バナー画像

SQLのcount関数のサンプルコードを紹介致します。

なお、当記事はMySQLのサンプルデータベースEmployeesを、SQL実行結果の表示にはphpMyAdminを使って解説しています。

countの基本的な使い方


countは、条件に合ったレコードの件数を数える関数です。

以下のように使います。

SELECT count(*) FROM employees where first_name = 'Anneke'

実行結果はこうなります。

SQL実行結果

countのサンプルコード集

countで同一テーブルの異なる条件に合致するレコードの件数を数えるサンプルコード

SELECT 
	count(first_name = 'Anneke' or NULL), 
	count(first_name = 'Georgi' or NULL) 
FROM 
	employees

count関数では、関数内に条件を記述することが可能です。

「first_name = ‘Anneke’ or NULL」は、条件に合致したレコードは真(1)になり、そうでなければNULLになります。count関数はNULLをカウントしないため、first_name=’Anneke’という条件に合致したレコードの件数を出力することになります。

この記述方法を使えば、一つのSQLで異なる条件に合致するレコード件数を取得できます。

上記SQLは、employees(社員テーブル)から、first_name(姓名の名)が「Anneke」のレコード件数と、first_nameが「Georgi」のレコード件数を取得します。

実行すると、こうなります。

countでグループごとのレコードの件数を数えるサンプルコード

countとgroup byと組み合わせると、グループごとのレコード件数を数えられます。

SELECT 
	title, 
	count(*)
FROM 
	titles 
WHERE 
	to_date="9999-01-01"
group by
	title

上記SQLは、titles(肩書テーブル)から、to_date(肩書の有効期限開始日)=9999-01-01(現在有効)のデータをtitle(肩書)ごとにグルーピングし、肩書と件数を取得するSQLです。

実行すると、こうなります。

SQL実行結果

【関連記事】
SQLのgroup byサンプルコード集 count、like、join等の組み合わせ例

countでデータの種類数を数えるサンプルコード

countとdistinctと組み合わせて、重複しないデータをカウントすることで、データの種類数を取得することができます。

SELECT dept_name, count(distinct title) FROM `titles`
left join dept_emp on titles.emp_no = dept_emp.emp_no
left join departments on dept_emp.dept_no = departments.dept_no
group by dept_name
order by dept_name

上記SQLは、dept_name(部署名)と社員の肩書の数(データの種類)をカウントします。titles(肩書テーブル)、dept_emp(部署・社員紐付けテーブル)、departments(部署テーブル)をleft joinで結合し、dept_name(部署名)でグルーピングして、部署名でソートをおこなっています。

SQL実行結果

【関連記事】
SQL distinctのサンプルコード集 group byよりも700倍速い?

countで複数テーブルの件数を1つのSQLでカウントするサンプルコード

異なる複数のテーブルの件数を、countとサブクエリを使って1つのSQLでカウントできます。

select * from
(select count(*) as employees_cnt from employees) a,
(select count(*) as departments_cnt from departments) b,
(select count(*) as salaries_cnt from salaries) c

employees(社員テーブル)の件数をemployees_cnt、departments(部署テーブル)の件数をdepartments_cnt、salaries(年収テーブル)の件数をsalaries_cntと別名定義し、取得しています。サブクエリを一つのテーブルとしてみなす際、同一テーブルとみなされないよう、テーブル名をa,b,cと別名定義しています。

実行するとこうなります。

SQL実行結果

countで重複数を条件にデータを取得するサンプルコード

havingで条件指定することで、count関数の結果をクエリの条件に組み込むことができます。

select hire_date,count(*) 
from employees
group by hire_date
having count(*) > 125

上記SQLは、employees(社員テーブル)から、同じhire_date(雇用日)が125件以上あるデータの、hire_date(雇用日)と件数を取得します。

実行するとこうなります。

SQL実行結果

実行順序による制約から、countに対する条件はwhere句で指定できません。count、sum、avgなどの集約関数の条件はhavingで指定します。

count(1)と記述しても、実行速度は速くならない

昔のSQLコードには、count(*)とすべきところを、count(1)と記述していることがあります。

当時のデータベースは最適化機能が今ほど高性能ではなかったため、count(1)を記述することで多少の速度アップが図れたんですね。

最近のデータベースでは、count(*)とcount(1)の実行速度は同じです。

コードのメンテナンス時など、他者に無用の混乱を与える場合がありますので、count(1)という記述は避けましょう。

countを高速化するには、管理テーブルを利用

count(*)でテーブル件数を数えると、テーブルフルスキャンが実行されるため、件数が多くなるほど処理時間がかかります。

数千万件、数億件ともなると件数を取得するだけでも10分以上かかるケースがあるんですね。

DBMSによっては、管理テーブルを直接参照することでテーブルの件数を取得できます。

例えば、MySQLの場合は、以下のSQLを実行すると、指定したテーブルの全件数が一瞬で取得できます。

select 
	table_rows 
from 
	information_schema.tables 
where 
	table_name = 'employees'

実行すると、こうなります。

SQL実行結果

ただし、この数値は、実際の件数とズレることがあり、内部で統計的に算出しているようです。厳密な件数ではなく、ざっくりした値が取りたいときに使うと良いでしょう。

また、SQL Serverでも、システム・ストアドプロシジャのsp_spaceusedを使って、短い時間でテーブル件数が取得できるという情報がありました。

SQL Serverで大量レコードの件数を取得する | OISブログ

まとめ

ポテパンダの一言メモ
  • 同一テーブルの異なる条件のレコード数カウントには、count(条件 or NULL)を使う
  • グループごとのレコード数カウントには、countとgroup byを組み合わせる
  • データの種類数カウントには、countとdistinctを組み合わせる
  • 複数テーブルの件数を1クエリで取得するには、countとサブクエリを組み合わせる
  • countの結果をクエリの条件に組み込むにはhavingを使う
  • count(1)とcount(*)の実行速度は変わらない
  • 管理テーブルを直接参照で、大量件数カウントが一瞬でできるケース有り

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。