Javaで64bitかどうか確認する方法は?32bitとの違いや移行方法も確認!
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2021.01.31

    Javaで64bitかどうか確認する方法は?32bitとの違いや移行方法も確認!

    Javaのダウンロード・インストールするときに「32bit」「64bit」という言葉を聞きますよね。

    どんな意味があるのか、よくわかっていない人もいるのではないでしょうか?

    この記事では、Javaの64bitの確認方法について解説します。

    その前に、「そもそも、Javaについてあまりわからない…」という場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

    【関連記事】

    ▶︎【Java】大人気の開発言語”Java”とは?概要~使い方まで初心者にもわかりやすく解説。

    Javaで64bitかどうかの確認方法

    まずは、あなたが使っているパソコンがJavaの64bit版を使うべきなのか、確認する方法を見ていきましょう。

    ここでは、32bitか64bitかどうかを、パソコンで確認する方法とブラウザで確認する方法で紹介します。

    パソコンで確認する方法

    まず、パソコン(Windows 10)で確認する方法を説明します。

    パソコンで確認する手順

    • 「スタート」をクリック
    • 「設定」を選ぶ
    • 「システム」を選ぶ
    • 「バージョン情報」を選ぶ
    • 「デバイスの仕様」項目の「システムの種類」をチェック

    以下の画像のように、何bitのパソコンなのか確認可能です。

    ブラウザで確認する方法

    次に、ブラウザで確認する方法です。

    ブラウザの場合は、「確認くん」というサイトを開くことで確認できます。

    Javaの32bitと64bitを確認するには?

    「現在のブラウザー」の項目が「Win64; x64」書かれていれば64bit版ということです。

    もし、あなたのパソコンが32bit版の場合、「WOW64」と表示されるか、表示されません。

    押さえておこう!32bitと64bitの違いは?

    前章で、64bit版かどうか確認する方法について見てきました。

    64bit版が使えることがわかれば、32bit版を使う機会は少ないでしょう。

    しかし、32bit版と64bit版がどのように違うのか、知っておいて損はありません。

    この章では、32bit版と64bit版の違いについて確認していきます。

    32bitと64bitは、CPUの性能が異なります。

    CPUとは、パソコンで計算処理や、キーボードなどの入力内容を出力処理するコンピュータの部品のことです。

    また、情報を記憶しておく部分も備わっています。

    32bitと64bitの意味は、CPUに情報を記憶しておく量を示しているのです。

    つまり、32bitよりも64bitの方が多くの情報を記憶しておくことができ、扱えます。

    • 64bit:18446744073709551616通り(2の64乗)
    • 32bit:4294967296通り(2の32乗)

    多くの情報を記憶できると、記憶したデータを処理にすぐ使えるため、処理速度の向上や、複雑な処理も可能です。

    ポテパンダの一言メモ

    32bitCPUの場合、メモリは4GBが上限となっています。

    そのため、情報量が多い場合や、処理が複雑な場合には向いていません。

    32bitを64bitに移行・切り替えるするには?

    64bit版に対応しているものの、32bit版しかダウンロードしていない場合は、64bit版に移行する必要があります。

    Javaを32bitから64bitに移行するには、64bit版をダウンロード・インストールすればOKです。

    可能であれば、32bit版を削除してしまった方が、パソコンがすっきりするかもしれません。

    では、次の章で64bit版のダウンロード方法について見ていきましょう。

    64bit版のダウンロード方法

    ここでは、64bit版をダウンロード・インストールする方法を紹介します。

    方法は、次の手順の通りです。

    32bitを64bitに移行する手順

    • ダウンロードページから「Windows オフライン (64ビット)」を選ぶ
    • ダウンロードしたアプリケーションを起動

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • インストーラーが開くので「インストール」ボタンをクリック

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • インストールが開始するので完了まで待つ

    Javaの32bitをダウンロード・インストールする

    • 全ての手順が完了し、インストーラーを閉じればダウンロード終了

    まとめ

    Javaで64bit版を使うべきなのか、確認する方法について解説しました。

    今回ご紹介した確認方法で、64bit版だとわかった場合は、64bit版をダウンロードしましょう。

    ダウンロード・インストール方法は、画像付きで紹介させていただきましたので、ぜひ参考にJavaを使ってみてください!



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE