SQL Azureのポータルから、SQL Serverとデータベースを作成・削除する手順
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.02.20

    SQL Azureのポータルから、SQL Serverとデータベースを作成・削除する手順

    Azure SQL Databaseサービスについてまとめています。

    Azure SQL Databaseとは、Microsoft SQL Serverのデータベースエンジンをベースとした汎用リレーショナルデータベースです。クラウドのAzureアプリケーションのストレージ層として利用可能。

    【関連記事】
    SQL Server Expressは無料で使えるけど、大きなデメリットはないの?

    高可用性、バックアップ、各種メンテナンス操作が組み込まれたマネージド・サービスとして提供されています。セキュリティアップデートなどの修正プログラムの適用と更新は、Microsoft側で処理されるためユーザ側でのパッチプログラムの管理・適用作業は不要です。

    参考)Azure SQL Database サービスとは | Microsoft Docs

    また、PostgreSQLベースのデータベース、Azure Database for PostgreSQLも使用可能です。

    Azureは初回限定で12ヶ月200ドル分が無料使用できます。

    AzureポータルからSQLデータベースを作成する

    Azure SQLデータベースは、Azureポータルから作成できます。SQLデータベースを使用するには、SQL ServerはSQLデータベース設定画面から新規作成可能です。

    リソースグループを作成後、リージョン(物理サーバの設置地域)、サーバ名、ネットワーク、追加設定、タグなどを指定するとSQL Serverが立ち上がり、SQLデータベースがデプロイされます。

    追加設定のデータソースに「サンプル」を指定すると、サンプルデータベース「Sales」がインストールされます。学習用にインストールする場合には指定しておくとよいでしょう。

    最小構成(サンプルデータベース)を設定してデプロイ完了し、使えるようになるまで2~3分かかりました。

    Azure SQLデータベースにアクセスするにはクエリエディターを使用

    デプロイ完了したAzure SQLデータベースにアクセスするには、クエリエディターを使用します。

    作成したSQLデータベースから「クエリエディター(プレビュー)」を選択すると認証画面が表示されます。

    ただし、デフォルトの状態では、ウェブを経由したアクセスは禁止されています。

    ポータル→SQL Server→ファイアウォールと仮想ネットワークにて、クライアントIPの追加をクリックすると、現在使用しているパソコンのIPアドレスが登録され、アクセスが可能になります。

    認証が完了すると、クエリエディターが利用可能になります。テーブル、ビュー、ストアドプロシジャを選択すると、全カラム1000件selectするSQLを自動取得でき、実行結果を確認できます。

    Azure SQLデータベースを削除する

    データベースを削除するには、SQLデータベースの管理画面で対象のデータベースを選択して「削除」をクリックします。

    確認パネルが表示され、「選択したリソース全てを削除しますか?」と表示されます。削除したデータを元に戻すことはできないので、必要な場合はデータのエクスポートなどをおこなうようにしましょう。

    削除の確認には「はい」を入力して、削除ボタンをクリックします。

    バックグラウンドで削除処理が実行され、削除が完了したら画面右上にSQLデータベースが削除された旨が表示されます。

    続いて、SQL Serverを削除しましょう。

    対象のSQL Serverの管理画面にて、「削除」をクリックします。確認ウインドウが表示されるので、「削除」をクリックで、SQL Serverが削除されます。

    使用していない時間には、Azure SQLサーバを停止して課金を節約することはできるのでしょうか?Mycrosoftのドキュメントには、一時停止の方法が記載されてます。

    参考)クイック スタート:コンピューティングの一時停止と再開 – Azure portal | Microsoft Docs

    しかし、2020年2月現在、AzureポータルのSQL Server管理ページには「一時停止」(Pause)ボタンはなくなっています。

    代替方法としては、データをエクスポートしてからデータベースを削除しておき、必要なときにSQL Sever及びSQLデータベースを再作成してデータをインポートする運用方法が考えられます。ただし、手間がかかる点とデータベースサイズが大きい場合にはエクスポート・インポートの時間がかかりすぎる点で現実的ではないケースが多いようです。

    Azure SQL Serverの料金は1時間60円程度

    最小構成の場合で、1時間58.43円、ストレージは月額10ギガで128.8円(1ギガ12.88円)です。

    参考)価格 – Azure SQL Database Single Database | Microsoft Azure

    サーバ使用料は1時間60円ほどですが、一時停止の手段がないため1日で最大1,440円、30日で43,200円となります。無料期間以外に学習目的で利用する場合は、注意しましょう。

    月の最大課金額の指定などの措置が欲しいところです。

    SQLのトレーニングは公式のeラーニングコンテンツがおすすめ

    Microsoftの公式ページに、Azureの基礎から学べる学習コンテンツが公開されています。

    下記のeラーニングコンテンツが無料で利用できます。

    • Azure SQL Database のセキュリティ保護
    • SQL エラスティック プールを利用した複数の Azure SQL データベースのスケーリング
    • PolyBase を使用して Azure SQL Data Warehouse にデータをインポートする
    • Azure SQL Data Warehouse を使用してデータ ウェアハウスを設計する
    • アプリケーション データを格納する Azure SQL データベースをプロビジョニングする
    • Azure SQL データベースのクエリを実行する ASP.NET アプリケーションを開発して構成する
    • Azure Database for PostgreSQL サーバーの作成
    • Azure Cosmos DB の NoSQL データを扱う
    • Azure Cosmos DB と Table API を使用して NoSQL データを保存し、アクセスする
    • Azure SQL Data Warehouse 内のデータを照会する
    • Azure SQL データベースをバックアップして復元する
    • Migrate on-premises MySQL databases to Azure Database for MySQL
    • Migrate on-premises PostgreSQL databases to Azure Database for PostgreSQL

    参考)Azure の紹介 – Learn | Microsoft Docs

    まとめ

    ポテパンダの一言メモ
    • Azureでは、データベースサービスとしてAzure SQL ServerとAzure Database for PostgreSQLが使用可能。
    • SQL Serverは、AzureポータルからGUI操作で2~3分デプロイ可能。
    • データベースには、Azureポータルのクエリエディタで簡易的にアクセスが可能。
    • SQL Sererを一時停止して課金を節約する方法は無くなっている(2020年2月時点で確認)
    • SQL Serverにかかる概算費用は、最大で1時間60円、1日1,440円、30日で43,200円
    • Azure SQL Serverの学習コンテンツはmicrosoftにて無料公開されている。


    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE