【Ruby入門】Ruby on Railsをやってみよう!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2018.01.16

    【Ruby入門】Ruby on Railsをやってみよう!

    前記事「【Ruby入門】環境構築(Mac/Win)」では、自分のPCにRubyの環境を構築する手順を解説しました。

    どうせならもう少し話を進めて、Ruby on Railsの環境構築までしてしまいましょう!

    本記事は、冒頭で述べた前記事の環境構築が終わっているものとして進めます。

    まだの方はまず前記事の手順を済ませてください。

    また、Macを基本としますが、Windowsでも作業は同じです。適宜読み替えて進めてください。

    bundlerのインストール

    まずはbundlerとは何かを知らなくてはなりません。

    railsでは極力自分が手を動かさなくても済むように、gemと呼ばれる外部のライブラリを自分の環境に組み込んでいきます。

    こういうと難しく聞こえますが、gemとは要はどこかの誰かが作ってくれたプログラムで、それらを使うと理解してください。

    ところでシステム開発は、複数の人数で開発を進めるのが普通です。

    では多数の開発要員がそれぞれ自分の環境を構築すれば、どうなるでしょうか?

    「◯◯のgemはVer.XXで、△△のgemはVer.XXで・・・・」という指示を出し、各要員が順番にgemを導入していくことになりますが、とても大変ですよね。

    ファイルにgemの名称とバージョンを記入して、それにもとづいて一気に必要なgemが導入できれば素敵です。

    それらができるのがbundlerというライブラリ管理システムなのです。

    前置きがとても長くなりましたが、インストールしましょう。

    このコマンドを実行してください。

    その後続けて確認しましょう。

    導入したbundlerのバージョンが、以下のように表示されるはずです。

    これで完了です。

    アプリケーションのフォルダを作る

    1つのWebアプリケーションごとに1つのフォルダを作り、そこへ以下をまとめて入れて管理するのが一般的です。

    • gem
    • 設定ファイル
    • 開発したプログラム

    プロジェクト、ワークスペース、アプリケーション、とさまざまな呼び方がありますが、ここではアプリケーションとします。

    ご自身の好きな場所に、フォルダを作ってください。

    bundler 初期設定

    ターミナルを開き、「cd フルパス」でアプリケーションのフォルダへ移動してください。

    ここでは/User/Documents/myappとしておきます。よってこうなります。

    bundlerの初期設定を行います。

    あっけなく終了します。

    何か書き込まれたとありますので、見てみましょう。

    myappの中に、Gemfileという名前のファイルができています。

    「# gem “rails”」の頭の#を消して、ファイルを保存してください。

    railsインストール

    以下のコマンドを実行してください。

    すると、何やら動き出します。

    最後の方に「rails 5.1.4」とあります。

    バージョンを意識せずにそのまま実行すると、最新バージョンが導入されます。

    よって、現段階(2017/12)における最新のrails 5.1.4が導入されました。

    念のために確認しましょう。

    以下のコマンドを実行し、railsのバージョンを表示してみましょう。

    [実行結果]

    このように出ればOKです。

    アプリケーション作成

    railsの導入まで終わったので、次にアプリケーションを作成します。

    以下のコマンドを実行してください。

    すると、途中で何か聞いてきます。

    かまわずyを入力してEnterします。

    エラーが発生せずにBundle complete!が表示されれば完了です。

    railsを起動する

    railsではpumaというWebサーバーが標準でインストールされます。そのWebサーバーを起動して、railsの初期画面を開きましょう。

    以下のコマンドを実行してください。

    このように表示されます。

    これでWebサーバーの起動ができました。

    次に、ブラウザで確認です。

    URLに以下を入力してください。

    そして、この画面が表示されれば完了です!

    お疲れ様でした!!

    まとめ

    Railsの環境構築ができました。

    いかがでしたか?

    以外と簡単と感じたのではないでしょうか。

    しかし、まだやることはたくさんあります。

    MVCモデルを理解し、コントローラとビューを作り、モデルでDBと接続して・・・とまだまだ続きます。

    今までの記事を基本として、書籍やネット上の情報をもとに学習を進めてください。

    参考までに、Railsチュートリアルというページをおススメしておきます。

    すべて行うには相当な労力が必要ですが、終わったころにはかなりの実力がついているはずです。

    ぜひチャレンジしてみてください。

    お疲れ様でした!


    Ruby on Railsのフリーランスは高収入でおすすめ!

    Rubyができる方は多くはいないのが現状です。 プロジェクトは右肩上がりで増えているので、エンジニアが全く足りておりません。 Rubyの実務経験が1年以上ある方はフリーランスになることもできるので、ぜひご興味があればポテパンの無料カウンセリングをご利用下さいませ! Ruby案件に関する情報は下記にまとまっていますのでぜひご覧下さい。

    Ruby on Rails案件のイマがわかる!知って見つかる最適案件


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料10万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテキャンバナー ポテキャリバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE