バナー画像

Eclipseとは?

Eclipseとはプログラム開発を効率化するためのIDE(統合開発環境)です。IDEとはソースコードを記述するためのエディタ、ビルド環境およびバグを検出するためのデバッガーなど、開発に必要なツールが1つに統合されたツールのことを指します。

昔のプログラム開発の現場では、ソースコードをメモ帳などのテキストエディタに書き起こし、コマンドプロンプトでコンパイルを行い、動作確認を行なっていました。

現代のプログラム開発では、必ずと言っていいほど IDE(統合開発環境)を使用します。そんな中でもEclipseは無料でダウンロードでき、非常に使いやすいことから、多くの企業の開発現場で採用されています。

Windows、Mac両方で使える

EclipseはWindows、Mac両方のOSで動作します。どちらのOSでも同じ使い方で操作でき、Windowsで開発していたJavaのプロジェクトを、Macで引き続きで開発することも可能です。

Eclipse + Javaで出来ること

ここからは、Eclipseでどんなものが作れるのか見ていましょう。

Javaアプリケーション

もっとも開発がシンプルなJavaの実行形式です。専用のサーバーなどを必要とせず、ローカルコンピュータ上でスタンドアロンで動作します。Javaの最初の勉強や、バッチ処理などに用いられています。

Webサービス

Webブラウザからのアクセスに対し、Webサーバ上で「動的コンテンツ」を生成するためにJavaを使用します。Javaの他にもRuby、PHP、Pythonを使ってWebサーバ上で「動的コンテンツ」を生成することもできます。

Javaで構築されたサービスとして有名なのが、ECサイト大手の楽天や、TwitterなどがJavaを採用しています。

また、JavaのWEBサービス開発では、フレームワークを使用して開発を行うのが一般的です。Eclipseを使えば人気のあるフレームワークの「Spring」や「Struts」なども簡単に利用できます。

デスクトップアプリ

デスクトップ上で動くJavaの実行形式です。コンピュータ上にインストールまたはダンロードしてアプリを利用します。有名な所としては、無償のOfficeソフトのOpenOfficeも、Javaのデスクトップアプリとして開発されています。

Eclipseにプラグインを追加すれば、JavaFXなどのデスクトップアプリも簡単に作成できます。

【関連記事】
【初心者向け】JavaFXの開発環境の構築から新規プロジェクトの作成まとめ

スマホアプリ(Android)

Javaと言えばAndroidとイメージする方も多いと思います。Androidアプリの多くはJavaで開発されています。一昔前は Eclipse を使ってAndroidアプリを開発していましたが、現在は「Android Studio」というGoogleが提供する専用IDEを使って開発するのが主流になっています。

家電製品(組み込み系)

Javaは組み込み系の開発でも利用されています。あなたが使っている家電製品は、実はJavaで動いているかもしれません。

Eclipseをインストールする

では実際にEclipseをインストールして開発を初めましょう。

Eclipseは公式サイトからもダウンロードできますが、メニューが英語だったり、必要なプラグインを後から手動でインストールする必要があるなど、セットアップが大変です。

Eclipseのインストールは、次に紹介する「Pleiades All in One」のサイトからダウンロードした方が、セットアップが簡単です。

全部入り「Pleiades All in One」が便利

「Pleiades All in One」は、日本語化プラグインや、Gitなどのソース管理プラグインなど、必要なプラグインがあらかじめインストールされている便利なEclipseです。また、面倒なセットアップは不要で、ダウンロードしたファイルを解凍すれば、すぐにEclipseを使って開発を始められるのが特徴です。

本記事では、「Pleiades All in One」をインストールする手順を解説します。

インストール方法

「Pleiades All in One」のインストーラは、以下のサイトからダウンロードできます。
Pleiades All in Oneダウンロード

赤枠内で一番左上に表示されているバージョンが最新版です。特にバージョンにこだわらない場合は、最新版を選択してください。この記事でも2019年9月時点での最新版である「Eclipse 2019-06」を使って使い方などを解説していきます。

Pleiadesダウンロードサイト

次に、ダウンロードするEclipseのエディションを選択します。表内の縦軸が「Java」となっている列の「Full Edition」を選択すると、ダウンロードが開始します。

「Pleiades-All-in-One」のエディション選択画面

ポテパンダの一言メモ

以前は32bit版のEclipseも提供されていましたが、現在は64bit版のみがダウンロード可能です。32bit版のEclipseを使いたい場合は、古いバージョンのEclipseをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら、zipファイルの解凍します。この時の注意点として、zipファイルの解凍先のディレクトリは、出来る限り浅いフォルダに解凍するようにしてください。特に問題ないようであればCドライブ直下に解凍するのが無難です。

ポテパンダの一言メモ

なぜ浅いフォルダに解凍する必要があるの?
Eclipseは、プラグインのフォルダなどが非常にフォルダ階層が深く、ファイル名も長い為、深い階層や長い名前のフォルダを解凍先に選択すると、Windowsのファイル名の長さの制約にひっかかり、解凍時にエラーになることがあります。

ここまでの手順で、Eclipseのインストールは完了です。

Eclipseで簡単なJavaプログラムを作る

インストールが完了したら、Eclipseを起動してJavaのプログラムを作っていきましょう。

Eclipseを起動する

Eclipseを解凍したフォルダに「eclipse.exe」というファイルがあるため、このファイルをダブルクリックししてください。

起動後しばらくすると、Eclipseのワークスペースを選択する画面が表示されます。ワークスペースとは、ソースファイルやユーザ設定ファイルなどを保存ための、作業時のホームディレクトリです。

今回はデフォルトで表示されている「./workspace」を選択しましょう。

プロジェクトを作成する

「Hello World」の文字をコンソールに出力する、簡単なJavaプログラムを作成していきましょう。

EclipseでJavaの開発を行う場合は、まずプロジェクトを作成します。新規のプロジェクトは「パッケージ・エクスプローラー」の上の「Javaプロジェクトの作成」のリンクをクリックして作成します。
※右クリックメニューの、「新規」→「Javaプロジェクト」からでもプロジェクトは作成できます。

プロジェクト名には、任意の名前を入力します。今回は「SampleJava」と入力しましょう。

クラスの作成

プロジェクトを作成したら、Javaのクラスを作成します。クラスは先ほど作成したプロジェクトの上で右クリックをして「新規」→「クラス」の順に選択します。

名前の欄にはクラス名を入力します。今回は「SampleClass」と入力しましょう。他の項目はデフォルト値のままで「完了」をクリックします。

作成したクラスファイルに、次のコードを入力してください。

public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
      System.out.println("Hello World");
  }
}

プログラムを実行

プログラムを実行するには、ツールバーの「実行」ボタンをクリックします。

プログラムを実行すると、コンソール上に「Hello World」の文字が出力されていると思います。

Eclipse以外のJava開発環境も知っておこう

JavaとEclipseで作れるものや、簡単な使い方を解説してきました。

本記事ではEclipseを紹介しましたが、それ以外にも次のようなIDEでもJavaの開発ができます。機会があれば触ってみては如何でしょうか。

NetBeans

オラクル社(以前はサン・マイクロシステムズ社)が中心となって開発されている統合開発環境(IDE)。GUIビルダーが優れており、ある程度のデザインであれば、HTMLのソースコードを触らずに、Webサイトのデザインが作れます。

また、Rubyに関してもNetBeansは強みをもっています。

Android Studio

スマホアプリ(Android)の開発では、Android Studioが一般的に使われています。アプリ開発に興味がある場合は、Android Studioの使い方も学んでみては如何でしょうか。

エンジニアになりたい人に選ばれるプログラミングスクール「ポテパンキャンプ 」

ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 1000名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。

基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

それがマルっと詰まっているポテパンキャンプでプログラミングを学習してみませんか?

卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍

卒業生の多くがWeb企業で活躍しております。
実践的なカリキュラムをこなしているからこそ現場でも戦力となっております。
活躍する卒業生のインタビューもございますので是非御覧ください。

経験豊富なエンジニア陣が直接指導

実践的なカリキュラムと経験豊富なエンジニアが直接指導にあたります。
有名企業のエンジニアも多数在籍し品質高いWebアプリケーションを作れるようサポートします。

満足度高くコスパの高いプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」

運営する株式会社ポテパンは10,000人以上のエンジニアのキャリアサポートを行ってきております。
そのノウハウを活かして実践的なカリキュラムを随時アップデートしております。

代表の宮崎もプログラミングを覚えサイトを作りポテパンを創業しました。
本気でプログラミングを身につけたいという方にコスパ良く受講していただきたいと思っておりますので、気になる方はぜひスクール詳細をのぞいてくださいませ。