バナー画像

Java言語でプログラミングを学習したい方にとって、まずはご自身の端末にJavaをインストールすることが最初の一歩となります。

本記事では、これからJava開発の環境構築を始める方向けに、Javaのインストール方法について解説していきます。

Javaをダウロードしよう


Javaをインストールするには、まずインストーラーをインターネット上からダウンロードする必要があります。

全オペレーティングシステム用のJavaインストーラーがダウンロード出来る公式ページにアクセスしてみましょう。

各OS毎のインストーラーを選択


公式ページを確認してみると、OS毎にインストーラーが用意されていることが分かります。

ご自身が利用されているOSに合ったインストーラーを選択してダウンロード作業を進めましょう。

ポテパンダの一言メモ

ほとんどの方がWindowsまたはMacOSをご利用です。
またWindowsをご利用の方の大半は64ビットシステムを利用されています。

オンラインとオフラインの違い

Windows環境のインストーラーを確認してみると、「オンライン」と「オフライン」の2種類(64ビットを分けると3種類)が掲載されています。

ファイルサイズを確認してもらうと、オンラインインストーラーの方が容量がかなり小さいことが確認出来ます。

オンラインの場合、インストール作業中にインターネット経由で必要なシステムを取得するためで、どちらを選択しても構いません。

ポテパンダの一言メモ

良くわからない方はオフラインのインストーラーを選択しましょう。
オンラインの場合、ネット回線によってインストールが失敗する可能性もあるため、オフラインの方が確実です。

Javaのインストール


ご自身の端末に合ったインストーラーをダウンロード出来たら実際のインストール作業に移ります。

ポテパンダの一言メモ

ここからは筆者端末がMac環境のため、画面キャプチャはMac環境のものとなります。
Windows環境の方は適宜読み替えて実施してみてください。

インストーラーを実行

ダウンロードが完了すると、デフォルト設定の場合ダウンロードフォルダにインストーラーが格納されています。

Mac環境では「jre-8u291-macosx-x64.dmg」というファイルが確認出来ます。
※ダウンロード時期によりバージョン番号は異なります。


ダブルクリックすると画像のようなポップアップが表示されます。


アイコンをダブルクリックすると画像のような注意喚起がされるかもしれませんが、「開く」ボタンでインストールを開始します。


「インストール」ボタンをクリックして進めましょう。


画像のような表示となればインストール完了です。

インストール確認

作業が完了出来たので、実際にインストールされているかを確認しておきましょう。

画面上部のメニューバーから「リンゴマーク」→「システム環境設定」を選択します。


Javaのアイコンが表示されているはずですので、ダブルクリックします。


別ウィンドウでJavaコントロールパネルが表示されるので、「一般」タブから「情報」ボタンをクリックします。


画像のサンプルでは、Java8の更新291がインストール出来ている状態です。

Javaの種類を把握しよう


ここで1つ確認しておかなければいけないのが、Javaをインストールしたと言っても上記では「JRE」と呼ばれる実行環境がインストール出来た状態だということです。

Javaという言葉には、状況によって意味合いが変わることがありますので、一般的にJavaと表現される2種類の違いを確認しておきましょう。

JRE

JREは「Java Runtime Enviroment」の略称で、Javaアプリケーションを実行するためのライブラリがまとめられたツールです。

JREはあくまでアプリケーションの実行用ライブラリであるため、Javaのシステム開発をするには後述するJDKが必要となります。

JDK

JDKは「Java Development Kit」の略称で、Javaシステム開発で必要なプログラムがまとめられたツールです。

コンパイラーやデバッガーといったプログラム開発に必要な機能がまとめられた形で提供されているため、JDKさえインストール出来ていれば一通りのJavaシステム開発が可能となります。

JDKをインストールする


Javaの種類が確認出来たところで、今度はJavaのシステム開発に必要なJDKをインストールしていきましょう。

JDKのダウンロード

JDKのダウンロードはORACLE公式ページから行います。


トップページ中央に表示されている「JDK Download」のリンクをクリックします。


各OS毎にインストーラーが選択出来ますので、ご自身の環境に合わせたインストーラーを選択します。

ポテパンダの一言メモ

Mac環境の場合、拡張子「dmg」と「gz」が選択出来ますが、特に理由がない限り「dmg」を利用する方が簡単です。

ライセンスに同意してダウンロードを実行します。

JDKをインストール

JDKのダウンロードが完了すれば、デフォルトではダウンロードフォルダに「jdk-16.0.1_osx-x64_bin.dmg」のようなファイルが格納されているので、ダブルクリックで起動しましょう。


ポップアップが開くので、赤枠のパッケージをダブルクリックします。


インストーラーの画面が開きますので、「続ける」ボタンをクリックしましょう。


インストールに必要な領域の説明を確認して「インストール」ボタンをクリックします。


インストールが完了すると上記のような画面が表示されるはずです。

JDKのインストール確認

JDKもインストール出来ているか確認しておきましょう。

コマンドプロントを開いて下記のコマンドを実行します。

java -version

JDKは複数バージョンが保持できるため、インストールしたJDKのバージョンと異なる可能性もあります。

インストール済みのJDKバージョンを全て確認したい場合、下記のコマンドを実行します。

$/usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (4):
    16.0.1, x86_64:	"Java SE 16.0.1"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home
    13.0.1, x86_64:	"Java SE 13.0.1"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-13.0.1.jdk/Contents/Home
    12.0.2, x86_64:	"Java SE 12.0.2"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-12.0.2.jdk/Contents/Home
    11.0.11, x86_64:	"Java SE 11.0.11"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-11.0.11.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-16.0.1.jdk/Contents/Home

筆者環境の場合、4つのバージョンのJDKがインストールされていることをご確認頂けます。

さいごに: Javaはインストーラーさえダウンロードすればオフラインでインストール可能


本記事では、Javaのインストール方法について初心者向けにご紹介してきました。

JREのダウンロードでご紹介したオンライン専用のインストーラー以外は、基本的に端末へダウンロード出来ていれば後はオフラインでの作業が可能です。

ただし、複数のOSで同一のインストーラーを利用出来るわけではないため、それぞれの環境に合ったインストーラーからJavaをインストールしてJavaシステム開発に挑戦してみてください。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。