【2019年最新版】Javaの2大人気フレームワークを比較しよう!【徹底解説】
  • facebookページ
  • twitterページ
  • 2019.10.02

    【2019年最新版】Javaの2大人気フレームワークを比較しよう!【徹底解説】

    Javaプログラマーの方をはじめ、これからJavaの学習を始めようと考えている方の中にもJavaフレームワークの種類が多すぎて、どのフレームワークを学習すれば良いのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

    プログラミング言語に比べてフレームワークはトレンドの移り変わりが激しいため、学習を始める前にしっかりと今後に活かせるスキルとなるか各フレームワークの特徴を把握しておくことが大事になります。

    本記事では、数あるJavaフレームワークの中でも人気・将来性・実績などの観点から2つのフレームワークに厳選してご紹介していきたいと思います。

    Javaで利用されるフレームワークについて理解しよう

    まずJavaの人気フレームワークをご紹介する前にフレームワークの概念と利用するメリット・デメリットについてご紹介しておきたいと思います。

    フレームワークとは?

    フレームワーク(framework)とは、ソフトウェア開発で頻繁に利用する機能やライブラリなどを1つにまとめて提供してくれるソフトウェアです。

    システムを開発する上で重要な、ひな形用のテンプレートや機能追加の規約についても含まれています。

    フレームワークを利用するメリットは?

    ポテパンダの一言メモ

    開発スピードが格段に上がる

    フレームワークを利用する上での最大のメリットは、何と言っても開発スピードがフレームワークを利用しない場合と比べて格段に早くなることが挙げられます。

    フレームワークの方針に沿ってコーティングをすることで、少ないコードで実現したい機能やシステムの開発を進めていくことが可能となります。

    ポテパンダの一言メモ

    チームで作業をする際のコーティングルールのような役割を果たしてくれる

    また、チームで開発を進める場合、各々が自由にコーティングを進めると保守性が低くなってしまいます。

    しかし、フレームワークを利用して開発を進めることで、フレームワークが提供しているテンプレートや規約の範囲内から逸脱しないように開発が行えるためシステムが完成した後の保守・運用をしやすくなるメリットもあります。

    フレームワークを利用するデメリットは?

    ポテパンダの一言メモ

    仕組みを理解していなくてもシステムが作れてしまう

    フレームワークのメリットでもあり、デメリットともなり得るのが、なんとなくの実装でシステムを動かせてしまう可能性が高いことです。

    フレームワークは主要な機能が提供されており、内部の仕組みを知らなくても簡単に動かすことが可能なため、しっかりと理解しないままシステムを実装し、本来の利用方法と異なる使い方をすることで、思わぬ不具合を埋め込んでしまう可能性も考えられます。

    ポテパンダの一言メモ

    フレームワークの作法を覚えるのにコストが掛かる

    フレームワークは便利なソフトウェアであることは間違いありませんが、それぞれのフレームワークでルールや記述方法が異なるため、ある程度使いこなすまでに時間がかかってしまいます。

    また、せっかく身につけたフレームワーク独自のルールも、別のフレームワークを利用する際には役立たないことが多いため、汎用的なスキルを身につけにくい結果となってしまいます。

    おすすめの人気Javaフレームワーク2選

    ここからは本記事でおすすめの人気Javaフレームワークを2つに絞ってご紹介していきたいと思います。

    Javaには様々なフレームワークが提供されていますが、2019年現在の人気とこれからの需要を考慮しておすすめ出来るフレームワークが下記の2つとなります。

    Spring Framework

    ポテパンダの一言メモ

    Spring FrameworkはWebアプリケーション用Javaフレームワークとして提供されており、近年でのデファクトスタンダードとなり得るほどの人気を誇るフレームワークです。

    最大の特徴として、DI(Dependency Injection)と呼ばれる技術が注目されています。

    DI技術のメリットとしては、各機能をコンポーネントとして疎結合にすることが可能で、外部に保存した設定ファイルで管理することが可能になります。

    コンポーネントそれぞれを疎結合とすることにより、クラス単体でのテストが行いやすくなることからチーム開発に向いているフレームワークとも言えます。

    Spring Framework自体は比較的規模の大きなプロジェクトで採用されていることが多いのですが、小中規模のシステムで利用しやすいように、より簡単で便利にSpring Frameworkの機能を扱えるようにまとまった、コンパクトタイプの「Spring Boot」も提供されています。

    近年の新規Java開発案件ではSpring FrameworkまたはSpring Bootを利用しているプロジェクトが非常に多く将来性にも期待されたフレームワークです。

    Play Framework

    ポテパンダの一言メモ

    公開当初は軽量フレームワークとして登場

    Play Frameworkは元々Ruby on Railsのような軽量フレームワークをJavaでも利用したいといった需要に応えるために開発されたフレームワークです。

    Play Frameworkでは1.x系と2.x系で大きく内部仕様などが変わっており、2.x系では機能の追加などから軽量フレームワークと呼ぶには少し大きすぎるフレームワークに成長しました。

    ポテパンダの一言メモ

    Play Frameworkは2.x系からScalaをメインとした開発がスタート

    Play Frameworkでは、1.x系の頃からフレームワークに搭載されていたScalaでの開発が行える「Scala Module」と呼ばれる機能により、Scalaを利用したいユーザーからの需要も合わさって人気を獲得していました。

    Play Framework2.x系からは、元々Javaで記述されていたPlay Frameworkの内部コードをScalaで書き換えており、Scalaをメインとしたフレームワークとなりました。

    現在のPlay Frameworkでは、ScalaフレームワークをJavaのAPIを利用してJavaシステム開発が行えるような仕組みとなっており大きく方針が変更されたことが伺えます。

    元々Play FrameworkはJava用のフレームワークとして開発されており、Javaで記述されていたコードを2.x系からはScalaで書き換えたものですので、Javaユーザーにも違和感なく利用していただくことが可能です。

    さいごに

    本記事では、2019年9月現在Javaの2大フレームワークとも言える「Spring Framework」と「Play Framework」についてご紹介してきました。

    Javaには標準フレームワークとしての「Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)」やMVCフレームワークの先駆けとなった「Struts」といったフレームワークが存在しますが、現在では本記事でご紹介した2つのフレームワークが圧倒的な市場シェア率を誇っています。

    これからJavaフレームワークの学習を始めようと考えている方、プロジェクト開発で利用するフレームワークの選定に悩んでいる方は「Spring Framework」「Play Framework」からよりご自身の目的に適したフレームワークを選択することをおすすめ致します。


    ポテパンが提供するサービスについて

    本メディア「ポテパンスタイル」を運営する株式会社ポテパンは、エンジニアキャリア領域で複数サービスを提供しています。

    ポテパンフリーランス

    ポテパンフリーランス

    フリーランスエンジニアの方に高単価案件をご紹介しております。弊社ではフリーランス案件を常時300件ほど保有しており、その中からあなたに適した案件をご案内いたします。また、これから独立してフリーランスになる方の無料個別相談も承っております。フリーランスになった後の案件獲得方法やお金面(税金や保険など)についてお答えいたします!フリーエンジニアになりたい方向けのコンテンツも盛りだくさんです。

    ポテパンキャリア

    ポテパンキャリア

    エンジニア職専門の転職エージェントです。ポテパンキャリアでは、技術のわかるエージェントがあなたの転職をサポートします。エージェント自身がエンジニアなので、あなたと同じ目線で仕事内容や今後のキャリアについて一緒に考えることができます。年収800万円以上のハイスペック転職をご希望の方は「ポテパンプロフェッショナル」もご用意しておりますのでご利用下さいませ。

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプ

    ポテパンキャンプでは、RubyにてゼロからオリジナルのECサイトを作り上げてる3ヶ月間の実践型カリキュラムを提供しております。すでに本スクールの卒業生は、エンジニア職として様々な企業様に就職しております。なお、本スクールは受講料25万円と他社スクールに比べ格安となっており、またポテパンからご紹介させていただいた企業へ就職が決まった場合は、全額キャッシュバックいたします。



    株式会社ポテパンは、企業とエンジニアの最適なマッチングを追求しています。気になるサービスがあれば、ぜひ覗いてみてください!

    ポテクラバナー ポテプロバナー

    この記事をシェア

    • Facebookシェア
    • Twitterシェア
    • Hatenaシェア
    • Lineシェア
    pickup









    ABOUT US

    ポテパンはエンジニアと企業の最適なマッチングを追求する企業です。

    READ MORE

    ポテパンおすすめ案件