーブル(view)として設定できます。作成済みのviewはテーブルと同等に扱いが可能です。ただし、読み取り専用となります。

    元となるテーブルが存在しない場合でも、viewの作成は可能です。以下の例は、カラム名hello、値Hello Worldが格納されたviewを作成しています。

    drop viewで、格納されたデータごとviewを削除することが可能です。

    viewには複数条件を指定したjoinを使ったselect文など、複雑なSQLを指定可能です。

    【関連記事】
    SQLのONは、JOINの条件を記述 複数条件はANDやORで接続する

    以下のように、サブクエリとunionを使って結果を連結したselect文も、viewとして作成可能です。

    【関連記事】
    SQLのorder byで複数条件を指定する union allとサブクエリで複雑な条件にも対応

    PostgreSQLでは、再帰的(Recursive)ビューが設定可能

    PostgreSQLでは、リカーシブ指定で再帰的な構造のビューを設定可能です。

    PostgreSQLのviewは、recursive指定やtemporary指定など、他のデータベース管理ソフトに比べると、比べると拡張された部分があるようです。

    まとめ

    ポテパンダの一言メモ
    • viewはselect文の結果を仮想的なテーブルとして作成できる
    • joinやサブクエリを使った複雑なSQL、テーブル実体のないviewも設定可能
    • PostgreSQLでは、recursive(再帰)やtemporary(一時的)viewの設定が可能


    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE