Webサイト制作コースのお申し込みはこちら

Ruby on Railsが使えるWebエンジニアとして就職を目指すなら、少なくともRuby on Railsチュートリアルを最後まで完了させる以上の技術力が必要です。
とはいえ、Ruby on Railsチュートリアルを最後まで完了させるには様々なスキルが必要で、期間も長くかかります。
挫折しないでRuby on Railsチュートリアルを学習し続けられる工夫も必要でしょう。

そこで今回は、Ruby on Railsチュートリアルの使い方について解説します。

Ruby on Railsチュートリアルについて


プログラミング言語を学ぶなら、文法を暗記するだけで十分だと考えてはいけません。
実際に動作するシステムを作りながら、ソフトウェアを開発するためのスキルの1つとして学ぶことになります。

そしてソフトウェアの開発に必要な複数のスキルを効率よく学べるのがRuby on Railsチュートリアルです。
Ruby on Railsを利用してWebアプリケーションの作り方を学びたいならRuby on Railsチュートリアルを活用しましょう。

まずは、Ruby on Railsチュートリアルとはどのようなものかについて解説します。

そもそもチュートリアルとは

Ruby on Railsの使い方を学ぶなら、Ruby on Railsチュートリアルを利用して実際に動作するアプリケーションを作成するのがおすすめです。
では、チュートリアルとはどんな意味でしょうか。

元々チュートリアルとは、英語のtutorialをカタカナにした言葉です。そしてtutorialとは、家庭教師の、または、個別指導のといった意味の形容詞です。
例えば、a tutorial classとは、日本語の個別指導クラスを意味します。

そしてIT用語のチュートリアルは、コンピュータの操作やソフトウェアの使い方を学習するのを助ける教材を指す言葉です。
つまり、Ruby on Railsチュートリアルとは、Ruby on Railsを学習するための教材だと考えてください。

tutorialの意味
家庭教師の
(英国の大学の)(個別)指導の
tutorial とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書

チュートリアルは有料が基本

大抵のプログラミングスクールでは、学習者のレベルに応じた教材を提供しています。
そのような教材にはソフトウェア開発を学ぶために必要最低限な内容が含まれており、初心者でも理解しやすいように記述されているなど、様々な工夫が施されています。
そして、そのような教材の作成にはプロのエンジニアが関わっており、作成するのにかなりの費用がかかります。

そのため、プログラミングスクールが提供するRuby on Railsのチュートリアルはプロが監修したしっかりした内容が特徴です。
そして、これを使う費用が授業料に含まれます。

無料のチュートリアルもある

RubyとRuby on Railsはオープンソースで開発されており、どちらも無料で利用できます。
さらにRubyは、学習者の支援が充実しており、プロが監修した多くのドキュメントがインターネットに公開されています。

そのようにインターネットで公開されているドキュメントの中には、良質なチュートリアルも含まれています。
もしRuby on Railsを学ぼうと思ったら、まずはそのような無料で利用できるチュートリアルの利用も検討してください。

ただし、インターネットに公開されているチュートリアルが全て信頼できるとは限りません。
中にはいいかげんな内容のものもあるので、無料のチュートリアルを利用しようと思ったらどんなサイトで公開されているかに注意してください。
未経験からエンジニア転職するならこちら

「Ruby on Rails チュートリアル」を利用する


Ruby on Railsのチュートリアルを探すなら、まずは「Ruby on Rails チュートリアル」のサイトを参照してみてください。
チュートリアルとはどのようなもので、利用できるサービスなどを紹介しています。

すばやく学びたい人へ

先ほど「Ruby on Rails チュートリアル」でも紹介しているように、Ruby on Railsをすばやく身に付けたいなら、動画で使い方を学び、どうしても解らない点を質問できる有料サービスの利用を検討してください。

なお「Ruby on Rails チュートリアル」を運営している会社は大学やプログラミングの学習サイトなどと連携して、Ruby on Railsのチュートリアルを提供している会社です。
そしてこのチュートリアルを利用することで、実際の開発でも使えるスキルの基礎を身に付けられます。

もしプログラミングスクールを利用し、短期間で未経験からRubyエンジニアとして就職を目指すなら、Rubyの文法に加えてこちらの「Ruby on Rails チュートリアル」を体験してからチャレンジするのがおすすめです。

ポテパンダの一言メモ

プログラミングスクールの宣伝文句に注意

プログラミングスクールによっては、短期間でWebエンジニアになれるかのように宣伝していることがあります。

しかし、ゼロからRuby on Railsをマスターしてエンジニアとして働けるようになるには、多くの知識を学ぶ必要があり、様々なツールを使いこなせなければなりません。どんなに優れたチュートリアルを使ったとしても、かなりの期間がかかります。プログラミングスクールの宣伝文句に注意してください。

無料で学べるコンテンツもある

先ほど紹介したように「Ruby on Rails チュートリアル」で提供されているコンテンツのほとんどが有料です。
しかし、Webテキストの第4版は無料で読むことが可能です。

自力でRuby on Railsチュートリアルを実行できる環境を作れて、さらに身近に質問できるメンターがいるような方は、無料で学べるコンテンツでも学べます。

ただしRuby on Railsのチュートリアルは、テキストで提供されていますがかなりの分量です。
最後までやり通せるような工夫をしながらチャレンジしてください。

チュートリアルで学ぶ際の注意点


無料のチュートリアルがあるのなら「これでRubyを学びながらRuby on Railsをマスターしてみよう」と思われるかもしれません。
しかし、準備なしで取り掛かると難しくて途中で挫折してしまいます。

次に、チュートリアルを挫折しないで学ぶために注意してほしい点について紹介します。

実行環境を用意する

Rubyを学ぶだけならWebブラウザだけでも実行できる学習サイトがあるのでタブレットでも十分可能です。
しかし、Ruby on Railsのチュートリアルをトライするなら、それでは不十分だと考えてください。
できればWebサーバーと同じ機能を試せるLinuxかmacOSのパソコンが必要です。

さらにRuby on Railsが指定するバージョンのRubyパッケージが必要です。
設定方法等はチュートリアルにも載っていますが、Rubyをインストールするための管理ツールが必要なので、そのための準備もしましょう。
なお、このような準備を初心者が1人をやるのは大変ですので、サポートしてくれるメンターにいつでも聞けるようにしましょう。

ポテパンダの一言メモ

WindowsとMacのどちらがいいか?

Ruby on Railsをチュートリアルで学ぶなら、実際に動作させられる環境が必要です。理想はクラウド上のWebサーバーと同じLinuxが動作する開発機ですが、そのようなパソコンは販売されていません。

そこでWindowsかMacのどちらかのパソコンを選ぶことになります。この選択に困ったら、メンターの方が使っている環境と同じものを選んでください。そして、その使い方もメンターから教えてもらいましょう。

Web開発の仕事を学べる

Webシステムの開発に必要なスキルは、Rubyのプログラムを書くスキルだけではありません。
Webアプリケーションで扱うデータをデータベースに格納して管理したり、Webブラウザで動作するJavaScriptと連携するなど、他のシステムについての知識も必要です。

さらにソースコードのバージョン管理で使うGitやRubyGemsにあるライブラリを活用するなど、Ruby on Railsを扱うWebエンジニアが身に付けるべきスキルはいくつもあります。
そのようなスキルを学びながら体験できるのが、チュートリアルのメリットです。

ぜひ、チュートリアルを利用してWeb開発の仕事で必要とされるスキルを学んでください。

メンターの存在が重要

Ruby on Railsのフレームワークは、Webサービスを作るための技術の集大成とも言える仕組みです。
ベテランのWebエンジニアでも全ての機能を使いこなすことはできません。初心者にとってはなおさらです。

とはいえRuby on Railsでよく使う機能は限られています。
そして、チュートリアルではそのような機能を中心に解説しています。
もちろんそのような機能はメンターとなるWebエンジニアもよく知っていることばかりです。

もしチュートリアルを進めていくうえで解らないことがあったら、ためらわずにメンターに教えてもらいましょう。
このようにRuby on Railsのチュートリアルを進めるにはメンターの存在が重要です。メンターと良い関係を続けながら学習を進めてください。

現場で通用する技術力をつけるならポテパンキャンプがおすすめ

ポテパンキャンプでは未経験からエンジニア転職をしたい方向けに作られた分かりやすいカリキュラムや動画解説、現役エンジニアからのレビュー、手厚い転職サポートなどがあります。

無料プログラミング学習サイトでは学べない現場で通用するコードの書き方やポートフォリオの添削など、エンジニアとしてすぐに活躍できるようになる学習環境が整っているため、未経験エンジニアとしての転職を考えている方におすすめです。

無料カウンセリングでキャリア相談も可能なので、ぜひお気軽にお申し込みください。

未経験からエンジニア転職するならこちら

また、初心者の方でも分かりやすく楽しく学習できる『はじめてのプログラミングチャンネルbyポテパン』というYouTube動画もあります。

こちらのチャンネルでは、HTMLとCSS、JavaScript、Rubyなどを、完全プログラミング未経験のプログラミング初心者玉井夢さんに現役CTOの村上先生が優しく厳しく解説していく内容です。

このチャンネルではその他にも、ポテパンキャンプ卒業生で年収1,000万を超えるエンジニアへのインタビューや、転職活動に有利なポートフォリオの作り方なども解説しているので、気になる動画があるかチェックしてみてください。

プログラミング学習について相談するならこちら

まとめ


これまで紹介したようにRuby on Railsを使ったWebアプリケーションの作り方を学ぶなら、チュートリアルを活用してください。
なおチュートリアルを利用するには費用がかかりますが、無料で使えるチュートリアルもあります。

ただしチュートリアルは初心者にとって分量が多く、難しい内容も多く含みます。安易に着手すると途中で挫折するかもしれません。
しっかりと準備し、サポートしてくれるメンターの助言を得られる環境で始めましょう。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。