SQLのROUND関数をRDBごとに解説!SQLで四捨五入をする
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.06.19

    SQLのROUND関数をRDBごとに解説!SQLで四捨五入をする

    SQLのROW_NUMBER関数とは?

    ROW_NUMBER関数は、SELECT文の結果セットに対して、1〜の連番を振るための関数です。
    この記事では、SQLの ROW_NUMBER関数の使い方を詳しく解説します。

    ROW_NUMBERの構文

    最初は、 ROW_NUMBER関数の構文を確認しましょう。

    パーティションカラム (PARTITION BY)

    指定した場合は、結果セットをパーティションカラムで分割し、パーティション毎に1〜の連番を振ります。
    パーティションカラムを指定しない場合、結果セット全体で1〜の連番を振ります。

    ソートカラム (ORDER BY)

    連番を振る順序を指定します。ソートカラムの指定は必須で省略できません。 パーティションカラムを指定するとパーティション毎に1〜の連番が振られます。

    ソートカラムの昇順で連番を振る場合は ORDER BY <COLUMN_NAME> ASC、降順で連番を振る場合は ORDER BY <COLUMN_NAME> DESCのように指定します。

    ROW_NUMBERの使い方(サンプルコード)

    ROW_NUMBERを使って、SQLの結果セットに連番を振るサンプルコードを見ていきましょう。
    簡単な例から、少し複雑な例まで段階を踏みながら見ていきましょう。

    1. 連番を振る

    まずは簡単な、結果セット全体に連番を振るサンプルコードを見てみましょう。
    次のSQLは、ROW_NUMBER関数で、usersテーブルの「Age」列の昇順(ASC)で連番を振っています。

    実行結果

    SQLを実行すると、次の表のように「Age」の昇順に連番(Num)が振られています。

    Num Name Age
    1 Yamada Taro 10
    2 Suzuki Ichiro 20
    3 Sato Taro 30
    4 Tanaka Jiro 40

    2. ソートカラムを複数指定する

    ソートカラムを複数指定する場合、カンマ区切りで列を指定します。
    次のSQLは、usersテーブルの「Age」列の昇順(ASC)、「Name」列の降順(DESC)で連番を振っています。

    実行結果

    Num Name Age
    1 Yamada Taro 10
    2 Suzuki Ichiro 20
    3 Sato Taro 30
    4 Tanaka Jiro 40
    5 Ito Hanako 40

    3. パーティションごとに連番を振る

    パーティションカラムを指定すると、グループごとに連番を振ることができます。

    次のSQLでは、usersテーブルの「City」毎に、「Age」列の昇順(ASC)で連番を振っています。

    実行結果

    Num Name City Age
    1 Yamada Taro Tokyo 10
    2 Suzuki Ichiro Tokyo 20
    1 Sato Taro Nagoya 30
    2 Tanaka Jiro Nagoya 40
    1 Ito Hanako Osaka 50

    RANK関数との違い

    ROW_NUMBER以外に、 RANK関数でSQLの結果セットに対し連番を振る方法があり、機能が似ています。

    違いとしては….
    ROW_NUMBER は同じパーティション内で、他の行と重複しない連番が振られます。それに対し RANK関数は、同じ値(同順位)の行には、同じ連番(順位)を付けます。

    実際にSQLを作って違いを見てみましょう。
    以下の例は、ユーザー毎のScore(点数)の順位を、 ROW_NUMBERRANKでそれぞれ求める例です。

    実行結果

    Name Score Rank NUm
    Yamada Taro 100 1 1
    Suzuki Ichiro 90 2 2
    Sato Taro 90 2 3
    Tanaka Jiro 80 4 4
    Ito Hanako 80 4 5

    上の結果のように、90点と80点のユーザーには Rank関数では同じ連番(順位)が割り振られ、 ROW_NUMBERのほうは、他の行と重複しない一意な連番が振られていることが分かります。

    【関連記事】
    【SQL】データを順位づけするRANK関数の使い方を解説

    ROW_NUMBERが使用できるデータベース

    リレーショナルデータベース(RDB)には、Oracle、SQL Serverなどの有償製品や、MySQL、PostgreSQLなどの無償のものまで、さまざまな種類があり、RDB毎に使用できる構文や関数に違いがあります。

    以下は、 ROW_NUMBER関数が使えるリレーショナルデータベース(RDB)のリストです。 ROW_NUBERは「MySQL」を除いて、主要なRDB製品で使えます。

    • Oracle
    • SQL Server
    • PostgreSQL

    MySQLではROW_NUMBERが使えない

    前述のように、MySQLでは ROW_NUBER関数が使えません。
    ROW_NUMBER関数と同じことをMySQLで実装する場合は「ユーザ定義変数」を使用します。

    MySQLの「ユーザ定義変数」とは

    「ユーザ定義変数」とは、MySQLのセッション上に定義する変数で、ステートメント内で「ユーザ定義変数」に値を格納し、あとから別のステートメントで「ユーザ定義変数」の値を参照できます。
    複数のSQL間での値の受け渡しや、連番を振る時などに使用します。

    ポテパンダの一言メモ

    「ユーザ定義変数」はMySQLのセッション上に定義する変数のため、他のセッション、ユーザーからは参照できません。
    セッションを閉じると「ユーザ定義変数」は自動的に開放されます。

    サンプルコード

    次のSQLは、usersテーブルの年齢(age)の昇順に連番を振る例です。
    ポイントは、最初の行でユーザ定義変数 @rownumを宣言し、SELECT文の中で @rownumを1ずつ加算しながら結果を取得していることです。
    また、年齢(age)の昇順で連番を振るため ORDER BY Ageでレコードをソートしています。

    実行結果

    Num Name Age
    1 Yamada Taro 10
    2 Suzuki Ichiro 20
    3 Sato Taro 30
    4 Tanaka Jiro 40
    5 Ito Hanako 40

    さいごに

    SQLの ROW_NUMBER関数で、SELECT文の結果セットに対して、連番を振る方法を解説してきました。
    ROW_NUMBER関数は、例えばWebサイトで20ずつデータを表示するようなケースや、SELECT文で取得した結果に順位(連番)をつけたい時など、さまざまなシーンで活用できます。是非この機会に覚えておきましょう。

    この記事のまとめ
    • ROW_NUMBERはSELECT文の結果セットに対して1〜の連番を振る関数
    • 連番はソートカラムで指定した順番に振られる
    • パーティションカラムを指定すると、グループ単位に連番を振る
    • RANK関数は同じ値の場合、同じ連番(順位)が設定され、ROW_NUMBERは必ず重複しない連番になる
    • ROW_NUMBERは「Oracle」「SQL Server」「PostgreSQL」で使える
    • 「MySQL」ではユーザ定義変数で連番を振る


    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE