MySQL version 変更 5.7→8へのアップグレード手順は?
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2020.01.22

    MySQL version 変更 5.7→8へのアップグレード手順は?

    MySQL 5.7.28→MySQL 8.0.19(最新バージョン)への変更方法についてまとめています。

    OSはDevianまたはUbuntuを前提に解説しています。

    MySQLのバージョン確認 (5.7.28)

    MySQLの現在のバージョンを確認します。

    【関連記事】
    MySQLのバージョン確認確認方法 ServerとClientバージョンを調べるには?

    バージョンアップ前に、必ずデータベースのバックアップを取っておきましょう。

    【関連記事】
    MySQLのデータバックアップなら専用コマンドのmysqldumpを

    また、バージョンアップ前にMySQLサービスを停止しておきます。

    MySQL 最新バージョン(8.0.19)のインストール

    MySQLリポジトリ追加用のツールをインストールします。

    ダウンロードするファイルは、以下のページの最新版を選んでください。

    参考)MySQL :: Download MySQL APT Repository

    リポジトリ追加ツールをインストールします。

    【関連記事】
    MySQL 8.0をUbuntu 18.04にインストール リポジトリの登録方法は?

    インストール時に「lsb-release is not installed」というエラーが出力された場合は、apt-get install lsb-releaseにて、lsb-releaseコマンドをインストールしてください。

    入力を求められる箇所は、以下のように入力します。

    上記で入力したバージョンのMySQLが、次回にapt-get install実行時にインストールされます。

    apt-get updateで、リポジトリ情報を更新します。

    以下のコマンドで、先ほど指定したバージョンのMySQL(8.0)がインストールされます。

    MySQLを起動して、バージョンを確認してみましょう。

    念のため、データベースに接続してバージョンを確認します。

    MySQLのバージョンが5.7.28→MySQL 8.0.19にアップグレードできました。

    まとめ

    ポテパンダの一言メモ
    • バージョンアップ前に、必ずデータベースのバックアップを取得
    • MySQL 8.0にバージョンアップするには、リポジトリツールをインストールしてインストールバージョンMySQL8.0を指定
    • バージョンアップ後は、バージョンを確認する。

     



    優良フリーランス案件多数掲載中!
    フリーランスエンジニアの案件をお探しなら
    ポテパンフリーランス

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE