RubyとPHP、仕事に使うならどちらが有利?それぞれの特徴を徹底解説
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2021.04.26

    RubyとPHP、仕事に使うならどちらが有利?それぞれの特徴を徹底解説

    RubyとPHPはどちらもWebシステム開発に使われるプログラム言語です。また、どちらも学習しやすいことから、未経験からプログラマーを目指す方が最初に学ぶプログラム言語としても人気があります。

    ではどちらを学べばいいでしょうか。それぞれ特徴があるので一概には言えません。今回は、これからプログラミング言語を学ぶ方に、RubyとPHPを比較しながらその特徴を紹介します。

    RubyとPHPの違いとは

    RubyとPHPはどちらもWebサービスの開発に使われるプログラム言語です。また、どちらも習得しやすいプログラム言語であり、求人も多いことから、これからプログラムを学ぼうとされている方におすすめのプログラム言語です。

    とはいえ、どちらを学べば良いか悩む方もいるでしょう。そのような方に、まずはRubyとPHPのプログラミング言語としての特徴を紹介します。

    Rubyの特徴

    RubyはJavaが普及し始めた1995年に発表された、オブジェクト指向のスクリプト言語です。なお、Javaはオブジェクト指向のコンパイル型のプログラム言語で、今でもいろいろな用途で使われています。

    Rubyの特徴のオブジェクト指向は、プログラミングを学び始めた方にとってかなり難しい概念です。しかし学習しやすいRubyなら、オブジェクト指向のプログラムの作り方を簡単に学べます。

    また、Rubyは短く読み易いプログラムを書けます。そのため、効率よくプログラムを書けることから、スピードを重視するWebシステムの開発と相性の良いプログラミング言語です。

    ただし、以前から処理速度が遅い点がデメリットとして指摘されていました。最新バージョンでは大きく改善しているものの、使用するWebシステムによっては注意が必要とされています。

    PHPの特徴

    PHPは1995年に発表された、HTMLの中にプログラムを埋め込む記述が特徴のプログラム言語です。発表当時、HTMLをサーバー側で動的に生成するCGIに使われていたスクリプト言語Perlの文法を採用しており、その後のバージョンアップでオブジェクト指向にも対応しています。

    スクリプト言語のPHPは比較的学習しやすいプログラム言語であり、HTMLに埋め込むという特徴からWebページを動的に生成する処理を作り易い点がメリットです。

    ただし、PHPのプログラムは無駄に長くなりやすく、HTMLの中に埋め込まれたプログラムが読み難いことが多いことからデバックが難しい、というデメリットもあります。

    そのためデータを処理するコードとHTMLの中に埋め込むコードを完全に分ける書き方を採用したフレームワークを利用するケースが増えています。

    Webシステム開発用に向いているは?

    先ほど紹介したようにRubyとPHPはそれぞれメリットがあり、どちらもWebシステムの開発でよく使われる人気の高いプログラミング言語です。では、これからプログラム言語を学ぶ方にとって、どちらが向いているでしょうか。

    Rubyだけ、またはPHPだけで、ゼロからWebシステムを構築するのは稀で、ほとんどのケースでフレームワークが使われています。具体的にはRubyのフレームワークはRuby on Railsが有名であり、PHPでよく使われるのはCakePHPやLaravelなどです。

    WebエンジニアとしてWebシステムの開発に従事するなら、RubyやPHPといったプログミング言語の習得も重要ですが、それぞれのフレームワークの使い方を学ぶ方が重要です。それぞれの言語のフレームワークがどのようなWebシステムの開発に向いているかにも興味を持ってください。

    RubyとPHPの案件を比較すると

    これらからプログラミングを学ぶ方は、最初にどのプログラム言語を学ぶかがとても重要です。その選択が今後のエンジニアとしての人生を左右すると言っても過言ではありません。

    プログラム言語を選ぶ際にチェックしたいのが、習得しやすいかと、将来どれだけ担当できる仕事があるかです。今回取り上げるRubyとPHPは、どちらも比較的習得しやすいプログラム言語なので習得しやすさに差はありません。しかし、担当できる仕事には違いがあるのでどちらを選ぶかが重要です。

    次からRubyとPHPの案件について簡単に紹介します。

    Ruby on Railsの案件は高単価

    Rubyの案件と言えば、それはRuby on Railsを利用したWebシステムの開発案件です。Ruby on Railsは、Rubyのプログラミングしやすい特徴を最大限に利用したフレームワークで、短い開発期間でのリリースが可能です。そのため、創業して間もないスタートアップのIT企業でよく利用されています。

    また、少数精鋭で行われることの多いRuby on Railsの案件は、比較的単価が高く、Rubyによる開発経験のあるエンジニアならどの会社でも歓迎されます。

    ただし、最近は経験が少ないエンジニアは敬遠されやすいので、未経験からどうやって経験を積むかを考えなければなりません。

    PHPの案件は見つかりやすい

    PHPは、スタートアップのような小さな企業のWebサービスから、大きな企業や官公庁などの業務システムの開発まで幅広く使われているプログラム言語です。そのため、Rubyの案件に比べれば、はるかに多くの案件を見つけられます。

    また、スキルレベルに応じた仕事がたくさんあるもの特徴で、経験の少ないエンジニア向けの案件から、チームリーダーが務まるベテラン向けの案件も探せます。

    しかし、Rubyの案件に比べると単価が安く、毎回同じような案件ばかりでスキルアップの機会が少ないと感じるエンジニアもいます。

    RubyとPHPの学習方法

    RubyとPHPはどちらも学習しやすいことから、これからプログラミングを学ぶ方におすすめの言語です。しかし文法を理解した程度ではプロとして働けるとは言えません。

    次から、Webエンジニアとして働くためにRubyまたはPHPの学習方法について紹介します。

    Webシステムの仕組みを理解する

    Webエンジニアは、プログラムを作ってWebシステムを構築し、利用者にサービスを提供するのが仕事です。つまり、RubyやPHPといったプログラム言語はただの手段でしかありません。Webエンジニアとして働くなら、プログラムで何を実現するかを理解しましょう。

    なお、Webシステムの開発には、RubyならRuby on Rilasが使われており、PHPでもCakePHPやLaravelなどが使われます。このようなフレームワークは、Webシステムを構築するのに必要が機能を備えているので、それぞれの言語のフレームワークの仕組みを理解してください。

    Webシステムで使われる技術を理解する

    Webシステムでは多くの技術が使われており、フレームワークはそれらを活用するためのプログラムを集めたものです。そのため、フレームワークを理解するためのは、Webシステムで使われている技術も学ぶ必要があります。

    例えばWebブラウザとWebサーバーがどのように情報をやりとりするかを理解していないと、Webシステムは作れません。さらにWebシステムではファイルシステムやデータベース管理ソフト、メールシステムなど、外部の仕組みを利用します。

    それらの仕組みを理解し、さらにそのような外部の仕組みを利用するために、RubyやPHPでどのように記述すれば良いかを学んでください。

    実際にWebシステムを作ってみよう

    先ほど紹介したようにRubyやPHPを学ぶには、Webシステムに使われる技術を理解し、それらを活用するフレームワークを使いこなせなければなりません。そのために推奨されている学習方法が実際に動作するWebシステムを作ることです。

    もしプログラミングスクールで学ぶ場合は、ポートフォリオになるWebシステムの開発まで教えてくれるカリキュラムのスクールを利用してください。

    また、プログラマーとして会社に所属しているのなら、言われたことだけをやるのではなく、自分の担当する処理はシステム全体のどこの処理かを考えて、仕事に取り組んでみましょう。

    まとめ

    今回紹介したようにRubyとPHPは、どちらも学習しやすく、Webシステムの開発に使われることの多いプログラム言語です。どちらを学ぶのが有利か興味を持つ方も多いでしょう。

    結論としては、数少ない高額案件を受けられる優秀なITエンジニアを目指すならRubyをおすすめします。しかし、誰でもそれだけのITエンジニアになれる訳ではありません。自分の向き不向きを理解し、さらに計画的にキャリアを積むと同時にスキルの幅を広げる努力も必要です。

    また、プログラマーとしていろいろな仕事をやってみたいと考えている方は、PHPを選ぶとよいでしょう。ただし単価はそれほど高いとは言えず、またチームの一員として働くケースが多くなります。さらに意識して取り組まないと、スキルアップの機会がなかなか得られません。

    どちらを選ぶにしても、将来のキャリアを考えながら、今何を学ぶと良いかを考えられるITエンジニアになってください。



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE