Android求人を探している方へ!最適な求人案件を見つけるための基礎知識
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.06.15

    Android求人を探している方へ!最適な求人案件を見つけるための基礎知識

    Androidスマートフォンで利用できるアプリを制作するのが、Androidエンジニアです。近年のスマホ普及率の高さから、アプリを開発できるエンジニアの需要は年々増していて、その背景から実務未経験でもAndroidエンジニアへの転職、就職に挑戦できるようになりました。

    こちらの記事ではAndroidエンジニアの現在、今後の需要、またAndroidエンジニアとして転職する方法などを詳しく紹介します。

    Androidエンジニアの需要は?

    はじめにAndroidエンジニアの需要について解説します。

    Android開発エンジニアは以前からですが、現在も人手不足の状態がつづいています。これはAndroidエンジニアだけではなく、IT業界全体での話でもありますが、働く人材が全く足りていない状態にあります。なので、今から未経験でAndroidエンジニアを目指したい人も、参入できる余地は十分にあります。

    また、日本国内だけで見るとAndroidスマートフォンよりもiPhoneの方がシェア率は高いですが、アメリカなどの海外ではAndroidスマートフォンの方がシェア率が高いです。そのため、自分でAndroidアプリを開発した場合、iOSアプリよりも世界中で使ってもらえる可能性が高くなります。また、海外で需要があるため、海外で働くことも視野に入れられるようになります。

    さらに、日本の場合Androidアプリを開発するより先に、iOSアプリを作る人が多い傾向にあります。また、Androidアプリが誕生してからそこまで日も経っていないため、そこまで多くのエンジニアが習得していません。なので、自分で1からアプリを制作することができればAndroid開発エンジニアとして働ける可能性はぐっと上がります。

    これからもAndroidスマートフォンは世界で一定のシェア率は維持するはずなので、Androidエンジニアの需要は高いままである可能性が非常に高いです。

    Androidエンジニアの年収・単価相場

    つづいて、Androidエンジニアの年収・単価相場について解説します。

    Androidアプリの開発案件は募集している数に対してAndroidエンジニアの数が足りておらず、他の言語の開発案件よりも単価は高額になる傾向があります。1ヶ月の単位で数えると、一人70〜90万円くらいがおおよその相場です。

    ただし、クラウドソーシングなどで募集されている単発でのアプリ制作の案件の場合、単価設定がバラバラなため、安い案件であれば5〜10万円のものもあります。実績を積みたい段階であれば案件を受注しても良いのですが、すでに開発の実績がある人は転職、もしくはフリーランスエージェントに相談してより高年収を目指すことをおすすめします。

    そして、Androidアプリエンジニアが会社員として働いた時の年収は450〜1000万円と幅広いです。年収の違いは経験年数や技術力によって変わってきます。

    未経験でもAndroidエンジニアとして転職できる?

    AWS認定3

    つづいて、未経験でもAndroidエンジニアとして転職が可能か解説します。

    実務経験が未経験であっても、他のプログラミング言語で実務経験がある場合はAndroidエンジニアとして転職できる可能性があります。ただし、プログラミング言語を一切学習したことがないというレベルの場合は転職することは難しいのが実情です。

    プログラミングを学習したことがない段階でAndroidエンジニアを目指すのであれば、転職活動を始める前にプログラミングを学び、一つAndroidアプリを自分で制作してみることで転職成功の可能性を上げることができます。また、余裕があればポートフォリオサイトを作り、自分の作った作品を載せておけば、面談の時に見せることができます。

     

    Androidエンジニアのリモート案件はある?

    つづいてAndroidエンジニアにリモート案件はあるのか、紹介します。

    フリーランスでの、Androidエンジニアのリモート案件はありますが、常駐案件と比較すると数があまり多くないのが実情です。また、リモート案件は常駐案件と比較すると低単価であることが多く、また人気も高いため獲得の難易度も上がります。

    しかし、Androidエンジニアがリモート案件を受注することは不可能ではありません。リモート案件にのみ絞りたい人の場合、クラウドソーシングで応募してみたり、フリーランスエージェントを経由してリモート案件のみ紹介してもらえば、常駐案件よりも時間がかかるかもしれませんが、リモート案件を受注することはできます。

    また、はじめは常駐案件を受注し、実績が積み上がったところでリモート案件に切り替えるのも一つの方法です。Androidエンジニアとしての実績があるため、案件が受注しやすくなります。

    Androidエンジニアのアルバイト求人はある?

    つづいて、Androidエンジニアのアルバイト求人について解説します。

    Androidエンジニアのアルバイトは定期的に募集されています。また、企業によっては実務未経験でも就業可能な求人はあります。自分で開発をしながら技術を深めていきたいと思っている人は、アルバイトで働きながら開発をするのがおすすめです。

    また、Androidエンジニアであればクラウドソーシングで開発の案件を受注することもできます。クラウドソーシングの場合、業務委託の形で仕事をしますが、技術力向上、また自分で1からアプリ制作をすることができます。

    そして、Androidエンジニアの場合自分でアプリをリリースすることができるので、アプリの中にアフィリエイト広告を貼って課金されるようにしたり、会員制度をつくって報酬を受け取ることもできます。Androidエンジニアであれば自分の好きな稼ぎ方を選ぶことができます。

    Androidエンジニアの今後の需要は?

    つづいてAndroidエンジニアのこれからの需要について詳しく紹介します。

    現在Androidエンジニアは深刻な人手不足の状態がつづいていますが、今後は人手不足の状況がますます悪化すると予想されています。そのため、Androidエンジニアの今後需要がなくなることはあまり考えられません。

    ただし、Androidアプリを開発する言語が変わる可能性は十分にあります。実際に、以前までAndroidアプリを開発する言語はJavaでしたが、GoogleがAndroid社を買収した背景から、2017年5月より新しくKotlim(コトリン)という言語が開発公式言語に加わりました。このように、同じAndroidアプリでも、使用する技術は移り変わっていくので、常に新しい言語、技術を学習しておく必要があります。

    エンジニア・プログラマーの需要は年々高まりつづけていますが、一流のエンジニア・プログラマーを目指すのであれば常に学習しつづける姿勢が大切になります。

    Android求人情報の探し方

    最後にAndroidエンジニアの求人情報の探し方を紹介します。

    Androidエンジニアに就職、もしくは転職を希望している人は、自分一人で転職サイトで探すのではなく、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントに登録すれば自分が希望している条件に合った企業を担当の人が紹介してくれますし、実際の社内の雰囲気や面接のコツなどを教えてもらえます。自分に合った転職先を確実に探したい人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

    また、フリーランスのAndroidエンジニアとして働きたい人は、学習を進めながらクラウドソーシングで案件を受注するのをおすすめします。フリーランスの場合これまで実績を重要視されるため、最初は低単価でも良いのでクラウドソーシングで案件を受注しておくと、その後案件が受注しやすくなります。

    そして、フリーランスとして活動する場合も、最初はフリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。フリーランスとして活動する場合、単発の案件がつづくと収入が途絶えてしまう時期なども出てきてしまうので、収入面などの相談ができるエージェントを利用した方がいいです。

    そして、Androidエンジニアに成り立ての時はエンジニアの知り合いや友人に仕事を紹介してもらうのも求人を探す一つの方法です。インターネットには掲載されていない求人があるかもしれないので、仕事を探している時は周りの人に言っておくのがおすすめです。

    まとめ

    Androidエンジニアとしてプログラミング言語Javaの学習をすれば、Androidアプリの開発だけではなく、大規模なサービスの開発に携わることもできるようになります。また、自分の欲しいサービスをアプリで実現できるようになるので非常におすすめです。

    Androidエンジニアを目指している人は、一度自分でアプリを作ってみて、そこから就職、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。現在はエンジニア・プログラマーが慢性的に人手不足なため、転職の成功率は高いです。こちらの記事を参考にして、ぜひとも憧れのAndroidエンジニアを目指してみてくださいね。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア

    関連ワード

    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE